調査データ「シャンプー・リンス購入直後調査」/携帯電話を活用したネットリサーチ - モバイルミル

ネットリサーチならマクロミル
お問い合せはフリーダイヤル 0120-096-371
TOP>調査データ
お申込みはこちら
お問い合せ・お見積依頼はこちら

初めての方へ

モバイルリサーチのご案内

お問い合せ

調査データ

2004年11月26日
【マクロミルのトレンドビューPart43
シャンプー・リンス購入直後調査
店頭でシャンプー銘柄を決定した人は「広告」も購入に関与
シャンプー・リンスを購入した直後に携帯電話を用いて調査を実施したところ、あらかじめ銘柄を決めていた人は全体の約8割で、店頭で銘柄を決定した人は約2割であった。
好評連載中の「マクロミルのトレンドビュー」。このコーナーでは毎回タイムリーなテーマのもと、市場の動向を調査、レポートする。今回のテーマは「ドラッグストアでのシャンプー・リンス購入直後」。シャンプー・リンスを購入する予定の全国20才〜39才の女性を抽出し、購入直後に863名から回答を得た。調査方法はモバイルリサーチ。調査実施日は2004年9月24日〜10月2日。
調査概要
調査方法 :  モバイルリサーチ
調査地域 :  全国
調査対象 :  シャンプー・リンスを購入する予定の全国20才〜39才の女性
※シャンプー・リンスを購入した直後に携帯電話を用いて調査を実施
有効回答数 :  863
調査時期 :  2004年9月24日〜10月2日
調査内容 :  ・シャンプー・リンス購入ブランド
・店頭で銘柄を決定した人の購入決定理由
実施機関 :  株式会社マクロミル
【 調査結果レポート (抜粋) 】
店頭で銘柄を決定した人は2割
シャンプー・リンスを購入した直後に携帯電話を用いて調査を実施したところ、あらかじめ銘柄を決めていた人は全体の約8割で、店頭で銘柄を決定した人は約2割であった。
購入ブランドは、全体では「アジエンス」「パンテーン」「ラックス」が上位にランクイン。あらかじめ銘柄を決めていた人と店頭で銘柄を決定した人の割合をみると、「モッズヘア」「ラックス」「パンテーン」はあらかじめ銘柄を決めていた人からの支持が高く、「エッセンシャル」「スーパーマイルド」は店頭で銘柄を決めて購入した人の比率が高い。
【図1】シャンプー・リンス購入ブランド
店頭で銘柄を決定した人に購入理由を質問したところ、全体的には「値段が手ごろだった」(125件)が最も高く、「利用経験がある」(53件)、「TVCMなどの広告でよく見る」(47件)、「詰め替え用だった」(46件)が上位にあがり、価格や利用経験以外に広告も購入に関与していた。
商品別で見ると、アジエンスは「世界が嫉妬する〜というCM」などの広告や、「髪がまとまる、パサパサにならないと兄嫁に奨められた」といった口コミが他商品より高いことが購入に結びついた。また、ハーバルエッセンスは「今までにないハーブ系のいい香り」など、匂いによる満足が購入の決め手となっている。エッセンシャルやスーパーマイルドは「手ごろな価格」「利用経験がある」「詰め替え用」が高く、なじみやすさが購入のポイントとなった。
【図2】 店頭で銘柄を決定した人の購入決定理由 (主要ブランドのみ抜粋)
お問い合せ資料請求
(C) 2004-2008 ITC NETWORKS CORPORATION & MACROMILL, INC. All Rights Reserved.