Quick-CROSS(無料集計ソフト)

集計ナレッジ・
無料集計ソフトQuick-CROSS
ダウンロード

無料集計ソフト「Quick-CROSS(クイッククロス)」は以下よりダウンロード可能です。
集計に関するナレッジをまとめたサイト「集計のキホン」もぜひご覧ください。

無料集計ソフトQuick-CROSSクイッククロス ダウンロード

マクロミル独自開発の簡易集計ソフトで、無料クロス集計・データ加工およびレポート出力をご利用ください。

特長と機能説明を見る

  • Quick-CROSS3【日本語版】

  • Quick-CROSS3G【英語版】

Quick-CROSS 取込用サンプルデータ

利用環境

Microsoft Office Microsoft Office 2010
Microsoft Office 2013
Microsoft Office 2016
Microsoft Office 2019
OS Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 10
※いずれも日本語版での対応です。
※Microsoft、Microsoft Office製品の名称は、米国および諸外国におけるMicrosoft Corporationの商標または登録商標です。

利用環境

Microsoft Office Microsoft Office 2010
Microsoft Office 2013
Microsoft Office 2016
Microsoft Office 2019
OS Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 10
※Microsoft、Microsoft Office製品の名称は、米国および諸外国におけるMicrosoft Corporationの商標または登録商標です。

Quick-CROSS お問い合わせ専用サポートダイヤル

03-6716-0716
10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社指定休日を除く)

アップデート情報

2018.10.17 Quick-CROSS3(Ver3.32)リリース
障害対応
  • Excel2007形式のデータ出力時に回答値が文字列書式になる不具合を解消しました。
  • 出力物上で文言が自動変換(日付→シリアル値、等)される不具合を解消しました。
  • その他、軽微な修正、改善を実施しました。
上記以前のバージョン情報
2018.07.25 Quick-CROSS3(Ver3.31)リリース
新機能追加
  • ウエイトバック設定時に、ウエイトバック前のn数(回答者数)を同時出力可能にする機能を追加しました。
  • 「1シート1クロス」形式のクロス集計表に、項目間の検定結果を出力する機能を追加しました。
機能改善
  • Quick-CROSSの操作説明サイトへのリンク([FAQ]ボタン)をメニュー画面上に追加しました。
  • 出力ファイルの余白セル表示形式を文字列から標準形式に変更しました。
  • 集計表ファイル名の先頭に「調査ID_日付_時間」が自動付与されるようになりました。
  • その他、軽微な修正、改善を実施しました。
2017.10.16 Quick-CROSS3(Ver3.30)リリース
【障害対応】
  • 軽微な修正、改善を実施しました。
2017.08.14 Quick-CROSS3(Ver3.29)リリース
【新機能追加】
  • Excel調査票出力時のデザインを「スタンダードUI」「クラシックUI」から選択できるようになりました。
  • Excel 2016 更新プログラムでの仕様変更にともなう問題を解消しました。
2017.05.12 Quick-CROSS3(Ver3.28)リリース
【新機能追加】
  • 「小計(選択肢のとりまとめ項目)」、「回答個数平均」付きの集計表を、データ加工なしで出力できるようになりました。
2016.08.01 Quick-CROSS3(Ver3.27)リリース
  • 出力される数表、グラフのカラーデザインを刷新しました。
  • ※更新インストール後は旧バージョン配色での出力はできなくなります。
2016.04.04 Quick-CROSS3(Ver3.26)リリース
【新機能追加】
  • Windows10環境、Office2016環境に対応しました。
  • その他、軽微な修正、改善を実施しました。
2016.01.12 Quick-CROSS3(Ver3.25)リリース
【新機能追加】
  • データ出力に関する新機能(アイテム出力順変更、絞込み設定、設定内容保存)を追加しました。
  • Office2010以降の環境でも、Excelの設定変更なしでご利用いただけるようになりました。
  • 検定の有意水準デフォルト値を「5%と10%」に統一しました。
  • その他、軽微な修正、改善を実施しました。
2014.07.04 Quick-CROSS3(Ver3.24)リリース
【障害対応】
  • 縦%クロスでウエイト平均の軸項目間の差の検定結果が表示されない不具合を修正しました。
  • PowerPointレポートにウエイト平均が出力されない不具合を修正しました。
  • その他、軽微な不具合を修正しました。
2014.06.03 Quick-CROSS3(Ver3.23)リリース
  • Windows8、8.1環境、Office2013環境に正式対応しました。
  • クロス集計画面を見やすく拡大しました。
  • 重複のあるデータの検定、ウエイトバック時の検定の計算精度を向上しました。
  • 各種処理における安定性と精度の向上を行いました。
  • 軽微な不具合を修正しました。
2013.04.01 Quick-CROSS3(Ver3.22)リリース
  • 各種処理における安定性と精度の向上を行いました。
  • 弊社ロゴ変更に伴い、メニュー上の画像を更新しました。
  • マニュアルを更新しました。
2012.10.05 Quick-CROSS3(Ver3.21)リリース
【新機能追加】
  • PSMの【高い】【安い】を反転して分析できるようになりました。
  • 因子分析で斜交回転のプロマックスを利用できるようになりました。
  • その他、各種処理における安定性と精度の向上を行いました。
2012.08.31 Quick-CROSS3(Ver3.20)リリース
【新機能追加】
  • マーキング(比率の差、ランキング)が度数表にも反映されるようになりました。
  • ウエイト平均の母数(分母)が表示されるようになりました。
  • クロス表の集計軸に関するオプション機能を追加しました。
2012.04.09 Quick-CROSS3(Ver3.19)リリース
  • 各種計算処理における安定性と精度の向上を図りました。
2011.11.30 Quick-CROSS3(Ver3.18)リリース
【障害対応】
  • アイテム名に「-」がある時、クロス集計・レポートが正常に出力されない障害を修正しました。
  • 選択肢文言がパーセント値などの時、数値として出力される障害を修正しました。
2011.03.25 Quick-CROSS3(Ver3.17)リリース
【新機能追加】
  • Windows 7環境、Office 2010環境で、Quick-CROSS3を利用できるようにしました。

※ Office2010環境でQuick-CROSS3を利用するには、Excelの設定が必要になりますので、インストール時に表示される「Office2010をお使いの方へ」をご確認ください。

【障害対応】
  • Office 2007で出力したレポートで、表示されるグラフの凡例の枠線が表示されない障害を修正しました。
2011.02.25 Quick-CROSS3(Ver3.16)リリース
【障害対応】
  • Office 2000、Office XP、Office 2003 SP1・SP2の環境で、Ver.3.15をインストールすると起動エラーが起きる障害を修正しました。
2011.02.22 Quick-CROSS3(Ver3.15)リリース
【新機能追加】
  • 軸がつながったクロス表をシート毎に出力できる「1シートに1クロス表」出力機能を追加しました。
  • クラスタ分析の計算ロジックを修正しました。
  • クラスタ分析、コレスポンデンス分析の「標準化」機能のデフォルトチェックをOFFにしました。
2010.11.19 Quick-CROSS3(Ver3.14)リリース
【障害対応】
  • Microsoft Office 2003 SP3環境にて、Quick-CROSS3を起動中にOffice 2007形式のExcelファイルを開くとQuick-CROSS3データが消失する障害を修正しました。
  • Quick-CROSSで旧VIリサーチ集計ソフト「MY CROSS」のデータをご利用いただく際、「予備調査のマトリクス設問に付属FAのあるデータ」についても変換できるように修正しました。
2010.10.26 Quick-CROSS3(Ver3.13)リリース
【新機能追加】
  • BSA分析で母数の違うアイテムも分析できるよう変更しました。またアウトプットに全体値の表示を追加しました。
  • レポート機能で折れ線グラフ出力時のグラフエリア範囲を調整(修正)しました。
  • Quick-CROSSで旧VIリサーチ集計ソフト「MY CROSS」のデータをご利用いただく際、「予備調査設問に付属FAのあるデータ」についても変換できるように修正しました。
2010.10.01 Quick-CROSS3(Ver3.12)リリース
【新機能追加】
  • Quick-CROSSでVIリサーチ集計ソフト「MY CROSS」のデータをご利用いただける互換機能を搭載しました。
2010.08.03 Quick-CROSS3(Ver3.11)リリース
【新機能追加】
  • 多変量解析のPSM分析に、有効値設定の機能を追加しました。
    また同分析の分析速度を改善しました。

※分析機能をご利用いただく場合には、予め各分析に応じた調査票設計が必要になります。リサーチャーによる調査票設計のサービスもご用意しておりますので担当営業までお問い合わせください。

2010.06.10 Quick-CROSS3(Ver3.10)リリース
【新機能追加】
  • 分析機能(因子分析、クラスタ分析、PSM分析、BSA分析、コレスポンデンス分析、CSポートフォリオ分析)のアウトプットに、絞り込みなどの設定が表示されるよう変更いたしました。

※分析機能をご利用いただく場合には、予め各分析に応じた調査票設計が必要になります。リサーチャーによる調査票設計のサービスもご用意しておりますので担当営業までお問い合わせください。

2010.03.02 Quick-CROSS3(Ver3.09)リリース
【新機能追加】
  • 因子分析、クラスタ分析、PSM分析、コレスポンデンス分析、CSポートフォリオ分析、BSA分析の機能をご利用いただけるようになりました。

※2010年3月2日以降に終了したリサーチのQuick-CROSS3データからご利用可能となります。

※分析機能をご利用いただく場合には、予め各分析に応じた調査票設計が必要になります。リサーチャーによる調査票設計のサービスもご用意しておりますので担当営業までお問い合わせください。

2009.12.22 Quick-CROSS3(Ver3.08)リリース
【新機能追加】
  • コレスポンデンス分析、CSポートフォリオ分析機能を追加しました
    (分析機能をご利用いただく場合は有償になります。詳細は営業担当まで)
2009.10.20 Quick-CROSS3(Ver3.07)リリース
【新機能追加】
  • PSM分析、BSA分析機能を追加しました。
    (分析機能をご利用いただく場合は有償になります。詳細は営業担当まで。)
【障害対応】
  • 有意差検定を設定し「レポート出力」する際に、凡例(有意水準)が表示されない 障害を修正しました。
2009.07.31 Quick-CROSS3(Ver3.06)リリース
【新機能追加】
  • 因子分析、クラスタ分析機能を追加しました。
    (分析機能をご利用いただく場合は有償になります。詳細は営業担当まで。)
【障害対応】
  • Excel2007 SP2環境でレポート出力をすると正常に出力されない障害を修正しました。
  • 質問文の先頭に「=」がある時、クロス集計・レポートが正常に出力されない障害を修正しました。
2009.03.12 Quick-CROSS3(Ver3.05)リリース
  • GT集計、クロス集計、レポート出力のオプション機能「ウェイトバック値算出」でデータによって、ウェイトバック値の小数点位置がずれる現象を修正いたしました。
2008.12.19 Quick-CROSS3(Ver3.04)リリース
  • 「FAリスト作成」について、付加アイテムを設定した順に表示するように修正しました。
2008.12.01 Quick-CROSS3(Ver3.03)リリース
  • Office2000環境下で、Quick-CROSS3を利用できるようにしました。
2008.10.20 Quick-CROSS3(Ver3.02)リリース
  • データ加工にアフターコーディングの機能を追加しました。
    →FAデータのコーディング(カテゴリ分け)が可能になりました。
  • サンプル削除に一括削除機能が追加になりました。
  • GT集計に有意差検定機能(「選択肢間や項目間の検定(比率/平均値の差の検定)」)が追加になりました。
  • クロス集計・レポート集計の有意差検定機能に「軸の項目間の検定(比率/平均値の差の検定)」が追加になりました。
2008.10.09 Quick-CROSS3(Ver3.01)リリース
  • クロス集計の集計オプション「無回答の表示」での障害(表頭無回答が表示されない)を修正しました。
2008.09.16 Quick-CROSS3(Ver3.00)リリース

インストールから起動までの流れ

Step1 Quick-CROSS3をダウンロード後、インストール

本ページ上部「Quick-CROSS3 Ver3xx ダウンロード」のリンクよりインストーラをダウンロードし、ZIP形式の圧縮ファイルを解凍してください。

解凍後、(Quick-CROSS3xx.exe)をダブルクリックして、Quick-CROSSのインストールを開始します。


Step2 集計・加工したいデータをダウンロード

Myリサーチページ結果画面から、Quick-CROSS用データをダウンロードします。Quick-CROSS用データは、調査終了後にのみ(OpenMillの場合は途中集計終了後も可)ダウンロード可能となります。 「結果ダウンロード」より「集計用データ」のチェックを入れてダウンロードを行ってください。

ダウンロードしたファイルはZIP形式で圧縮されていますので、解凍してください。

解凍後のファイル名は<調査ID_QuickCROSS.qc3>です。


Step3 ファイルを開いて作業を開始

Step 2のQuick-CROSSデータをダブルクリックすると、Quick-CROSSが起動します。

Quick-CROSSに関するFAQを見る

集計に関するナレッジサイト「集計のキホン」

初めて集計をされる方のために、データの読み解き方やレポート方法などの集計に関する基礎知識やノウハウに加え、無料集計ソフトQuick-CROSSの機能や使い方についてもFAQ形式でわかりやすくご紹介しております。調査結果の効果的な活用にお役立てください。

集計のキホンを見る

コンテンツ(抜粋)

クロス集計とは?
全体の傾向を掴むための単純集計と比較しながら、よりデータを深掘りするためのクロス集計について解説しています。

もっと見る

自由記述を集計するには?
自由記述の種類やデータをどのように集計したらよいのかについて解説しています。

もっと見る

集計表を可視化するには?(グラフの作成)
設問の種類に応じた適切なグラフの選び方について解説しています。

もっと見る

集計のキホンを見る