IT × オフライン調査 IT × オフライン調査

IT × オフライン調査

これまでオフラインでしか実施できなかった調査(インタビュー調査・会場調査)に、ITを組み合わせることでより手軽でスピーディーに調査が実施できるようになりました。

ODIの特長

安定したビデオ通話でのインタビュー環境

ODIは、ビデオ通話でお客様の会議室と対象者の自宅をつないでオンラインでインタビューを実施するサービスです。ビデオ通話の場合、回線の安定性は大丈夫か、などの不安を感じるお客様も多くいらっしゃいます。マクロミルのODIでは、通常の企業様で導入されているテレビ会議システムとは違い、映像回線(ネット回線)と音声回線(電話回線)を分けてシステムを構築しているため、安定した環境でインタビューをご実施頂けます。またインタビュー前日にインタビュー参加モニターと事前接続テストも実施し万全を期しております。

安定したビデオ通話でのインタビュー環境

家庭内の撮影

ODIでは、Webカメラを通じて家庭内の様子を見る事も可能です(※対象者の許諾が事前に必要です)。インタビュー中で話題になった箇所などを実際に見せていただく事により、よりリアルな実態把握を行うことができます。マクロミルのODIでは、対象者自身がスマートフォンのカメラで撮影した動画もリアルタイムで見ることができます。

近年では、スマートフォンのビデオ画質も向上しているため、スマートフォンのカメラ機能でも鮮明に観察ができるようになってきています。

※写真の機材はイメージです

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

ODIの活用事例

事例1 低出現の対象者へインタビューが可能

ODIは全国のモニターを対象にすることができるため、低出現の対象者へもインタビューが可能です。

以下のような場合でもインタビュー調査ができます。

  • 新商品の発売直後でまだ購入者が多くないが、早期に商品改善の対策を打つために早くリサーチを行いたい。
  • あまり売れ行きが芳しくない商品のテコ入れのために現ユーザーに調査をしたいが、出現が低くて困っている。
  • 自社のロイヤルユーザーを集めてインタビューをしてみたいが、いつも回収に困っていて条件緩和してインタビューをしている。

事例2 外出が困難な対象者のインタビューが可能

ODIでは、対象者は自宅からインタビュー調査に参加しますので、育児中の母親や介護をしている方、疾患を抱えている方などにもご参加いただくことが可能です。

事例3 地方にお住まいの方へのインタビューが可能

ODIでは全国のモニターを対象にすることができるため、地方在住のモニターにインタビューすることが可能です。例えば雪国の生活者にインタビューをしたいなど、自社のオフィスにいながら異なる生活環境者へのインタビュー調査や家庭内の撮影・観察が可能です。

事例4 動画観察×オンラインインタビュー

対象者に、事前宿題で動画撮影を依頼できます。部屋を掃除している様子、食器洗いの様子などを事前に撮影いただき、撮影動画を見ながらインタビューすることが可能です。

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

QuickCLTの特長

10年以上のネットリクルーティングのノウハウをシステムに集約

QuickCLTは、従来の会場調査(CLT)のリクルーティング工程をシステム化することで、会場調査(CLT)の実施コスト抑制と実施期間の大幅な短縮を実現しました。マクロミルではネットリサーチ黎明期から10年以上ネットモニターのリクルーティングに取り組んでおり、現在では業界最大水準の年間リクルーティング実績があります。ネットリクルーティングは、従来の電話での参加確認、当日欠席率や調査条件の不一致状況なども変わらないため、安心してご利用いただけるサービスです。

ストリートキャッチCLTの代替に!

価格とスピードメリットからストリートキャッチCLT(街頭で歩いている方にお声掛けしてリクルーティングして実施するCLT)を利用していた場合も、その代替としてもご利用いただけます。

ストリートキャッチCLTではなく、QuickCLTで実施するメリット

ストリートキャッチと比べたQuickCLTのメリット

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

標準的なスケジュール・料金

標準的なスケジュール

標準的なスケジュール

料金

圧倒的な低コストでサービスをご提供しております。詳しくは、お問い合わせください。

お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
各種資料・調査レポートのダウンロードもこちらから

関連コンテンツ

Myリサーチページログイン

ID

パスワード