TURF分析

TURF分析(Total Unduplicated Reach and Frequency)は、生活者へのリーチが最大になるような商品の組み合わせを得ることができる分析手法です。ビジネス上の制約(予算やカニバリゼーションなど)がある中で、最適な組み合わせを決める場面で有効です。

TURF分析の活用シーン

  • 店頭に並べる商品ラインナップの選択をしたい
  • 最もカニバリゼーションが起きにくい商品ライン・組み合わせの設計をしたい
  • 広告コミュニケーション素材の選択をしたい
  • 予算内で最も効果的な広告メディアの選択をしたい

TURF分析の特長

ターゲットへのリーチが最大となる組み合わせを得ることができます。

TURF分析の特長を表す図

調査画面(設問)イメージ

TURFを実行するにあたっては、データの取得時に特別な聴取をする必要はありません。以下の聴取方法でデータが取得されていれば、目的に応じた形でアウトプットが得られます。

TURF分析の調査画面イメージ

活用事例

すべての商品中から、生活者へのリーチが最大になるような商品の組み合わせを得たい。

調査テーマ

  • アイスクリームメーカーのA社では、20種類のフレーバーを製造しているが、店頭で販売できる数(SKU数)は6種類に限られている。そこで、最も多くのターゲットにリーチできるような6種類の組み合わせを明らかにしたい。
  • 6種類というSKU数が適切なのかどうかについても、これを機に検証。

アウトプット例

最も多くのターゲットにリーチできるフレーバーの組み合わせ

20種類のアイスクリームのフレーバーの購入意向を複数回答(MA)で聴取。調査結果をTURF分析し、ターゲットへのリーチが最大になる組み合わせを把握。

アイスクリームのフレーバーの購入意向に関するTURF分析の例

最適なSKU数の検証

各SKU数において、ターゲットへのリーチが最大になる組み合わせを割り出します。それぞれの到達率を確認することで、最適なSKU数の検証を行います。

アイスクリームのフレーバーの購入意向に関する最適なSKU数を割り出す図
お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
各種資料・調査レポートのダウンロードもこちらから

関連コンテンツ