“広告効果測定”に特化したオリジナルダッシュボード、『millBoard(ミルボード)』提供開始

マーケティングデータを統合管理、Web広告施策の計画・運用の「高速PDCA」の実現をサポート!
  • 株式会社マクロミル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下、当社)は、広告効果測定に特化したオリジナルのダッシュボード『millBoard(ミルボード)』の提供を、2018年6月11日より開始しました。

『millBoard』は、独自の機能として、(1)Web広告の出稿直後から、広告のリーチ状況を確認できる(2)広告の認知率や、対象商品・サービスの認知率、購買意向等の「意識調査結果」を自動で反映、確認できる の2つを備えています。

millBoardイメージ1

※『millBoard』イメージ

画像を大きなサイズでみる

※前のページへ戻るには、ウィンドウの画像が表示されていない部分をクリックするか、閉じるボタンを押してください

本サービスは、特に、「ブランディング」を目的としたWebプロモーションを実施している企業に役立つ機能が充実しています。当社の抱える約90万人のCookieパネルをベースとし、当社で保持しているモニターの「基本属性情報(性別・年代・職業等)」と「広告接触ログ情報」を掛け合わせることで、Web広告の出稿直後から、リアルタイムで広告のリーチ状況を把握することが可能となります(リーチレポート)。

また、ブランディング広告の結果指標となる、「ブランド認知率」「ブランド好意度」「ブランド購入意向」等は、Web上の行動からでは判別ができず意識調査を行うことが必要となりますが、これまではこういった意識調査結果を自動で取り込むダッシュボードはあまり存在していませんでした。『millBoard』ではこのような意識調査結果を、API連携等を用いずに自動でダッシュボード上に反映させることが可能です。これにより、広告リーチ状況と併せた広告効果の確認が容易になります。広告接触者と非接触者における、ブランド態度変容効果の比較も可能です(ブランドリフトレポート)。

『millBoard』では、これらの独自機能により、昨今Webプロモーションに携わるマーケティング担当者から求められている「高速PDCA」をより“速く”、“正確に”実行することが可能となり、スピーディな広告投資の最適化が図れ、統合的でより費用対効果の高い広告プランニングを実現することができます。

サービス開発の背景

日本のWeb広告費は年々増加し、2016年には1兆円を超えています。そのような中、Web広告に求められる役割は徐々に変化し、購買等の行動喚起を目的とした広告だけではなく、認知向上やブランディングを目的とした広告が増加してきています。Web広告の効果測定においても、これまでのパフォーマンス指標(CPA、CTR、CVRなど)だけではなく、ブランディング指標(認知、好意度、NPSなど)を取り入れる企業が多くなってきており、Webプロモーション等のデジタル施策の最適化を図るための、統合的なプランニングがよりいっそう求められてきています。

当社では、デジタルマーケティングリサーチサービス『AccessMill』を用いて、年間約2,000件のWebプロモーション・Web広告施策の効果測定を実施しています。その中で、多くのお客様より、デジタル施策の結果を一元的に管理したいというご要望を受け、広告リーチ状況と意識調査等のリサーチデータ、および、各種マーケティングデータを一元管理し、指標をリアルタイムで確認できる、広告効果測定に特化したダッシュボードを開発しました。

millBoardイメージ2

※『millBoard』イメージ

画像を大きなサイズでみる
millBoardイメージ2

※前のページへ戻るには、ウィンドウの画像が表示されていない部分をクリックするか、閉じるボタンを押してください

millBoardイメージ3

※『millBoard』イメージ

画像を大きなサイズでみる
millBoardイメージ3

※前のページへ戻るには、ウィンドウの画像が表示されていない部分をクリックするか、閉じるボタンを押してください

新サービスの概要

サービス名
millBoard(ミルボード)
内容
リサーチデータなどの各種データの蓄積とマーケティングデータを統合管理するダッシュボードサービス
提供開始日
2018年6月11日 ※価格等、詳細についてはお問い合わせください。
提供機能
  1. リサーチデータ(意識調査結果)の蓄積

    定点調査や広告効果測定調査の結果を一元管理できます。
  2. 調査対象者の基本属性によるフィルタリング(絞込み)

    マクロミルが保有するモニターの基本属性で絞り込んで、結果を閲覧することが可能です。
  3. 詳細データ・グラフのダウンロード

    ダッシュボード上で表示されるグラフ画像や、詳細データ(エクセルファイル)のダウンロードが可能です。レポーティング等にもお使いいただけます。

『millBoard』の特徴

  1. リーチレポート

    Web広告接触ログ情報と、当社の保有するモニター(調査対象者)の基本属性データを紐づけることで、Web広告のリーチの状況(どれくらいにリーチしているか/またそれは誰にリーチしているのか)をリアルタイム(日次累積)で把握することが可能です。リーチ状況は、Web広告の出稿直後からご確認いただけます。
  2. ブランドリフトレポート

    Web広告接触ログ情報と、ブランド認知調査等の意識調査データを紐づけることで、広告キャンペーンの接触者/非接触者間でのブランドリフトを確認することができます。
  3. プロファイルレポート(オウンドメディア向け)

    当社の保有するCookieパネルデータとTaggingの仕組みを用いることで、オウンドメディア来訪者の属性を精度高く、継続的にトラッキングすることが可能となり、より精緻なマーケティング施策の立案が可能となります。

マクロミルは、今後も事業を通じ、革新的なサービスでビジネス領域全体にイノベーションを拡げ、誰もがマーケティングサービスを利用できる社会の実現を目指します。  

以 上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

デジタルマーケティング事業本部 西條、渡辺
TEL:03-6716-0787 E-mail:support_mb@macromill.com

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

コミュニケーションデザイン本部 吉村、森田
TEL:03-6716-0707 E-mail:press@macromill.com