クイッククロスQuick-CROSSQuick-CROSS

「Quick-CROSS」は、ご自分のPCにインストールして、簡単にクロス集計やデータ加工、レポート出力を行うことができるマクロミル独自開発の簡易集計ソフトです。マクロミルのネットリサーチ会員の方に無償提供しています。

リサーチ終了後、マクロミルのネットリサーチシステム
【AIRs】から生成されるファイルを取り込んで集計を行います。

特長

スピード スピード
リサーチ終了後、すぐにお客さまのMyリサーチページから専用データをダウンロードして、自由にクロス集計やデータ加工、簡易レポート出力を行うことが可能です。
コスト コスト
マクロミルのネットリサーチをご利用のお客さまには無償でご提供します。 これまでにかかっていた追加クロス集計費用などをコストダウンできます。
サポート サポート
  1. マクロミルのネットリサーチ会員のお客さまには、詳細な操作マニュアルと操作手順をわかりやすく解説してあるガイドブックの2つを差し上げているほか、お電話でのサポートを行っております。
MY CROSS G3データ互換 MY CROSSデータ互換
  1. VIリサーチ集計ソフト「MY CROSS」のデータをご利用いただけます。

・・・お客さまの様々なご要望にお応えして、オリジナル集計ソフトのQuick-CROSS3は高度な機能を備えながらも、誰でも簡単に使えるインターフェースを実現しました。
マクロミルのリサーチ終了後、自由にクロス集計・データ加工が行えるほか、簡易レポートを自動で出力することができます。
また多変量解析メニューからは、因子分析・クラスタ分析等6つの分析を手軽に行うことができます。

※多変量解析を行うには、それに応じた調査票設計が必要です。

Quick-CROSS3の注目新機能をピックアップ

データ加工にサポート機能がつきました!
RECODE(選択肢をまとめるデータ加工)の「繰り返し設定」を行う ことによって、今までより簡単にデータ加工ができるようになりました。
また、「スケール設問まとめ」を使用することで、【Top2】【Bottom2】 などのスケール設問のまとめ上げが簡単にできます。 (例:【Top2】=【役に立っている】+【まあ役に立っている】など)
FA(自由回答)のアフターコーディング機能がつきました!
自由回答をカテゴリに分けてコード化することで、定量的に捉えることができます。 また、アフターコーディングのサポート機能も充実しており、「テキスト自動取得機能」「テキストカテゴリの統合・入替・削除機能」「抽出条件の検索機能」を利用することにより、簡単に自由回答のカテゴリ分けができます。
テンプレートでグラフのバリエーションが広がります!
「折れ線グラフ」の設定ができるようになったほか、グラフのカラー・パターン変更が可能になりました。
また、PowerPointの「デザインテンプレート」の設定を行うことで、お客様のお好みのテンプレートでレポートを出力できます。

Quick-CROSS3 PLUS利用環境

OS Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows 7
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 10
※ すべて日本語版のみ
Microsoft Office Microsoft Office 2007、2010、2013、2016 日本語版
CPU Intel Pentium4 2GHz以上のプロセッサ推奨
ハードディスク 500MB以上の空き容量
メモリ 1GB以上推奨

※Microsoft、Microsoft Office 製品の名称は、米国および諸外国におけるMicrosoft Corporationの商標または登録商標です。

Quick-CROSSご利用の流れ

Quick-CROSS 主な機能のご紹介

設問設定

質問文・選択肢の閲覧・編集、ウエイト値、選択肢の並べ替えなどの設定を行います。 Excel調査票の出力も可能です。

質問文や、選択肢の文章の長さを変更して集計表やグラフに反映させたい。そんな時もQuick-CROSSなら、質問文や選択肢を簡単に修正してアウトプット出力することができます。


Excel形式の調査票

データ加工

新アイテムの作成、データ修正、サンプル削除などデータを加工することができます。

5才刻みの年代を10才ごとの年代に変更し、クロス集計したい。こんな時でもQuick-CROSSなら簡単に新アイテムを作成して、集計することができます。

Quick-CROSSなら性別や年齢など複数のアイテムを掛け合わせた新アイテムも簡単に作成することができます。

GT表作成

Excel形式のGT(単純集計)表、グラフの作成を行います。

Quick-CROSSなら、質問形式に合わせて簡単にExcel形式の集計表・グラフが作成できます。 また、最新版のQuick-CROSS3では、グラフのカラー・パターンの変更やセレクト条件を設定した質問の全数ベース集計などが可能になりました。

さらに、統計的に有意な差があるかどうかを検定することができる「有意差検定」機能も追加されました。

クロス表・レポート作成

属性や質問間のクロス集計を行います。また、PowerPoint、Excel形式のレポートの出力も可能です

クロス集計ではクロス集計表の注目ポイントをマーキングして出力します。 また、クロス集計を行いながら、レポートをPowerPoint、Excel形式で出力することが可能です。 最新版のQuick-CROSS3からは、「折線グラフの設定」「PowerPointのテンプレート差替え」「レポートのコメント編集」なども可能になりました。 さらに、統計的に有意な差があるかどうかを検定することができる「有意差検定」機能も追加されました。

FAリスト作成

FA(自由回答)を回答者属性や、質問の回答内容などの付加アイテムをつけて一覧作成します。

調査結果から、自由回答のみを抜き出して一覧リスト作成したいときはQuick-CROSSが便利です。性別・年齢・職業・居住地など、回答者の属性を付記して一覧出力したり、膨大なデータを設問の選択肢別に振り分けて出力することができます。

データ参照

ローデータ(1人1人の回答)の参照・修正することができます。

データ出力

ローデータを指定の形式に出力します。256列を超えたデータを分割した出力も可能です。

[例:マルチ設問の出力タイプ]

マルチ設問
<マルチセル内カンマ区切り形式>

1セル内にカンマ区切りで回答選択肢番号を出力します。

<マルチ01形式>

カテゴリ数分回答している カテゴリを「1」、そうでないものを空白で出力します。

<ラベル付形式>

回答選択肢番号に選択肢の文言(ラベル)を付記して出力します。

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。