MEMBER 06

入社前に想像していた以上に、
大きく成長している自分がいる。

2011年 中途入社
グローバルリサーチ部 企画 M.H

私を大きく変えた、
グローバルへの予期せぬ異動

新卒で入社したアパレルメーカーでは、今後のキャリアに限界を感じ、3年経つ頃にはもっと成長したいと転職を決意。
大学時代に専攻していたマーケティングに関われることと、若いうちから大きな裁量が与えられる社風に魅力を感じたことが、マクロミルへの入社の決め手となった。
入社前に感じた印象の通り、一人一人がスキルアップすることで会社全体の質を向上させるという風土があり、自身のスキルアップの後押しとなった。
入社1年後にはグローバルリサーチ部へ異動となるが、「今自分に何ができるのか」を考えるきっかけとなり、それが後の大きな成長へと繋がることに。

背伸びしてチャレンジしたことで
見えなかった新たな自分の可能性に気付けた

異動直後のグローバルリサーチ部では、海外専用のリサーチシステムの内製化を検討していた。リサーチディレクション部での経験を活かせるチャンスととらえ「Global-AIRsの第一人者になる」と自ら手を挙げチャレンジ。
新たな仕組みを導入し組織に定着させることの難しさを経験しながら、同時に自信も得ることが出来た。
この経験をきっかけに、海外パネルの調達方法をオランダのMetrix Lab方式へと変更するプロジェクトにも参加。自身の力不足を感じながらも周囲に支えられ、気づけば億単位のコスト削減に成功。活躍のフィールドが一気に広がった。様々なチャンスを与えてくれた上司達に感謝している。
現在は企画という立場で組織全体に関わりながら、部長のもとで経営視点での貴重な経験ができている。
今後も会社の変革を牽引していけるような存在を目指し、さらなる挑戦を続けていきたい。

MEMBER