【お客さま各位】

2010年07月01日
株式会社マクロミル
(証券コード:東証一部3730)

携帯型バーコードスキャナを用いた商品購買調査『QPR™』サービス
モニタ数1万人へ規模拡大のお知らせ

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下マクロミル)は、株式会社東急エージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:桑原常泰、以下東急エージェンシー)と共同展開している商品購買調査サービス「QPR(キューピーアール:Quick Purchase Report)™」において、「QPR専用モニタ」を1万人に増強し、7月1日よりリニューアル提供いたしますのでお知らせします。

「QPR™」は、マクロミルと東急エージェンシーが2007年12月より共同展開している商品購買調査サービスです。マクロミルのネットリサーチモニタより抽出・構築した「QPR専用モニタ」に、携帯型バーコードスキャナを貸与し、日々買い物した商品のバーコード情報をスキャンデータとして送信してもらうことで、実際の購買データを大量に収集・蓄積しています。契約企業はこのデータを時系列レポートとして活用することで、食品・飲料・日用品などの各カテゴリーにおける商品購買層の広がりや購買頻度、購入チャネルなど、様々な購買動向を把握することができます。

この度のリニューアルでは、従来の首都圏・近畿圏エリアの6000サンプルに加え、北海道・東海・九州エリアにおいて新たに4000サンプルを追加、QPR専用モニタ総数を1万人へと拡大いたしました。モニタのエリア・規模が拡大することにより、地方特有の商品購買傾向が把握できるようになるほか、発売直後の新商品の購買動向もより把握しやすくなり、これまで以上に有用なデータ提供が可能となります。

「QPRモニタ」の拡大内容

  これまで 2010年7月以降
6,000サンプル(16歳~69歳の男女※) 10,000サンプル(16~69歳の男女※)
既存エリア 首都圏 3,800サンプル 首都圏  3,800サンプル
近畿圏 2,200サンプル 近畿圏  2,200サンプル
新規拡大エリア   北海道  1,000サンプル
東海地方 1,500サンプル
九州地方 1,500サンプル

※QPR専用モニタの性年代属性については、国勢調査の人口構成比に準じてパネルを構築しております。

※新規拡大エリアのデータ利用は有料オプションとなっております。料金については別途お見積もりいたします。

消費者の多様化が進む中、企業においてはマーケティング戦略を立案するために有用なデータを求める声が高まっています。マクロミルおよび東急エージェンシーは、実際の購買データに基づき消費者動向を的確に把握することができる「QPR™」のデータ提供サービスを強化することにより、今後も、メーカ企業の商品開発・改善およびマーケティング戦略立案を一層サポートしてまいります。

以  上

「QPR™」について
「QPR™」は、2007年12月よりマクロミルと東急エージェンシーが共同展開する商品購買調査サービスです。
マクロミルモニタより構築した1万人の「QPR専用モニタ」に携帯型バーコードスキャナを貸与、
日々のお買い物情報をスキャンデータとして収集・蓄積することで、消費者の購買実態を時系列レポート、
追跡調査サービスなどにより詳細に把握することができます。
「QPR™」のサービス詳細につきましては、以下のHPをご覧ください。
http://www.macromill.com/service/qpr/qpr.html
本件に関するお問い合わせ先
株式会社マクロミル 広報担当:西沢・小能
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F 〒108-0075
TEL:03-6716-0707 FAX:03-6716-0701 E-mail:press@macromill.com