2017年4月11日|Author : ジャスミン

2017年「母の日」調査。母・子の想いのギャップが明らかに

Tag : 母の日,母,母親,記念日,プレゼント,感謝

レポートをダウンロードする
  • ブックマーク
  • ツイート
2017年「母の日」調査。母・子の想いのギャップが明らかに

2017年5月14日(日)は「母の日」。毎年、花屋やプレゼント売り場が「母の日」用のギフトでにぎわいますが、母親たちは実際のところ、子どもに何をされたいと思っているのでしょうか。また、子どもたちの今年の「母の日」の計画は?全国20-60代1,000名に調査してみました。

TOPICS

  • 2017年「母の日」計画、「プレゼントを贈りたい」56%がダントツ
    • プレゼント内容は、1位「花束」40%、2位「お菓子・スイーツ」35%、3位「服」12%
    • 平均予算は、3,634円
  • 母・子の想いには開きが!?母が欲しいのは「プレゼント」よりも「感謝の言葉」
    • 母の39%は「子どもから何かされたい」、81%が「子どもが何かしてくれたら嬉しい」
    • 母が子にしてもらいたいこと、1位「感謝の言葉」、2位「一緒に過ごしたい」、3位「家事の手伝い」
  • 何もしない理由は「今まで何もしてこなかったから」49%。「結婚」は見直すきっかけ?
    • 昨年の母の日に「何もしなかった」人は24%。理由の1位は「今まで何もしてこなかったから
    • 「母の日」アクションのきっかけは、「結婚」と「就職」?既婚者の半数は毎年母の日に何かを実施

2017年「母の日」計画、ダントツ1位は、「プレゼントを贈りたい」

今年の「母の日」に自分の母親に対して何かしたいと思っているかを尋ねたところ、「プレゼントを贈りたい」がダントツで56%にのぼりました。何をプレゼントしたいかを尋ねると、1位「花束」40%、2位「お菓子・スイーツ」35%、3位「服」12%でした。

2017年「母の日」にプレゼントしたいもの

2017年「母の日」にプレゼントしたいもの ベース:「母の日」にプレゼントを贈りたいと考えている人/n=437

また、今年の母の日に何かをしたいと考えている564名に、かけてもいい予算を尋ねると、3,000円~5,000円未満と答える人が最も多く、平均予算は3,634円でした。

2017年「母の日」の平均予算

2017年「母の日」の平均予算 ベース:今年の「母の日」に自分の母親に何かしたいと考えている人/n=564

母・子の想いには開きが!?母が欲しいのは「プレゼント」よりも「感謝の言葉」

調査対象者1,000名のうち、子どもがいる女性295名に「母の日」について尋ねました。

「母の日に、子どもから何かされたい」という気持ちを持つ母は、39%でした。また、期待はせずとも、「今年の母の日に子どもが何かをしてくれたら嬉しい」と回答した母は、81%にのぼりました。「母の日」に子どもに何をしてほしいかを尋ねると、1位「感謝の言葉を伝えてほしい」30%、2位「一緒に過ごしたい」27%、3位「家事を代わったり手伝ったりしてほしい」14%という結果でした。母は、会話や一緒に過ごすなど、“モノ”より“コト”を望む傾向があるといえそうです。

一方、子ども側の回答を見ると、母の想いとは開きがある様子が見えてきました。母の日に何をしたいか尋ねると、ダントツの1位は「プレゼントを贈りたい」で半数以上が回答。また、2位は「何もするつもりはない」26%でした。

「母の日」に対する母の気持ち

「母の日」に対する母の気持ち ベース:子どもがいる女性 / n=295

「母の日」に子どもにしてほしいこと

「母の日」に子どもにしてほしいこと ベース:子どもがいる女性 / n=295

今年の「母の日」に自分の母親にしたいこと

今年の「母の日」に自分の母親にしたいことベース:母がいる(離別・死別などしていない)人 / n=757

何もしない理由は、「今まで何もしてこなかったから」49%。「結婚」は見直すきっかけ?

去年の母の日に「何もしていない」人に、その理由を尋ねたところ、「今まで何もしてこなかったから」が圧倒的に多く、49%と約半分が該当しました。どうやら、惰性で何もしていないという人が多そうです。

去年の「母の日」に何もしなかった理由

去年の「母の日」に何もしなかった理由 ベース:去年の母の日に、自分の母親に何もしなかった人 / n=238

一方で、人生の節目毎に「母の日」の状況を尋ねたところ、「毎年母の日に何かをしてきた」割合は、学生時代は17~21%程度であるのに対し、「就職後」は35%に、「結婚後」は52%に跳ね上がります。特に「結婚」は、「母の日」の自分の行動を見直すきっかけになるのかもしれません。

人生の節目毎の「母の日」の状況

人生の節目毎の「母の日」の状況 ベース:全体 / n=1,000

「母の日」に母に伝えたいメッセージ

自分の母親に、「母の日」に送りたいメッセージを自由回答で尋ねたところ、様々なメッセージが集まりました。一部抜粋してご紹介します 。

  • いつもありがとう。母ちゃんの子で本当に幸せ、それが自分の誇りです。(20歳、男性)
  • お母さん、こんな私を産んでくれてありがとうございます。時につらいこと大変なことがあったけど、いつも私をかばってくれ助けてくれて嬉しかったよ。大好きなお母さん、いつでも相談に乗ってください。(28歳、女性)
  • 今年子供を産んで本当に思いました。私を産んでくれてありがとう。(33歳、女性)
  • シンプルに、いつもありがとう、ですかね。照れくさくて、そのくらいしか言えないと思います。(34歳、男性)
  • 母の日はわたしがお母さんの子供だと再確認できる日でもあるので、本当にお母さんでいてくれてありがとう。(35歳、女性)
  • いつもありがとう。お母さんのような母親になることが理想です。いつまでも元気でいてね。(43歳、女性)
  • 「いつもありがとう」当たり前の言葉だが、家族みんなお母さんに感謝していることを伝えたいです。(48歳、男性)
  • おかあさん、元気な時に言えなかったけど、生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。私もおばあさんになりましたよ。(57歳、女性)
  • 若くして、他界するとは思っていなかった。普段の生活でもっともっと手伝いや労いの言葉をかけておけば良かった。最後まで家族の為にありがとうございます。(61歳、女性)

他にもこんな調査結果あります!

掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。

その他の項目

  • 両親への感謝の気持ちを表すために大切にしている記念日
  • 去年(2016年)の母の日に、「自分の母」「義母」「妻」に対して行ったこと/何もしなかった理由
  • 今年(2017年)の母の日に、「自分の母」「義母」「妻」に対して行いたいこと/プレゼントしたいもの/かけてもいい予算
  • 人生で一番最初の母の日のプレゼント内容  …など
レポートをダウンロードする

調査概要

調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~69歳の男女(マクロミルモニタ)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代×地域の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2017年4月4日(火)~5日(水)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

  • ブックマーク
  • ツイート

PAGE TOP