MaxDiff法(Maximum Difference Scaling)

トレードオフを明らかにし、消費者の嗜好や選好の差を
より明確に把握するためのデータ聴取方法。
マーケティング意思決定を強力に支援します。

トレードオフを考慮したデータの聴取方法を使用することによって、消費者の嗜好や選好、評価などをより明らかにし、マーケティング上の意思決定を強力にサポートします。MaxDiff法では、選択肢表現や個人の回答傾向によるバイアスも排除できるため、国際調査にも有効です。

※米国Sawtooth Software社のMaxDiff法を導入しております。

このようなときに・・・
  • 製品企画において、製品がもたらすベネフィットや機能の優先順位を明らかにしたい
  • 製品コンセプトや広告の訴求メッセージなど、ターゲットにとってより魅力的な、より受容性の高いタイプを選択したい、絞り込みたい
  • あらゆるニーズ分析において、「不可欠な要素」と「犠牲にすることができる要素」を明確にしたい
こんなことができます
  • 多数の製品ベネフィットや機能のなかで、より重要な要素とより重要でない要素を明確にすることができます
  • 差がつきづらいコンセプト案やメッセージ案についても、選好度の差が明確になるため、選択、絞り込みしやすくなります
  • 項目間の評価の差がより顕著になるため、対応すべきニーズの取捨選択などの意思決定がしやすくなります

1.MaxDiff法の特長

トレードオフを明らかにする聴取方法を用いることによって、
重視度、選好度などの評価の差が項目(アイテム)間、回答者間でより顕著に

トレードオフのある状態で回答させるため(「最も○○な項目」、「最も○○でない項目」を1つずつ選択させる)、尺度法と比較すると、より重要な要素、より重要でない要素が際立つ結果が得られます(調査画面イメージは下記参照)。 そのため、MaxDiff法のスコアを使ってセグメンテーションを行うと、特徴が際立ったセグメント開発が可能になります。

回答者に与えるバイアスが少ない、国際調査にも最適

シンプルに「最も○○な項目」と「最も○○でない項目」を聴くだけなので、選択肢表現によるバイアスが少なく、且つ、個人の回答傾向によるバイアスが低減されます。国内のみならず、国民性などによる回答傾向のバイアスも排除できるため、国際調査における国別比較も行いやすくなります。

他の聴取方法と比較して、回答負荷が低く、高精度な回答が得られます

単純に評価項目のなかから「最も○○な項目」と「最も○○でない項目」を選択させるだけのため、定和法と比較した場合、質的な回答負荷が低くなります。また、階層ベイズ法を用いて各回答者のスコアを推定するため、特に評価項目が多い場合は、一対比較法と比較して量的な負荷が軽く、精度が高くなります。

多数の評価項目にも対応が可能

他の聴取方法と比較して、評価項目が多数の場合も、上記の「評価の差が明確」「回答者負担が低い」といったメリットを享受できます。

※但し、評価項目が多ければ多いほど質問数や一度に提示する項目数が多くなり、回答者負担が高まるため、適切な評価項目数での実施をお勧めします。

※目的や評価項目数、項目内容についてイメージをお知らせいただければ、回答者の負担を考慮した最適なご提案をいたしますので、まずはご相談ください。

2.調査画面(設問)イメージ

多数の評価項目から、いくつかの項目を回答者に提示し、そのなかで、「最も重要なもの」「最も重要でないもの」をそれぞれ1つずつ選択してもらいます。これを複数回繰り返します。一度に提示する項目数と質問数は、評価項目の総数に応じて適切な数を設定します。

各項目が「最も重要」「最も重要でない」と回答された率から、項目ごとの評価得点を算出します。

※選択肢表現は調査目的に応じて変更可能です。

例)デジタルカメラに関するアンケート

例)デジタルカメラに関するアンケート

単純に提示された項目のなかから「最も○○な項目」と「最も○○でない項目」を選択させるだけのため、尺度法と比較すると、より重要な要素、より重要でない要素が明確になります。定和法と比較した場合は、質的な回答負荷が低くなります。
また、階層ベイズ法を用いて各回答者のスコアを推定するため、特に評価項目が多い場合は、一対比較法と比較して量的な負荷が軽く、精度が高くなります。

<尺度法>

尺度法

<定和法>

定和法

3.アウトプットイメージ

例) 製品企画において、製品機能の優先順位を明らかにしたいとき。

例) 製品企画において、製品機能の優先順位を明らかにしたいとき。
  • 各項目が「最も重要」「最も重要でない」と回答された率から、項目ごとの評価得点が算出されます。各項目の評価得点を足し上げると100になります。評価得点は個人ごとに算出されます。
  • 各個人の評価得点をベースにセグメンテーションを作成することも可能です。MaxDiff法の評価得点は、嗜好や選好を顕著に表しているため、各クラスターの特徴が際立っており、わかりやすくなります。

その他、MaxDiff法は様々な商材や用途にご活用いただけます。特に、評価が「重視する」や「どちらともいえない」などに集中してしまいがちなケースに有用です。

  • ニーズ分析において、「重要な要素」と「犠牲にすることができる要素」を明確にしたいとき。
  • 広告制作時に、ターゲット顧客にとってより重要、より魅力的な訴求メッセージを絞り込みたいとき。
  • 製品のコンセプト評価において、ターゲットにとって最も受容性の高いタイプを絞り込みたいとき。
  • ブランドの選好度から、自社や競合のポジショニングを見極めたいとき。

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。