持寺 神奈川県横浜市

鉄筋コンクリート造りの山門は日本一

總持寺は、14世紀に開創された長い歴史があるお寺で、曹洞宗の大本山の1つです。
元は石川県にありましたが、明治時代、火災により多くの建物を焼失してしまったため、鶴見(神奈川県横浜市鶴見区)に移転しました。
格式高い立派なお寺であると同時に、鶴見で育った私にとっては、とても馴染み深く親しみのあるお寺です。
總持寺では7月に「み霊祭り」が開催されます。
鶴見っ子は毎夏、このお祭りの時期を、まだかまだかと楽しみに過ごします。
というのも、お祭りで開催される盆踊りが非常にユニークなのです。
一般的な盆踊りの曲が流れている際は穏やかに踊りますが、ただ一曲、「一休さん」の曲の時だけは、フェスのような熱狂に包まれます。
ここで一年間のエネルギーを充てんすることが出来ます。

持寺 神奈川県横浜市

鉄筋コンクリート造りの山門は日本一

NATSUKI ISHIDA
石田菜月
デリバリー

デリバリー部門の石田です。
アンケート画面に提示する、画像や動画の加工を主に担当しています。
神奈川県横浜市鶴見区にある、
「總持寺」にお参りしてきました。

總持寺は、14世紀に開創された長い歴史があるお寺で、曹洞宗の大本山の1つです。
元は石川県にありましたが、明治時代、火災により多くの建物を焼失してしまったため、鶴見(神奈川県横浜市鶴見区)に移転しました。
格式高い立派なお寺であると同時に、鶴見で育った私にとっては、とても馴染み深く親しみのあるお寺です。
總持寺では7月に「み霊祭り」が開催されます。
鶴見っ子は毎夏、このお祭りの時期を、まだかまだかと楽しみに過ごします。
というのも、お祭りで開催される盆踊りが非常にユニークなのです。
一般的な盆踊りの曲が流れている際は穏やかに踊りますが、ただ一曲、「一休さん」の曲の時だけは、フェスのような熱狂に包まれます。
ここで一年間のエネルギーを充てんすることが出来ます。

JR鶴見駅西口を出て、
ガード下の飲食店の誘惑に耐えながら歩くこと5分。
右手に總持寺の参道が見えてきました。

参道は長く、建物はおろか、門さえも見えません。
う~ん、それにしても緑に囲まれた参道をのんびり歩くだけでも気持ちいいですね・・。

参道は長く、建物はおろか、門さえも見えません。
う~ん、それにしても緑に囲まれた参道をのんびり歩くだけでも気持ちいいですね・・。

しばらく歩くと三門に到着。とても大きいです!
サイズ感伝わりますでしょうか??
なんとこの三門、鉄筋コンクリート造りでは、日本一の大きさだそうです。

しばらく歩くと三門に到着。とても大きいです!
サイズ感伝わりますでしょうか??
なんとこの三門、鉄筋コンクリート造りでは、日本一の大きさだそうです。

三門をくぐると、開けた場所に出ます。
お祭りの際は、こちらがダンスフロアとなります。
盆踊りの時以外は、緑と静寂に包まれております。

境内を進んで右手の建物に入ると、大黒様と布袋様が
にこやかな表情で迎えてくださいます。
大黒様には「おさすり大黒」の文字が。
きっちり三さすりさせて頂きました。
さらに御堂の奥には、こちらの写真とはまた別の大黒様がいらっしゃいます。木彫りで日本一大きいため、「日本一の大黒さま」とのこと。

境内を進んで右手の建物に入ると、大黒様と布袋様がにこやかな表情で迎えてくださいます。
大黒様には「おさすり大黒」の文字が。きっちり三さすりさせて頂きました。
さらに御堂の奥には、こちらの写真とはまた別の大黒様がいらっしゃいます。
木彫りで日本一大きいため、「日本一の大黒さま」とのこと。

大黒様のいらっしゃる建物を後にし、さらに境内を奥へ進むと、仏殿が見えてきましたので、お参りを。
各業界でご活躍されていらっしゃるお客様のお手伝いをさせて頂けることに、感謝しております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

お参りの際にスタンプラリーをしましたので、最後にスタンプ達の写真でお別れです。

お参りの際にスタンプラリーをしましたので、最後にスタンプ達の写真でお別れです。