弥山神社 奈良県吉野郡

百名山踏破を目標に、これが77座目

「弥山神社」は、日本随一のパワースポット「天河神社」の奥宮で、奈良県天川村にある大峰山脈の山「弥山(みせん)」にあります。
「高野」「吉野」「熊野」といったヤマト三大霊場の中心となる霊山です。
また、弥山はUFOの目撃情報が多く、天河神社の宮司さんも「弥山はUFOの発進基地」と話されるほど。なんだか不思議なパワーを感じますね。

弥山神社 奈良県吉野郡

百名山踏破を目標に、これが77座目

CHIHARU HIRAOKA
平岡千春
コンベンショナル

コンベンショナル部門の平岡です。オフライン調査を担当しています。
わたしは奈良県天川村の弥山山頂(1,895m)
にある 「天河神社」の奥宮「弥山神社」に
行ってきました。

「弥山神社」は、日本随一のパワースポット「天河神社」の奥宮で、奈良県天川村にある大峰山脈の山「弥山(みせん)」にあります。
「高野」「吉野」「熊野」といったヤマト三大霊場の中心となる霊山です。
また、弥山はUFOの目撃情報が多く、天河神社の宮司さんも「弥山はUFOの発進基地」と話されるほど。なんだか不思議なパワーを感じますね。

弥山神社へは「行者環トンネル」の西口から登るのが最短距離で一般的(それでも4時間!)なのですが、私は「和佐又山キャンプ場」から7時間かけて目指します。
出発は朝5時、ちょうど日の出の時間です。

小普賢岳を越え、大普賢岳を越え、七曜岳を越え、行者環岳を越え、大峯山脈をつらぬく修行の道「大峯奥駈道」を無心で歩くこと5時間。
「大峯奥駈道」は、世界遺産に登録された巡礼の道のひとつ。
奈良の吉野から和歌山県の熊野神社本宮まで、延々と100km以上にわたって続いています。

小普賢岳を越え、大普賢岳を越え、七曜岳を越え、行者環岳を越え、大峯山脈をつらぬく修行の道「大峯奥駈道」を無心で歩くこと5時間。
「大峯奥駈道」は、世界遺産に登録された巡礼の道のひとつ。
奈良の吉野から和歌山県の熊野神社本宮まで、延々と100km以上にわたって続いています。

ブナの原生林や弁天の森を越え、ゆるやかな尾根を歩いていくと、青銅で作られた行者像が現れました。
ここは「聖宝ノ宿跡(せいほうのやどあと)」と呼ばれ、ものすごいパワーに満ちていて、心も身体も透明になれるような澄み切った聖地。
大地のエネルギーがひしひしと身体に入り込んでくるのが感じられます。

行者像から1時間で弥山山頂に到着です。 ふくろうが気になります(笑)

行者像から1時間で弥山山頂に到着です。
ふくろうが気になります(笑)

まずはひとつめの鳥居。

招き猫

そしてふたつめの鳥居です。
一人で行ったので、なかなか自分の姿が写せません(泣)

そしてふたつめの鳥居です。
一人で行ったので、なかなか自分の姿が写せません(泣)

「弥山神社」に到着しました!
昭和天皇が皇太子時代に登頂された記念碑がありました。

「弥山神社」に到着しました!
昭和天皇が皇太子時代に登頂された記念碑がありました。

まわりはこんな景色です。絶景!

私はそこからさらに奥の「八経ヶ岳(1,915 m)」に登りました。
(八経ヶ岳は、近畿・中国両地方の最高峰です)
百名山踏破を目標に、これが77座目の登頂です!!