マクロミル × インモビジャパン 共同調査旅行・レジャーにおけるスマートフォン利用調査Publicity open research results

2012年04月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 旅行中はFacebookやmixi等「SNSへの投稿が増える」52%。"つぶやき"も45%が活発に
  • スマホ利用による旅行・レジャーの変化、「長時間移動の暇つぶし」88%、
    「渋滞のイライラが減った」60%。ネットサイトの利用も、74%が旅行先で「増える」
  • 旅行・レジャーでのスマホの約8割が"カメラ"で最多。
    "観光""グルメ""宿泊情報"の収集6割。"カーナビ"として約3割。

インターネットを活用した市場調査サービス「ネットリサーチ」のリーディングカンパニーである株式会社マクロミルと、世界最大級のモバイル広告ネットワーク「InMobi(インモビ)」を展開するInMobi Pte. Ltd.(本社:シンガポール)の日本法人インモビジャパン株式会社は、「旅行・レジャーにおけるスマートフォン利用調査」を、共同で実施しました。

調査期間は2012年4月4日~同月16日。インモビがもつモバイル広告ネットワークを利用し、国内のスマートフォン(以下、スマホ)ユーザーを対象とし、500人から有効回答を得ました。

調査概要

調査方法 : 全国のスマートフォンユーザーを対象とした公開型調査。
スマートフォンのアプリ内に表示されたバナーをクリックして、アンケート画面を表示して回答してもらいました。

調査地域 : 全国

調査対象 : スマートフォンユーザー

有効回答数 :

合計
500サンプル
  10代 20代 30代 40代 50代以上 小計
男性 29s 34s 21s 22s 18s 124s
女性 117s 174s 55s 24s 6s 376s

調査日時 : 2012年4月4日(水)~4月16日(月)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

旅行中はFacebookやmixi等「SNSへの投稿が増える」 52%。"つぶやき"も45%が活発に

スマホを介してTwitter、Facebook、mixiなどSNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用するかを尋ねたところ、利用者は77%となりました。さらに、利用者を対象とした調査の結果、「旅行中はFacebookやmixi等SNSへの投稿が増える」と回答した人は52%、「旅行中はTwitterで『つぶやく』頻度が増える」と回答した人は45%となりました。SNS利用者のうち約半数は、旅行・レジャーの最中、より多く投稿・つぶやきを行うことが分かります。

また、「旅行体験(写真、感想)をSNS内に書き溜めたい」と回答した人が71%、「SNSで自分の旅行体験を家族や友人に共有したい」と回答した人は64%にのぼり、普段以上に"SNSを利用したい"というマインドの高まりを確認することができます。

自由回答/一部抜粋

  • ・SNSでリアルタイムで感動を共有することが多くなった。(男性40代)
  • ・ふらりと一人旅にいって写真をアップしたり。
    一人の気楽さと誰かと旅を共有できる楽しさが両方手軽に楽しめます!(女性20代)
  • ・新婚旅行の状況を結婚式に出席してくれた友達にレポート。(男性30代)
  • ・友人が近くにきていることがわかり何十年ぶりかで再会した。(男性50代)
  • ・桜の時期だったので写真をたくさんスマホで撮り、ブログやTwitterにアップしました。(女性10代)

旅行・レジャーでのSNSの利用<SNS利用者 n=388>

Q.旅行・レジャーでの、スマホでのSNSの利用についてお答えください。

スマホ利用による旅行・レジャーの変化、「長時間移動の暇つぶし」 88%、「渋滞のイライラが減った」 60%。
ネットサイトの利用も、74%が旅行先で「増える」

スマホを使い始めて旅行・レジャーにおいて変化があったか尋ねたところ、「長時間移動の暇つぶしになる」と回答した人は88%にのぼりました。また、渋滞情報を調べ事前に回避するなどして「渋滞のイライラが減った」と回答した人は60%を記録。従来、目的地に着くまでの移動はイライラや退屈をともなう時間でしたが、スマホを利用することにより、その実態が大きく変わったことが分かります。

また、「旅行中はスマホを介したネットサイトの利用が増える」と回答した人は74%となりました。現地の観光・グルメ情報や地図・ナビサイトの活用まで、スマホを介してインターネット上のさまざまな情報にアクセスをしていることがうかがえます。

自由回答/一部抜粋

  • ・車で出掛けるときは、駐車場情報や渋滞情報などを検索するのによく利用します。(女性30代)
  • ・バスツアーで渋滞に巻き込まれた時、Twitterで探して原因がわかりイライラしなくてすんだ。(男性60代)
  • ・移動時間になどにゲームを楽しんだり、写真や動画を撮る。やりたいことリストをつくったり、目的地までの地図などを見る。何にどれくらいのお金を使ったか、記録する。(女性20代)
  • ・行きたいお店へのルート案内をよく活用しています。知らない土地で道に迷う事が多いのですが、そんな時にルート案内を使うとスムーズにお店までたどり着けて、これまでよりも時間が短縮されたと思います。(女性20代)
  • ・東京に遊びに行った時に地下鉄の駅や路線をスマホで簡単に割り出す事が出来て迷わずに済んだ。そして機内モードにすれば飛行機内でも保存している動画や音楽が楽しむ事が出来るので、スマホにしてから機内で退屈をすることがなくなった。(女性20代)
  • ・旅行先で飲食店に入った際に、スマホでその店のクーポンを検索して使用した。(女性20代)

スマートフォンを使い始めて、旅行・レジャーに関する意識

旅行・レジャーでのスマホの約8割が"カメラ"で最多。"観光""グルメ""宿泊情報"の収集6割。"カーナビ"として約3割

旅行でのスマホ利用を用途別に尋ねたところ、「写真撮影・加工する」と回答した人が78%。次いで、「観光情報の収集」62%、「グルメ情報の収集」60%、「宿泊施設の情報収集」57%となりました_図5。「動画を撮る」と回答した35%の人と合わせて、大多数の人が、"カメラ"としてスマホを利用していることが分かります。また、カメラとしての用途を除くと、旅行先でのさまざま情報収集を目的として、スマホが活用されていることもうかがえます。

世代別統計では、写真・動画の撮影や、音楽・ラジオの聴取、動画サイト視聴やゲーム利用など、エンターテインメントとしての利用において、いずれも10代がトップとなりました。特にカメラ機能、およびSNSの利用では、いずれも10代、20代の若年層の利用が顕著となり、"旅行先でスナップ写真を撮り、すぐにSNSへ投稿する"といったスマホの活用スタイルが拡大していることを示唆しています。
一方、「渋滞など交通情報の収集」、「ガイドなど旅行アプリを使う」と回答したのは、40代以上が世代別でトップとなり、シニア層ではより実用的な利用用途が目立つ結果となりました。

自由回答/一部抜粋

  • ・動画を撮れて、旅行から帰った後も、楽しむ事ができて、楽しみ方が増えた。(女性20代)
  • ・花見でトイレの場所を教えてくれるアプリがあって便利だった。(女性20代)
  • ・グアムに行った時も旅行前に行きたいところ、食べたいお店をGoogle マップに登録しておき大変便利でした。イルカウォッチングで海に出た時もマップで島のどの辺なのか分かって良かった。(男性40代)
  • ・雑貨屋さんが大好きです。家族で旅行中も、スマートフォン片手にで雑貨屋巡り。楽しい旅行がもっと充実し、思い出と新しい出会いが増えました。(女性30代)
  • ・知らない土地で行きたい施設の地図検索を音声で入力出来、その認識度もかなり正確!右だ左だ、真っ直ぐだ、目的地は正面だと色々丁寧だ!おかげで迷わず到着できるし手放せない♪(男性40代)
  • ・道がわからない時は必ずナビとして利用しています。ナビだとかなり活用出来ますし、何より、画面が大きいので見易いのが一番いいです。(女性20代)

旅行・レジャーでスマートフォンはどのように使うか?(複数可)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。

無題ドキュメント