テレビ視聴実態リサーチ テレビ視聴実態リサーチ

テレビ視聴実態リサーチOTS

テレビ視聴データを電子番組表形式で取得。
テレビ視聴実態リサーチ。

OTSの特長

マクロミルCookieモニタ全数にOTSを用いてリサーチ

OTSを用いてテレビCM接触による態度変容効果を捕捉することが可能です。マクロミルCookieモニタ全数に対して調査をかけることで、Web広告 × テレビCMのクロスメディア分析も実現いたします。

*OTS(Opportunity to see):CMなどの広告にどの程度接触したのかを測定する手法

独自で開発した専用の回答UIを用いて、視聴データを取得

マクロミルが独自開発を行ったテレビデータ取得用の回答インターフェース(特許出願済)を用いて、質の高いテレビ視聴データを取得しています。メディアプランニングを目的としたターゲットの視聴傾向把握や、OTSを用いた広告接触がもたらせる意識変化への影響捕捉など、様々な用途でご利用いただけます。

独自開発の専用UI

テレビCMキャンペーンの効果測定

視聴者へのテレビCMの到達状況や、接触による態度変容効果を可視化することができますこれまでは見ることのできなかったテレビCM接触回数(フリークエンシー)を切り口とした意識への影響に関する分析も可能です。

メディア毎のリーチ状況を属性別に把握

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

活用事例

事例1 Web広告 × テレビCMのクロスメディア効果測定

デジタルログリサーチ(AccessMill)とテレビ視聴実態リサーチ(OTS)をかけあわせることで、Web広告とテレビCMの統合的な分析を行うことができます。広告全体の到達度(リーチ)や重複接触による態度変容への影響を捉えることで、各媒体の役割・効果を明確にすることができます。

Point

  • 約90万人の大規模なCookieパネルに対して調査ができるため、分析対象サンプルを多数確保
  • 広告キャンペーンに対するアロケーション分析のための基礎データとして活用
クロスメディア効果測定の
							アウトプット例

事例2 メディアプランニングリサーチ

一般のテレビ視聴習慣(時間帯、曜日、視聴している番組の傾向など)と、属性・ターゲット別の視聴習慣にどの程度乖離があるのかを捕捉できます。同様に、ねらい通りにテレビCMが到達(接触)しているかを捉えることで、テレビCMの有効性を確認することが可能です。

Point

  • テレビCMの出稿量、出稿パターンを検討する際の材料となる
  • テレビ以外の広告を組み合わせる際の情報として活用できる
視聴習慣
							リーチ/ノンリーチ属性

標準的なスケジュール・料金

標準的なスケジュール

スケジュールはご要望により異なります。詳しくは、お問い合わせください。

料金

圧倒的な低コストでサービスをご提供しております。詳しくは、お問い合わせください。

お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
各種資料・調査レポートのダウンロードもこちらから

関連コンテンツ