マクロミル入社前の経歴

2003年新卒でエンジニアとして入社後、脱サラし、一転アスリートへ転進。その後広告業界入社し、インフラエンジニアとして大規模広告システムのネットワークエンジニアとして従事。2016年マクロミル入社し、プロジェクトマネージャとしてサービス系大規模案件を担当。

ビジネスを支えるITインフラエンジニア&プロジェクトマネージャー

インフラプロジェクトマネージャー T・U

メインサービスであるリサーチシステムのネットワーク全体更改

入社後のプロジェクト

プロジェクトマネージャー兼システム構築、運用を担当、一言で言えば、いわゆるプレイングマネージャーをしています。

入社1ヶ月でプロジェクトマネージャを担当し、各プロダクトで共通して利用するインフラ統合システムをリリースまで対応しました。

その後もセキュリティファーストの志向の元、全システムをセキュリティ強化のためにリプレイスを実施するプロジェクトを推進してきました。

そして入社半年後には、マクロミルのメインサービスであるリサーチシステムのネットワーク全体更改という、マクロミル社内でもかなり大規模のプロジェクトをマネージャとして担当しました。

ビジネスの伸張に伴い、アンケート配信が圧迫されてしまうことが、予測されており、絶対に失敗の許されないプロジェクトでした。

マクロミルの9割のプロダクトが連携し、総勢50名以上のメンバーと渡り合い、ベンダーも5社以上が関わるビッグプロジェクトでした。

大きなプレッシャーに負けず、このプロジェクトを半年かけてドライブし、大勢の方の支援もあり、トラブルを1件も起こすことなく、無事リリースし、2倍以上のトラフィックを捌き、売り上げで四半期ギネスを達成することに貢献し、顧客やモニターにも安心してサービスを利用してもらうことに寄与しています。

挑戦できる環境がマクロミルにはある

マクロミルの環境

とにかく挑戦できる環境がこの会社にはあります。

インフラシステムの仕事はサービスの表舞台にたつことはあまりないのですが、マクロミルでは複数のプロダクトをまたにかけて、アプリケーションやサービス関係の方々と密接に関わりあうことができます。

このため、サービスに貢献できるインフラがここにあると思います。

サービス要件やアプリケーションにも携わっていくことは難しいこともありますが、このマクロミルのサービスに貢献して、自分自身を向上していける環境があるからこそ、どんなに逆境に打たれても前に進み続けられるのだと思っています。

インフラが、リサーチシステムのプラットフォームとして、マクロミルの未来に架ける橋を、アプリケーションやサービス関係の方々と二人三脚でわたっていける魅力であります。そしてプロジェクトマネージャーとして自分自身でドライブして挑戦していける環境がマクロミルにあると思います。

Memberメンバー紹介

エントリー

Contentsその他のコンテンツ

Project Reportプロジェクトレポート

キャリアパスCareer

キャリアパス一覧へ

技術環境/仕事をサポートする環境Environment

職場環境へ