マーケティングリサーチの種類

マーケティングリサーチは、目的や内容に応じて「定量調査」「定性調査」を使い分けることが重要です。さらに「定量調査」「定性調査」には、それぞれ様々な手法があります。調査期間や予算、条件などに応じてどの手法が最適化を判断しましょう。

「定量調査」と「定性調査」

マーケティングリサーチは、「定量調査」と「定性調査」の2つに分類できます。

端的に言えば、「定量調査」とは、結果を「数値や量などの定量データ」で把握し集計・分析する調査で、「定性調査」とは、数値や量で表現できない「言葉や行動などの質的データ」で把握し分析する調査です。

「定量調査」と「定性調査」

「定量調査」とは

アンケート票を作成し、回答してもらう形式の調査。態度や行動を量的に把握するもので、「仮説の検証」に使われます。

(特徴)

  • 一人ひとりの結果よりも「全体の傾向」を知るもの
  • 多くの人に質問し、「数字」として結果を分析する

「定性調査」とは

インタビュアーの質問に、口頭で答える形式の調査。態度や行動に加え、心理や意識を探ることが中心で、「仮説の構築」に使われます。

(特徴)

  • 全体よりも「一人ひとりの気持ちや意識」を探るもの
  • 対象者一人ひとりに、深く聞いて「言葉」で結果を分析する

より詳しく知りたい方は『マーケティングリサーチ虎の巻2』をご覧ください。

初めてでも安心!マーケティングリサーチ虎の巻を
無料ダウンロード >>

お客さまの課題・ニーズを伺って
リサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。

関連コンテンツ