地域活性学会 第9回研究大会に、弊社リサーチソリューション本部の数納祥平が登壇いたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域活性学会は、地域活性化の理論や方法論の構築、専門人材の育成、地域政策への反映などを目的とした学会で、年に1度大規模な研究発表会が開催されています。今年は弊社数納の研究が学会発表の1つに採択され、研究成果を発表いたしました。

イベント名 地域活性学会 第9回研究大会
主催 地域活性学会 事務局
日程 2017年9月1日(金)~3日(日)
場所 島根県立大学 浜田キャンパス
講演タイトル ロシア市場における「青森県産食品」の受容性分析 ─ヨーロッパロシアと極東ロシアの差異─
スピーカー 株式会社マクロミル
リサーチソリューション本部
数納祥平(すのう・しょうへい)
学会の詳細 https://www.hosei-web.jp/chiiki/

以 上