Macromill新卒採用2020

Business事業内容

DIGITAL MARKETING
デジタルマーケティング

Outline

業界最大級を誇る調査パネルの
オンライン行動データを軸に、多彩なサービスを提供。

国内最大規模を誇るCookieモニタ※90万人のログデータをベースにしたサービスを展開しています。実際に広告に接触した方やサイトに訪問した方にアンケートを実施することで、従来のWeb効果指標(Click,CV)だけでなく、エンゲージメント指標(認知、利用意向)の評価データの取得を可能にしています。
また、この仕組みを用いることでオンライン広告×テレビ広告の組み合わせといったように、複数にわたる広告媒体においても、横串で複合的に測定することができる点がマクロミルのデジタルソリューションの独自の強みとなっています。

※Cookie情報を取得した、アンケート専用モニター
国内最大規模を誇るCookieモニタ

Interview

デジタル領域は日々進化を遂げている。
だからこそ自分の提案がスタンダードになる。

新卒4年目 デジタルマーケティング事業部 S.Y

デジタルマーケティング事業部は※AccessMillというサービスの提案をコアとして、クライアントのデジタル領域にまつわる様々な課題を解決する為に2014年に設立されました。私はそこで営業として消費財メーカー様や広告代理店様を中心に担当しております。

私が印象に残っている案件は、とあるお菓子メーカー様から頂いたご相談です。ご担当者様は『より効率の良い広告の出稿を行いたい』というお考えをお持ちであり、その実現の為にマクロミルが持つ技術とノウハウを用いてご提案を差し上げました。具体的には、調査対象となる消費者のテレビの視聴データやWEB上の行動データ、日常生活における購買データの3つを追跡することにより、『広告によってどれだけ購買行動に影響を及ぼすことができたか』を可視化致しました。さらに『広告に接触した集団』『広告に接触しなかった集団』にそれぞれアンケートを用いた意識調査を行うことで、行動を追うだけでは見ることのできない『消費者の感情の動き』までを計測するに至りました。結果として今回の調査結果が今後の広告出稿における基準となるデータとして用いられることになり、クライアントにとって大きな意思決定をお手伝いすることができたという意味で非常に印象に残っています。

デジタル領域は日々進化を遂げていると同時に、デジタルマーケティング事業部 S.Yまだまだ世の中での「当たり前」をつくる余白が数多に存在する領域です。故に、自分自身の提案がマクロミルやクライアントにとって新たなスタンダードになる可能性を秘めていて、それが日々の仕事のやりがいであり、今向き合っている仕事の面白いところですね。

Future

更なる可能性

変化の激しいデジタル化の波の中、あらゆるビジネスにおいてマクロミルのデジタルソリューションの需要は更に高まっていきます。直近においては、位置情報やソーシャルデータ、アプリログなど、新たなデータソースの取得に加えそれらの活用を統合的に提案するデジタルコンサルティンググループの発足など、マクロミルはデジタル領域への更なる投資を続けています。

企業にとっての頼れるマーケティングパートナーであり続けるために。
マクロミルは常にマーケティングの最先端を走り続けます。

マーケティングリサーチ企業 グローバルシェア