データ活用コンサルティングサービス『MAG(マグ)』のサービスサイトをオープン
~企業が抱えるマーケティングのあらゆるフェーズの悩みに対してサポートが可能に~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下、当社)は、データ活用コンサルティングサービス『MAG(マグ/Market data Analytics Guide)』を2月より提供を開始し、サービスサイトを本日オープンしました。MAGは、データ活用の要件定義をはじめ、データ選定、データ蓄積用の環境構築、データ分析など、企業のマーケティングにおけるデータ活用をワンストップでサポートします。また、企業が求める支援内容に応じ、部分的なサポートも可能です。

MAGメインビジュアル 画像を大きなサイズでみる
MAGメインビジュアル

※前のページへ戻るには、ウィンドウの画像が表示されていない部分をクリックするか、閉じるボタンを押してください

サービスページURL
https://www.mag-macromill.com/

MAGについて

1. サービス誕生の背景

テクノロジーの進化によって多種多様なデータがリアルタイムで取得できるようになり、データ活用戦略策定の難易度が高まっています。マーケッターは、マーケティングに用いるデータの選択や整備、データ分析、またインフラ基盤の環境構築、各種アナリティクスソフト・BIツールなど、多種多様な知識やスキルが求められるようになりました。また、このような知識やスキルをもって統括的にデータ活用戦略を策定できる人材の確保に、企業側が課題を抱えるといったことも多いようです。

また、当社のお客様からも、「リサーチデータのみならず、自社が保有する様々な消費者データ、集積されるログデータ等の取り扱いも検討したい」といったご相談をいただく機会が増加しており、データの統合的な活用へのニーズは高まりをみせています。

企業・マーケッターが抱えるこれらの課題やニーズに応えるべく、当社は、組織改編を実施し社内の専門人材を集約することでサービス化を実現しました。MAGは、お客様の希望されるデータ活用支援に合わせ、要件定義から分析まで一気通貫のサポートも、部分的なサポートも可能です。

比較表 画像を大きなサイズでみる
比較表

※前のページへ戻るには、ウィンドウの画像が表示されていない部分をクリックするか、閉じるボタンを押してください

※2020年3月初旬現在、当社調べ

2. サービスの強み

当社はこれまで、あらゆる業界のアンケートデータやアクセスログデータ、購買データ等を扱ってマーケティングの意思決定を支援してまいりました。長きに渡り培った1st Partyデータの活用ノウハウを活かして、当社やお客様、外部ベンダーなどが保有する様々なデータを統合的に活用し、お客様のマーケティング活動をサポートします。

マクロミルだからできる、3つの提供価値

  1. データ活用のあらゆるフェーズに対応可能な人材(コンサルタント、プロジェクトマネジャー、データサイエンティスト、データベース・BIエンジニア、アナリストなど)がサポートします。
  2. 目的・用途・予算に応じた、最適なプライベートDMPの環境構築をご提案します。
  3. アンケートデータやアクセスログデータ、購買データといった、最大100万人規模の様々な2nd Partyデータを“人”に紐づけることで、深い顧客理解が可能です。

当サービスは今後も、デジタルテクノロジーの急速な進化に対応し、取り扱うデータの種類の拡大や、データ活用に必要となる専門人材の拡充、当社が保有するあらゆるデータソースを用いた簡易DMPパッケージの構築・拡販などに取り組んでまいります。そして、当サービスを活用した自主調査結果の公表などを通じ、社会にも貢献してまいります。

以 上