【報道関係各位】

2003年4月18日
株式会社マクロミル

リサーチシステム
【AIRs (Automatic Internet Research System:エアーズ) 】
新バージョン、2003年5月よりサービス開始

サービス料金据え置き、クロス集計まで含めて5万円より提供

ネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都渋谷区、社長:杉本哲哉)は、独自開発のネットリサーチシステム【AIRs(Automatic Internet Research System:エアーズ)】(※1)を全面的に再構築、アウトップット機能の向上を中心に約200項目以上の大幅な機能UPを行い、2003年5月より新たにサービスを開始いたします。

株式会社マクロミルでは年間3000本以上のリサーチ案件を処理しており、さらに急増する案件数に耐えうる堅牢なシステム基盤の強化を目指し、全面的なシステム再構築を行いました。
これまでの【AIRs】の特徴である実査工程から単純集計までのリサーチ工程の自動処理部分に加え、新しいシステムでは、下記のような主な特徴を備えています。

<新しいネットリサーチシステム【AIRs】の主な特徴>

1. 独自開発の簡易集計ソフト[クイッククロス]やWEB上でのリアルタイム質問間クロス集計により調査結果の集計加工までのシステム提供など、多彩なアウトプット機能が向上

2. 矛盾回答・データ不整合を防ぐロジックチェック機能・入力チェックによるリサーチ精度のUP

3. 高負荷に耐えられるASPシステムとしての堅牢さ

マクロミルは、これまで「10問・100サンプル5万円より」という低価格のネットリサーチを提供してまいりました。このたび、多数の新機能によりバージョンアップしましたが、新しいシステムでもサービス料金は据え置きで、さらにスピーディー・コストダウンしたネットリサーチを提供してまいります。

新しい【AIRs】の主な新機能・特徴

【1】アウトプット機能の向上

独自開発の簡易集計ソフト[クイッククロス]を全ての会員に提供
[クイッククロス]はマクロミルが独自開発した簡易集計ソフトです。この[クイッククロス]を使うことで、調査結果の分析には必須となるクロス集計を、デスクトップ上で自由に何度でも行うことができます。

クイッククロスメニュー画面
クイッククロス
[クイッククロス]は、Microsoft Excel2000/2002(以下Excel)上でクロス集計や自由回答のリスト作成を簡単に行えるソフトウェアです。【AIRs】のMYリサーチページ(会員ページ)よりダウンロードして、ご利用のPC端末にインストールして利用します。リサーチ終了後、調査ごとに【AIRs】から生成される専用データファイルをダウンロードして[クイッククロス]に読み込むと、お手元のデスクトップ上で簡単にクロス集計や、データの加工、グラフの生成ができます。全てのデータはExcel形式で出力されますので、生成されたクロス集計表を編集や、調査レポートの作成にも便利です。

[クイッククロス] の主機能

  • ・クロス集計機能
  • ・GT(単純集計)表作成機能
  • ・グラフ作成機能
  • ・FA(自由回答)一覧リスト作成機能
  • ・データリストアップ
  • ・ローデータ出力
クロス集計実行画面

Web上でリアルタイムに質問間クロス集計が可能に

クロス集計イメージ

リサーチ途中で、主な傾向をつかみたい場合に、単純集計のリアルタイムに加え、WEB上でリアルタイムに質問間クロス集計を実行・結果表示することが可能になりました。3重クロス集計までのクロス集計が可能です。

リサーチ開始直後より、リサーチ途中でも、WEB上のMYリサーチページ(会員ページ)の「質問間クロス集計」メニューからリアルタイムにクロス集計を行うことが可能です。クロス集計の結果は、N%表、%表、N表から選択し、CSV形式でダウンロードすることができます。

集計結果の納品データファイルがさらに美しくバージョンアップ

質問タイプにより円グラフ、横棒グラフ、帯グラフとGTのグラフバリエーションが豊富になり、集計表も用途に応じて使い分けできるよう“N%表・N表・%表”3パターンご用意しました。各集計表・グラフへのINDEX機能のある「調査概要」シートも生成され、アウトプットがより向上しました。

WEB上のリアルタイム調査結果を外部の方と共有可能なID・パスワードの発行機能

新しい【AIRs】では、マクロミルネットリサーチ会員に登録しているお客さまが、外部の関係者の方と調査単位で調査結果を共有できるID・パスワードを発行することができます。このID・パスワードを結果共有したい方へメールなどで送付していただくと、WEB上のリアルタイム集計画面・結果データのダウンロードを外部の方と共有できます。結果データのダウンロードは、許可する/しないを選択することができます。

【2】矛盾回答・データ不整合を防ぐロジックチェック機能、入力チェック機能により、リサーチ精度がさらに向上

新しい【AIRs】では、「同時選択禁止」、「排他矛盾チェック」、「つけ戻し機能」などのロジックチェック機能や入力チェック機能により、回答者の矛盾回答やデータ不整合を防ぎ、より正しいリサーチ結果を提供します。 従来は、調査終了後に集計処理の中で回答矛盾・不整合のクリーニングを行っていました。しかし、【AIRs】では調査開始前にロジックチェック機能を設定することで、矛盾・不整合を自動で処理します。このため、リアルタイム集計でも正しい結果を提供し、調査結果の納品もスピーディーに行うことができます。

<主なロジックチェック機能>

●同時選択禁止機能

例えば、Q1で「持っているデジタル商品」を聞き、Q2で「持っていないデジタル商品」を聞いた時にある回答者が両方「デジタルカメラ」を回答していると矛盾していることになります。このような場合は、回答者に矛盾を指摘し、再度見直して回答してもらえるようその場でエラーを表示します。

●排他矛盾チェック機能

複数回答の場合に「上記のどれもあてはまらない」など、他の選択肢を否定する選択肢(排他選択肢)と、他の選択肢が同時に選ばれていると、回答が矛盾することになります。排他選択肢と他の選択肢を同時に選べないようにします。

●つけ戻し機能

例えば、Q2「利用している銀行」で「A銀行」を回答しているのに、Q1で「知っている銀行」で「A銀行」が回答されていない場合、そのまま集計してしまうと調査結果に不整合が発生します。このような場合は、Q2「利用している銀行」で回答されているのにQ1「知っている銀行」で回答されていない同じ選択肢がある場合には、Q1にも回答しているとみなし、集計処理を行い、調査結果の不整合を防ぎます。

【3】モニタの品質を向上させる「登録情報強制更新機能」

調査モニタとして会員を抱えるネットリサーチサービスでは、モニタの品質の指標のひとつとしてモニタの登録情報の更新の頻度などが重要視されています。新しい【AIRs】では、調査の回答に参加する全てのモニタ会員に対し、指定の期間中必ず登録情報を更新しなくては回答に参加できない機能「モニタ登録情報強制更新」を実装しています。指定期間中に、モニタ会員が会員ページにログインしようとすると、必ず登録情報の更新を経なければ会員ページへアクセスできないため、登録情報を更新していないモニタは回答に参加できません。また、登録情報を変更しなければ過去に回答謝礼として貯めてきたポイントが失効してしまうため、ほぼ全ての有効モニタがこの期間に登録情報を更新するシステムとなっています。これまで、モニタの登録情報の更新は、属性が変わる春を中心にキャンペーンとしてモニタへ依頼し、実施してきました。今後は、システムの機能を利用し、全モニタ会員に定期的な登録情報更新を義務付けてまいります。

【4】システム基盤の増強・セキュリティ強化

サーバシステムを増強し、高負荷に耐えられる体制を構築しました。セキュリティも強化を図り、(全会員ページ128bit SSL 暗号化通信対応)、お客さまに安全で信頼性の高いサービスを提供します。

※1 ネットリサーチシステム【AIRs】(Automatic Internet Research System:エアーズ)について 【AIRs】とは、マクロミルが独自に開発した「Automatic Internet Research System(自動インターネットリサーチシステム)」の略称です。WEB上で調査票作成⇒リサーチターゲットやリサーチ期間などの条件設定⇒申し込み⇒リサーチ開始⇒回答対象者抽出・抽出したモニタ会員へメール依頼⇒回答のリアルタイム集計、納品用エクセル・CSV・グラフ表生成 までの一連のリサーチ工程をすべて自動で行うシステムを指しています。2003年5月にリリースされる新しいバージョンのシステムでは、さらに、リサーチ終了後、会員ユーザが手元のPC上でクロス集計を自由に行える簡易集計ソフト[クイッククロス]を提供し、調査結果の集計加工までを可能にしています。2000年8月のシステムサービス開始から現在までに、約5,000件以上のリサーチを手がけてきました。

以  上

関連情報
2001年5月18日独自開発のインターネット自動リサーチシステム【AIRs】バージョンUP
2000年8月10日オンライン・マーケティング・サイト『macromill.com』OPEN!!
本件に関するお問い合わせ先
株式会社マクロミル 広報担当:西沢
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F 〒108-0075
TEL:03-6716-0707 FAX:03-6716-0701 E-mail:press@macromill.com