伊勢神宮 三重県伊勢市

これぞ!日本のパワースポットオブパワースポット

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しみを込めて呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。 神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神として崇敬を集める天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされています。 内宮、外宮をはじめ、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社があり、これら125の宮社全てを含めて神宮といいます。 神宮は、日本最強のパワースポットの1つと言われています。

伊勢神宮 三重県伊勢市

これぞ!日本のパワースポットオブパワースポット

TAKUYA KOMATSU
小松拓也
企画

企画部門の小松です。
Webマーケティングによるマクロミルモニタ募集が主な業務です。 かの、言わずと知れた日本3大神宮、
日本の神社で最も位が高いと言われる「伊勢神宮」に参拝して来ました!

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しみを込めて呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。 神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神として崇敬を集める天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされています。 内宮、外宮をはじめ、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社があり、これら125の宮社全てを含めて神宮といいます。 神宮は、日本最強のパワースポットの1つと言われています。

まずは「豊受大御神」を祀る「外宮」を回ります。
背の高い木々に玉砂利と厳かな雰囲気でゆったり歩けます。

衣食住、産業の守り神、そして豊穣の神様として崇敬されている女神様、豊受大御神を祀る正宮。
神聖過ぎて中の写真は撮れません。

衣食住、産業の守り神、そして豊穣の神様として崇敬されている女神様、豊受大御神を祀る正宮。
神聖過ぎて中の写真は撮れません。

正宮の真横に2013年に20年に1度の式年遷宮を行ったばかりの「古殿地」があります。
ちょっと前までそこにお宮が建っていたなんて。
これもまた神聖。

いよいよ「内宮」へ。
「外宮」からはちょっと離れているので車にて移動。
宇治橋を渡って、神聖な世界である内宮へ。
日常の世界と神域への架け橋でタイタニック!
※娘は飛行機をやってるつもりです。組体操のサボテンでもありません。

いよいよ「内宮」へ。
「外宮」からはちょっと離れているので車にて移動。
宇治橋を渡って、神聖な世界である内宮へ。
日常の世界と神域への架け橋でタイタニック!
※娘は飛行機をやってるつもりです。組体操のサボテンでもありません。

これぞ!
日本のパワースポットオブパワースポット、天照大御神が祀られた御正宮です!
内宮は団体観光客で一杯。日本、いや世界から人々が吸い寄せられているかのようです。

その他、パワースポットがあり過ぎて紹介しきれませんが、木々の奥まった所にある鳥居の先が「子安神社」。木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祀られています。
子授・安産の神様で、嫁がここで参拝した翌年に娘を授かりました!

その他、パワースポットがあり過ぎて紹介しきれませんが、「子安神社」。
木華開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祀られています。
子授・安産の神様で、嫁がここで参拝した翌年に娘を授かりました!

帰りがけは「おかげ横丁」散策が鉄板ルートです。
王道は『赤福』なんですよね。
ここでは「赤福ぜんざい」とかもあって、お土産で食べる赤福とはまた違った風情と歴史と旅情を感じられるんです!

いつもマクロミルを選んでいただき、ありがとうございます。バックオフィスなので皆様と直接お会いする機会はほとんどありませんが、Webを通して皆様のサポートをしております!

いつもマクロミルを選んでいただき、ありがとうございます。
バックオフィスなので皆様と直接お会いする機会はほとんどありませんが、
Webを通して皆様のサポートをしております!