鳴門海峡の渦潮 徳島県鳴門市

世界三大潮流を見せたかった…見せたかった…。

鳴門海峡の渦潮は、イタリアのメッシーナ海峡、カナダのセイモア海峡と並んで「世界三大潮流」のひとつと言われており、日本百景にも選ばれています。

この渦潮は常時ぐるぐると渦巻いているわけではなく、1日のうちわずか数時間、満潮と干潮の前後の時間帯にのみ見られる自然現象です。地球と月の引力により発生する潮の干満と独特な地形が影響してできる渦潮は、自然のパワーがみなぎるスポットなのです!

鳴門海峡の渦潮 徳島県鳴門市

世界三大潮流を見せたかった…見せたかった…。

KANA ASANO
浅野佳奈
コンベンショナル

コンベンショナル部門の浅野です。
定性調査の運用を担当しています。
パワースポットというと、神社や仏閣を思い浮かべる方も多いですが、
私は、パワーがみなぎる場所ということで、徳島県の鳴門にある
自然のパワーを感じられる「鳴門の渦潮」を
見に行ってきました。

鳴門海峡の渦潮は、イタリアのメッシーナ海峡、カナダのセイモア海峡と並んで「世界三大潮流」のひとつと言われており、日本百景にも選ばれています。

この渦潮は常時ぐるぐると渦巻いているわけではなく、1日のうちわずか数時間、満潮と干潮の前後の時間帯にのみ見られる自然現象です。地球と月の引力により発生する潮の干満と独特な地形が影響してできる渦潮は、自然のパワーがみなぎるスポットなのです!

夏かと錯覚するくらい気温&快晴で、心を弾ませながら家を出発!

と思いきや…霧がすごく、渦潮の観潮船はまさかの全て欠航です。 なんてこった、前が全く見えません。晴れていようがいまいが、関係なく霧はでるのですね、、、涙

しかし、観潮船乗り場のおじさんから耳寄り情報を入手!
鳴門大橋には車道の下に歩道があり、途中まで歩いて渡れるとのこと。がっかりしながらも向かってみることにしました。

こちらが橋から見た景色です。
移動している間に少し霧が晴れたみたいです。
渦潮が一年で最も大きくなるのは春で、ちょっと出遅れたため、静まってはいたものの、不思議な波形を観察することが出来ました!

そしてなんとか見れたのが、この渦潮!

写真ではなんともあれですが、実際に見るともう少し迫力がありましたよ(笑)

そしてなんとか見れたのが、この渦潮!

写真ではなんともあれですが、実際に見るともう少し迫力がありましたよ(笑)

ベストシーズンだと、こんなに大きな渦潮が出来るそうです!

ちなみに上のほうに映っているのが鳴門大橋で、四国と淡路島をつなぐ橋。 この橋の車道の下は線路にしようという計画もあったそうなのですが、淡路島自体に電車が走っていないので、今は歩道となり、観光スポット化しておりました。

歩道はこんな感じで歩道がところどころガラス張りになっていて、ちょっとしたスリルを味わえたりできるそうです。
※観潮船に乗れば、大きな渦潮のすぐ近くまで接近できます。

今回は残念でしたが、瀬戸内海の穏やで澄んだ青い海、それだけで十分パワーをもらえた気がします!

大迫力の自然のパワーとはいきませんでしたが、
癒しのパワーはたっぷりもらえました^^

それにしても霧がすごいですね・・・(^_^;)

それにしても霧がすごいですね・・・(^_^;)