ニューロリサーチ(ニューロマーケティング) ニューロリサーチ(ニューロマーケティング)

ニューロリサーチ
(ニューロマーケティング)

アンケートやインタビューなどの調査手法では捉えきれない
脳波などの神経活動反応を調査し評価する手法です。

ニューロリサーチ(ニューロマーケティング)の特長

ニューロ(neuro)とは、脳だけではなく「神経の」「神経組織の」を表します。ニューロリサーチ(ニューロマーケティング)は、脳波などの神経活動反応を評価する領域です。

アンケートやインタビューによる主観評価に加え、消費者が商品を見ている時の脳波・心拍・視線の動きなどの生体反応をリアルタイムに計測する実験を行い、その変化からターゲットが自分では意識していない領域まで含む深いインサイトを浮き彫りにしていきます。

Points

  • 生理指標を活用する調査では、対象者が遠慮してネガティブな評価をできないというデメリットがなく、「この商品に対する気の利いたコメントをしなければ」といった無駄な気構えも不要なので、より人の「本音」の評価を引き出すことができます。
  • 主観評価では、商品Aも商品Bも「とても好き」で同じ評価になってしまい、両者の優劣が測れない場合がありますが、生理指標を用いると、言葉だけでは表現できない人の気持ちの強さを定量化し、どちらの商品により大きな魅力を感じているのかを明らかにすることができます。

ニューロリサーチで活用される3つの指標

ある事象が人に与える「心と身体への影響」を包括的に把握するためには、生体指標だけではなく、行動指標・主観指標を合わせた3つの指標を掛け合わせることが有効です。

ニューロリサーチで活用される3つの指標

3つの指標 主に活用されるデータ内容
生理指標 脳波 脳波/事象関連電位(気分注意/記憶/作業負荷など)
心拍 心拍数、心拍変動(興奮/ストレス/リラックスなど)
音圧 発話量、発話比率計測(活性)
唾液 アミラーゼ・コルチゾール計測(ストレス)
皮膚電位・皮膚温度 皮膚電位反応(緊張、驚き、ストレスなど)
行動指標 認知課題・評定課題 反応時間、正答率といった課題成績から行動パフォーマンスを定量化
行動コーディング アンケートでは測定が難しい無意識の行動の変化を計測
→特定の行動を「どのように」「何回」しているか、そのときの状況やかかった時間などから考察
【例】視線の動き、滞留時間(注意のレベルや推移など)
主観指標 アンケート ある物事に対して、どう感じているか、何を考えているか意識化されたものを知るための主観報告
心理尺度 人間の行動や意識という明瞭な形態がないものについて、客観的な数値で示す手段(妥当性と信頼性が確認された複数の質問項目によって構成される)

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

ニューロリサーチによる「共感力分析」

ソーシャルネットワーキング時代、“情報”の特徴は「感じる情報」から「伝える・つなげる情報」へと変化しています。情報を「伝える・つなげる」際の原動力の一つが、皆と同じ気持になる(=共感する)ことであると考えられています。

脳波測定を用いて、この「共感力」を評価することができるのが「共感力分析」です。

共感力の評価手法

「脳波同期性」を用いて、「共感力」を評価いたします。「脳波同期性」とは、対象となる情報やコンテンツに対して、複数人の脳波から「感情を喚起される変化の度合い(同期度)」を評価したものです。「脳波同期性」は、脳の前帯状皮質の活動を反映する前頭部シータ帯域パワーを主に算出します。

※「共感力」評価はマクロミルが資本・業務提携をしているセンタン社の独自開発指標です。(特許番号:5799351)

前帯状皮質について

共感力の評価手法

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

活用事例

事例 商品ターゲット層に広く共感される動画を作成したい

動画広告視聴時の「脳波同期性」を測定し、「共感力」の向上をはかる

20代の女子大生を対象に、動画を見せた際の脳波を測定し、「脳波同期性」を評価。動画を編集する際に、「脳波同期性」が低い箇所を、認知心理学を用いて向上できるよう編集・修正することで、「脳波同期性」が高い動画を作成することができました。結果として、「脳波同期性(共感力)」が高いコンテンツとなり、若者を中心に1,000万回以上の動画再生がされました。

Points

  • 複数人の脳波から「感情を喚起される変化の度合い(同期度)」を評価可能。
  • 同期度を高めるために、認知心理学を用いた動画編集を行い、同期度が高まった結果、バズが発生した。

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

標準的なスケジュール・料金

標準的なスケジュール

ニューロリサーチの標準的なスケジュール

料金

(例)4名を対象として脳波測定調査を実施した場合
100万円(税別)~
※対象者条件、対象者数、解析内容等によって変動いたします。
※先行研究から、生理指標を用いた調査では1セグメント15名程度が必要といわれています。活用する指標や調査の目的に応じて、必要人数が変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。
お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
各種資料・調査レポートのダウンロードもこちらから

関連コンテンツ

Myリサーチページログイン

ID

パスワード