視線データの定量分析 視線データの定量分析

消費者の商品選択行動を解明視線データの定量分析

視線データの定量分析によって
消費者の商品の選択行動を解明!
新商品評価や店頭販促物評価にご活用いただけます。

サービスの特長

買い物行動中の視線データを定量的に分析

NECの遠隔視線推定技術を活用して、商品陳列棚を見ている時の視線を捉え分析します。従来のアイトラッキング技術と異なり、定量分析に特化しています。

※NECの遠隔視線推定技術とは、専用デバイスを必要とせず、通常のカメラ映像から視線方向の推定を実現した技術です。
https://jpn.nec.com/video-analytics/gaze/index.html

視線データを活用して無意識の買い物行動を見える化

特に食品・飲料・日用品といったカテゴリーでの消費者の買い物行動は短期記憶とされており、アンケートやインタビューのみでの聴取では精度・解釈性の両面で限界がありました。視線データを活用することで、商品陳列棚における商品の見られ方、選ばれ方をより深く・正確に把握できます。

視線データの活用意義

商品陳列棚での視認性や注目度を評価

店頭での視認性は購買に大きく影響を与える要素ですが、商品陳列棚において何を見ていたかをアンケートやインタビューで正確に把握することはできません。実際の検証でも、視線計測とアンケート聴取の結果で大きく乖離が発生していると確認されています。視線計測の活用により、商品陳列棚での視認性を正しく理解することができます。

視線データを活用して無意識の行動を顕在化

視線は脳波や瞳孔などと違い、自身で動きの理由や心理を説明できる生体反応です。短期記憶とされる買い物行動は、記憶の忘却・混同・すり替えなどが発生し正確な情報を捉えることができません。しかし、自身の視線の動きを客観的に見る機会を与えられると、多くの人はその時に考えていた些細な記憶を鮮明に思い出すことができます。

視線データ取得が可能な環境

自社で会場を所有しており、設備も充実しています。
会場調査(CLT)
・模擬店舗
※実店舗での取得はできません。

活用事例

食品・日用品メーカー様の新商品やPOPの陳列棚評価

視線データの分析により商品陳列棚における消費者の商品の選択行動を定量的に解明するほか、 視線動画を元にしたインタビューの併用で、買い物行動時の意識を詳細に把握することが可能です。

調査目的

新発売予定の商品における陳列棚の受容性を確認したい
複数ある商品パッケージ案の絞り込みを行いたい
パッケージの改善に活用したい

実施概要

参加者に新商品を含めた商品陳列棚を見ながら疑似的な買い物をしていただく。参加者の買い物行動中の視線データを取得するとともにアンケートやインタビューを実施し、視線と意識の両面から買い物行動を分析する。

実施サンプル数

180ss(パッケージ1案につき60ss×3案)

アウトプット

視線データの定量分析により商品陳列棚で起きていることや、新商品がどのように見られているかを解明

商品陳列棚での視線動画を元にインタビューを実施し、買い物行動における気持ちを詳細に把握

標準的なスケジュール・料金

標準的なスケジュール

調査当日までは通常の会場調査と同様のスケジュールです。
調査当日から3~4営業日で納品いたします。

料金

通常の会場調査料金 + 70万円~
詳しくは、お問合せください。

お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
各種資料・調査レポートのダウンロードもこちらから

関連コンテンツ