マクロミル、滋賀大学とデータサイエンスの研究開発分野で提携、産学連携を推進
~マーケティング実務を担うデータサイエンティストの育成などを支援~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下、当社)と国立大学法人滋賀大学(所在:滋賀県彦根市、学長:位田隆一 以下、滋賀大学)は、データサイエンスの研究開発分野で提携いたしました。

本提携では、当社が保有する様々なマーケティングデータの提供を通じ、データ分析や実際のビジネスにおける利活用方法を直接学べる教材開発などで連携し、学生により実践的なノウハウを体感する機会を創出することで、実社会で活躍できる人材育成を支援します。さらに、デジタルマーケティング領域におけるビッグデータ活用促進や、マーケティング実務を担うデータサイエンティストの育成の他、実際のビジネス課題の解決につながる新しい分析手法の開発などを目指します。

今後両者は、互いの知見を共有し、「教育・研究開発・幅広い人材交流」などを通じ、産学連携による様々な取組みを推進してまいります。

連携協定の内容は次の通りです。

連携協定概要

  1. データサイエンス分野の人材育成、教育開発
  2. マーケティング実務の意思決定に活かすデータサイエンスの研究
  3. 相互の講師派遣、人材交流等
調印式1
(左)滋賀大学 学長 位田隆一氏
(右)当社 執行役 日本担当 佐々木徹
調印式2
(写真左から)滋賀大学 データサイエンス学部長 竹村彰通氏滋賀大学 理事 須江雅彦氏滋賀大学 学長 位田隆一氏当社 執行役 日本担当 佐々木徹当社 エグゼクティブマネジャー 小池直

連携協定内容詳細(予定)

  1. データサイエンス分野の人材育成、教育開発
    • 消費者購買データ(QPR)分析ツール「QPR-TRACE」[1]の提供
    • 学生にむけた、マーケティングリサーチ講座開催、実課題に対してデータ分析を行う機会の提供
    • 当社主催「データ分析に基づいたマーケティング戦略立案コンテスト」での連携
  2. マーケティング実務の意思決定に活かすデータサイエンスの研究
    • 当社保有のマーケティングデータを活用した新しい分析手法の共同研究・開発
  3. 相互の講師派遣、人材交流等
    • 滋賀大学からマクロミルアカデミー[2]への講師派遣、滋賀大学講師によるデータサイエンス講座の実施
    • 当社から社員を大学院データサイエンス研究科へ派遣、滋賀大学からインターンシップ受入れ

以 上

  • [1] 消費者購買履歴データと、購買情報、意識調査を組み合わせた日本初のオンラインシングルソースデータをもとに、日々集積されるお買物モニタの購買データについて、購買動向を定期帳票でレポートする消費者購買データ分析ASPツール
  • [2] マクロミル社員向けの人材開発プログラム

当社の提供する主なソリューション

Research × Database

QPR

商品購買データと意識調査を組み合わせた日本初のオンラインシングルソースデータサービス

MHS

世帯・個人の購買データとアンケート調査を紐づけた「家計パネル調査」データ収集・サービス

bdb

年2回、消費者3万人を対象に実施する「ライフスタイル調査」の分析・データベースサービス

Research × Accesslog

AccessMill

大手を中心とした200以上のデジタルメディアログ計測実績を有する日本最大規模デジタルマーケティング効果計測サービス

お問い合わせ先

株式会社マクロミル 広報室:森田
TEL:03-6716-0707 E-mail:press@macromill.com
URL:https://www.macromill.com