リアルタイム調査 リアルタイム調査

ブランディングKPI継続調査リアルタイム調査

ブランディング指標をリアルタイムに可視化する
調査ソリューション

リアルタイム調査の特長

ブランド認知率・ブランド好意度といった「ブランディング指標」を高頻度で取得し、マクロミルオリジナルダッシュボード(millBoard)で、リアルタイムにご提供するソリューションです。

断続的でなく時系列でKPIの変化がウォッチ可能

従来では広告出稿に伴う態度変容効果を、キャンペーン実施前後など断続的にしか捉えることができませんでした。 しかし、リアルタイム調査を活用いただくことで、キャンペーン実施期間中も連続的に消費者意識の変化を捉えることができるようになります。

これにより、各施策と消費者意識の変化がどのように連動しているのかを明らかにできます。

自動集計によりデータ提供がスピーディーに

納品データは、マクロミルオリジナルダッシュボード(millBoard)で自動集計し提供します。

そのため、調査結果を回収完了した翌日にはご確認いただけます。

millBoardの詳細はこちら>>

意識データと外部データを重ねて把握できる

TVデータ(GRP)やアクセス解析データ、その他各種SNSデータなど、アンケート以外の多岐にわたるデータをインポートすることができます。アンケートデータと外部のデータを組み合わせて分析をすることで、各指標と意識変化の関係性を理解するのに役立ちます。

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

活用事例

事例1 外因性を踏まえたKPIの変化をウォッチ

広告出稿量と消費者意識の両時系列データを重ねてみることで、広告出稿の前後における消費者意識の変化を比較するだけではなく、出稿量増減による消費者意識(ブランド認知度や好意度等)への影響や、出稿後の残存効果等を把握することができます。

例)TVCMの出稿量を後半で減少させた場合に、効果はそのまま維持するのか?等

Points

  • 性・年代等の属性やターゲット毎の意識変化を捉えることができる
  • GRPやSNSデータ、CRMデータなど各種データを同一画面で描画できる

事例2 施策期間中の効果をリアルタイムにウォッチしPDCAを回す

キャンペーン期間中、タイムリーにKPIの変化をウォッチし施策効果を把握できます。そのため、リアルタイムに把握できるKPIの動向に応じて、キャンペーン期間中に施策の改善を行ったり、追加の施策に取り組んだりすることで、効果の最大化を目指すことができます。

Point

  • 期中にPDCAを回すことができるため、単体のキャンペーンであっても効果をより高めることができる(TVCMの効果をもとにした、機動性の高いWeb施策の改善・追加実施の検討など)

お問い合わせ、各種資料・調査レポートのダウンロード

標準的なスケジュール・料金

標準的なスケジュール

スケジュールは仕様により異なるため、詳しくは、お問い合わせください。

標準的なスケジュール

料金

キャンペーントラッキング

  • 実査期間:1カ月
  • 実査回数:10回(3日に1回)
  • 設問数:5問
  • 1回当たりのサンプル数:500サンプル
の場合

¥1,500,000~(税別)

(内訳)

項目 料金
調査票設計 ¥150,000
本調査 ¥1,050,000
ダッシュボード提供 ¥300,000

半年KPIトラッキング

  • 実査期間:6カ月
  • 実査回数:26回(週に1回)
  • 設問数:5問
  • 1回当たりのサンプル数:500サンプル
の場合

¥3,600,000~(税別)

(内訳)

項目 料金
調査票設計 ¥300,000
本調査 ¥2,700,000
ダッシュボード提供 ¥600,000
定例読みあわせ ※要相談
お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
各種資料・調査レポートのダウンロードもこちらから

関連コンテンツ