CHRO MESSAGE

最高人事責任者メッセージ

それぞれが自分の可能性に挑戦できる
環境をつくる

執行役副社長 グローバルCHRO 岡 慎一郎

エキスパートとリーダーシップを持った人材が
マクロミルを強くする

マクロミルは2000年の創業開始から現在に至るまで、成長し続けている会社です。現状に満足せず、さらなる成長を加速させるためには、強い組織作りが欠かせません。凹凸のない平均点のメンバーをたくさん集めることも組織を拡大するうえでは必要かもしれませんが、マクロミルは違います。何でもいい。何かひとつ、“これだけは誰にも負けない”という専門性をもったエキスパートが集まる組織にしていくこと。そして、そのような人材のパフォーマンスを引き上げ、組織として発揮できる価値を最大化していけるリーダーシップを持った人材を必要としています。

可能性に挑戦できる環境がマクロミルにはある

私自身も若い頃は目の前にある仕事の上辺だけを見て「これを続けて本当に成長できるのだろうか?」と漠然と不安になることがありました。その当時は分かりませんでしたが、今振り返ってみると、その日々の積み重ねがあったからこそ大きなことを成し遂げられ、自分が大きく成長できたのだということを実感しています。
ただ、自分自身でその不安を拭うことは難しいことです。
マクロミルにはお互いの良い所を称え合う文化があり、切磋琢磨していける仲間がいます。
そして、ビジネスの成長と共に一人一人の活躍の場が日本国内だけではなくグローバルにも広がっています。

今、「自分に何が出来るか」という視点で制限をつけてしまうのではなく、「やりたい」という気持ちを大事にして欲しい。そして、その「やりたい」という気持ちに応え続けられる環境づくりをマクロミルは大切にしています。

皆さんのチャレンジを心よりお待ちしております。