社会貢献活動「Goodmill」

リサーチで、
世の中をもっと良くできる

Goodmill

Goodmillは「リサーチで、世の中をもっと良くできる」という想いから、2018年4月より推進している当社の社会貢献活動です。「非営利活動組織のマーケティング・リサーチ技術支援」「災害発生時の多面的な支援活動」「社員発信の社会貢献活動」を活動の3本の柱として、社会課題の解決などを支援しています。

活動の3本柱

非営利活動組織の
リサーチ技術支援

  • Questant(クエスタント)、ミルトークの無償開放
  • 非営利活動団体とタイアップした自主調査の実施
  • 非営利活動団体向けマーケティングリサーチ講座

災害発生時の
多面的な支援活動

  • 防災定点調査「震災白書」の実施
  • 大規模災害発生時の支援人材の現地派遣
  • 現地のニーズや被災状況等の情報収集・分析支援

社員発信の
社会貢献活動

  • 社会貢献に関する講演会の実施
  • ライトに参加できる社会貢献活動の体験参加

支援の事例

1. 「Questant」「ミルトーク」特別無償プランの提供

マクロミルが提供するセルフ型リサーチサービス「Questant」と「ミルトーク」をご活用いただくことで、課題の可視化や仮説検証をスピーディーに行うことができます。

対象サービス

セルフアンケートツール「Questant」
  • 通常プラン(年払い)の無償提供
Questant
アイデア収集ツール「ミルトーク」
  • CSVダウンロード 年2回(下記の100件表示と同等機能を含む)
  • 31件以降100件までを表示 年4回
ミルトーク

対象団体

特定非営利活動法人(NPO法人)、認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)

2. 非営利団体向けのリサーチ支援活動

マクロミルの調査ノウハウ、リサーチ技術、ソリューションなどを活用し、NPOや外部団体と協働で社会課題に関する実態調査を実施することで、受益者が日常的に肌で感じる課題を定量データとして可視化・実証し、各団体の世の中へ向けた課題提起や解決をサポートする活動です。

事例 認定特定非営利活動法人カタリバとの協働調査

思春期の実態把握調査」

詳しい調査結果のレポートはこちらからご覧いただけます
思春期の実態把握調査 結果報告書

プレスリリースはこちら
マクロミル、NPO向けリサーチ支援開始 第1弾は「NPOカタリバ」 休眠預金活用法施行を背景に求められるNPO活動の成果の可視化を支援(2018年12月20日)

認定NPO法人カタリバ 代表理事 今村 久美(いまむら くみ)様のコメント

政策提案に必要な調査や事業評価等を行う専門性をNPOが持つことは難しく、私たちがまさにそうですが、やりたくても何から始めればよいか分からない団体が多いのが現状です。 今回マクロミル様のご支援によって、初めて自分たちが主体となって課題の当事者の声を集めることができました。 是非今後の政策提案に活かしていきたいと考えています。 昨今、社会貢献のあり方を検討している企業様も増えています。 マクロミル様の取り組みは、企業が専門性を活かして社会貢献に取り組むことで社会をよりよくする、1つのモデルではないでしょうか。
今村 久美(いまむら くみ)様 カタリバ

3. 社員のボランティア活動参加

リサーチによる支援のみならず、誰もが参加できる募金やボランティア活動も数多く実施しています。幅広い社会貢献活動につながり、参加者同士の交流を深める機会ともなっています。

こどものみらい古本募金

こどものみらい古本募金

子供の貧困問題に取り組むNPOなどを応援するため、古本の買い取り額を「子供の未来応援基金」へ寄附する取り組みです。約2週間で従業員から360冊の古本が集まりました。

鉄工島フェス

鉄工島フェス

東京都大田区の京浜島で開催された音楽とアートのフェスに、社員9名がボランティア参加。観客の誘導やチケット発券などをサポートしながら、他業界に勤めるボランティアスタッフ同士の交流も深まりました。

清掃活動

清掃活動

新宿オフィスに勤務する従業員が、新宿区の「秋の地域ごみゼロ運動」に参加しています。業務の合間に、こうしたボランティア活動に参加することで、リフレッシュにもなっています。

打ち水

打ち水

新宿オフィスでは同じビルに入居する企業間の交流がさかんで、夏には企業合同の打ち水を実施しています。打ち水に使用するのは、各社が災害時のために備蓄している飲用水で、賞味期限切れのものを集めています。

お問い合わせ先

Goodmill事務局
E-mail:goodmill@macromill.com

関連リンク