アジアNo. 1のマーケティングリサーチ会社を目指すマクロミル

北京大学などアジア4カ国の上位大学の教授らの協力を得て、生活者の価値観、文化的背景を体系化

株式会社マクロミル
(コード番号:3978 東証一部)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下、当社)は、2019年9月に中国、タイ、ベトナム、インドネシアの4カ国で価値観調査を実施いたしました。本調査は、各国トップレベルの教授や研究者らの協力を得て、消費者調査だけでは読み解けない、各国の生活者の価値観やその文化的背景を体系的に整理した、これまでの調査とは一線を画すものです。

本調査は、「心理学」「社会学」「行動経済学」「マーケティング」などの様々な専門領域から選定した、北京大学(中国)、チュラロンコン大学(タイ)、ホーチミン市経済大学(ベトナム)、インドネシア大学(インドネシア)等、各国を代表する大学の教授、研究者らにインタビューを行い実施したもので、グローバルで有識者ネットワークを有する10EQS社(テンエックス)と協業し、実現に至りました。本調査の内容は、今後セミナー等を通じて、発信してまいります。

実施背景

これまで企業が海外展開を行う際、各国のマーケットデータや市場動向を把握するために、消費者調査を行うことはありましたが、生活者の価値観、歴史や文化的背景などを深く理解するための調査は、有識者ネットワーク構築におけるハードルやコスト面の問題から実施が難しく、表面的な理解に留まっていました。本調査で得られた各国の有識者視点での生活者の価値観分析により、数値の背景にある文化的文脈、これまでアプローチできていなかった情報を深めることができ、企業の海外展開に大きく貢献することが可能となります。

主な調査項目

  • 価値観の変化と影響を与える外的要因(政治・経済・技術・社会)
  • ライフステージと家族とのかかわり方の変化
  • 地域ごとの価値観の違い
  • 各国ごとの世代の定義と価値観変化
  • 世代と地域によって異なる購買傾向の違い

アジア圏の調査・マーケティングの基礎情報を確立するための第一歩としてスタートした本企画は、今後、アジア各国で調査を実施し、企業がグローバルマーケティングを行う上で必須となるマーケットインサイトや適切な調査手法・設計の一助となることを目指します。

アジア4カ国価値観調査 概要

調査時期
2019年9月
調査実施国
中国・タイ・ベトナム・インドネシア
有識者
  • 北京大学 社会心理学教授/Dr. Siqing Peng(中国)
  • チュラロンコン大学 文化人類学部助教授(タイ)
  • ホーチミン市経済大学学長・行動経済学、Banking Faculty/Dr. TRUONG Quang-Thong(ベトナム)
  • Asian Soicety of Management and Behavioural Studies・エグゼクティブボードメンバー/Dr.Hetty Karunia Tunjungsari(インドネシア)
ほか、全16名
調査方法
消費者分析経験の豊富な戦略系コンサルタントをプロジェクトマネージャーとしてアサインし、各国でトップスクールおよび研究機関の学識者とのインタビューセッションを実施。各国横断での分析フレームワークに基づきインサイトレポートを作成
企画・監修
株式会社マクロミル 海外事業開発ディレクター マクロミルチャイナ 董事
北島尚(きたじま・ひさし)
協力
10EQS社
プロジェクトディレクター/Raphael Hegeler
リードコンサルタント/Aruna Pavithran

10EQS社について

10EQSは、独立した一流のコンサルタントと業界の専門家・有識者の力を組み合わせて、クライアント企業が世界中で成長を促進し、パフォーマンスを向上できるよう支援します。 10EQSは、ニューヨーク、ロンドン、ミュンヘン、シンガポール、およびメルボルン拠点を構え、世界中の企業およびプロフェッショナルサービスのクライアントにサービスを提供しています。

会社概要

代表者
CEO Jeff Carbeck
本 社
500 7th Ave, 8th Floor, New York, NY 10018, USA
事業内容
エキスパートリサーチ、ビジネスコンサルティング
URL
https://www.10eqs.com

以 上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マクロミル コミュニケーションデザイン本部:有吉、度会
TEL:03-6716-0707 お問い合わせ