活用事例 Vol.3 株式会社ドリコム様/携帯電話を活用したネットリサーチ - モバイルミル

ネットリサーチならマクロミル
お問い合せはフリーダイヤル 0120-096-371
TOP>活用事例
お申込みはこちら
お問い合せ・お見積依頼はこちら

初めての方へ

モバイルリサーチのご案内

お問い合せ

活用事例

Vol.3 株式会社ドリコム 様
空メールを導入し、1,500サンプルを回収
女子大学生向けフリーペーパー『DolceVita』。
空メールを導入し、1,500サンプルを回収
女子大学生をターゲットとし、首都圏で16万部の発行部数を誇るフリーペーパー『DolceVita』では、新装刊のプレゼントキャンペーンを実施。MobileMill™ 導入により、新たに空メールの応募窓口を新設し、1,500以上のサンプルを収集することに成功した。
MobileMill導入の決め手となったのは、安価に空メールが導入できる点と、リアルタイムで結果を把握できる点ですね。
株式会社日本ドリコム
メディア開発部

荒川 竜哉
手配り配本が特徴の女子学生向けフリーペーパー『DolceVita』
『DolceVita』はどのような媒体なのでしょうか?
『DolceVita』は、首都圏大学生向けのフリーペーパーです。2002年10月に創刊し、対象読者は主に女子の大学生です。現在は年4回発行ですが、来年度からは新入生向けの増刊も含め、年6回発行を予定しています。発行部数は現在16万部です。
韓国でシェアNo.1を誇るデジタルオーディオプレイヤー「iriver
媒体の特徴は?
  最大の特徴は、発行部数の半数程度が手配りで配本されるということですね。大学の場合、構内でフリーペーパー用のラックを設置できる場所が、生協や就職課などに限定されてしまうため、学生の目に留まる機会が少なく、あまり配布効果が期待できません。そこで『DolceVita』では、学生に直接手渡しできるキャンパスでの配布をメインにしているのです。来春には、1都3県90キャンパスで配布予定です。
その中で荒川様の業務は?
  基本的には『DolceVita』を中心にした広告媒体営業です。ただフリーペーパーの場合、誌面づくりにも営業的視点が求められるため、編集内容や全体の進行管理業務も担当しています。時には“編集部の荒川です”と名乗って取材に行くこともありますよ。
MobileMill™ 導入の決め手は低コストとリアルタイム性
今回MobileMill™ を使われたのはどのような調査ですか?
  2004年10月配布号の新装刊プレゼントキャンペーンで利用しました。従来は、ハガキ、Webサイト、携帯サイトという三つの応募方法を設けていましたが、今回は携帯サイトの代わりにMobileMillを利用することで、空メールから応募できる窓口を設けました。
空メール導入で、なぜMobileMillを選ばれたのでしょうか?
  最大の理由は、安価に空メールの仕組みが導入できる点です。『DolceVita』は、携帯電話を日常的に使っている大学生を対象にした媒体ですから、携帯サイトからの応募が多いと期待していたのですが、実際は携帯サイトからの応募は非常に少なく、ハガキやWebサイトからの応募数を下回る状況が続いていました。やはり携帯の場合アクセスしやすい空メールが必要だと思い、創刊当初には実際に空メールサービス事業者から見積を取ったこともありました。しかし、金額が折り合わず、以来 “空メールは高い”という先入観が出来てしまい、導入をあきらめていたんです。ところが、最近は値段が下がってきているという事情を知り、改めて何社かのサービスを比較したところ、一番安かったのがMobileMill™ でした。
  もう一つの理由は、リアルタイムで結果が見られる点ですね。今回のキャンペーンでは、山手線・中央線・小田急線・京王線の電車内で、交通広告による告知も行なっていたため、交通広告からの反応状況をリアルタイムで確認したかったんです。MobileMill™ なら、それが可能ですからね。

『DolceVita』読者における携帯電話ユーザー層を詳らかに
今回の調査の目的をお聞かせください
  今回初めて空メールを導入するため、携帯電話からの応募者の特性を把握することが大きな目的でした。ハガキで応募する人と携帯電話で応募する人で、『DolceVita』の入手経路や、キャンペーンを知ったきっかけ、応募者の属性にどのような違いが出るかを知りたかったんです。また、各応募方法の比率が、空メール導入でどの程度変化するのかも知りたかったポイントです。
調査結果についてのご感想は?
  まず応募比率に関しては、ハガキが2500程度で、空メールが1500程度、Webサイトが500程度という結果でした。空メールの特徴として気づいたのは、告知後の反応が一番早かった点ですね。他の方法と比べ、最初の1週間でのアンケート回収数が圧倒的に多かったんです。交通広告や本誌を見て、すぐその場で応募できるという空メールの特性が出たのだと思います。また、応募者の属性は、携帯電話と他の応募方法で、大きな違いは見られませんでした。空メールの場合、雑誌を貰わなくても応募が可能なため、社会人など非大学生からの応募率が高くなるのではないかと懸念していたのですが、予想以上に大学生が大きな比率を占めており、媒体価値を再認識したのと、この収集方法を引き続き行うことに自信を持ちました。
ハガキとの最大の差はスピード。特にリアルタイム集計が魅力
ハガキとの最大の差はスピード。特にリアルタイム集計が魅力
  やはり、リアルタイム性がいいなあと思いましたね。調査中は、毎日朝10時に前日の結果をチェックしていたのですが、これができたのはMobileMillならではでした。
また集計に関しても、MobileMill™ の方はすでに終わっているのに、ハガキの方はこれからという感じで、そのスピードの差は大きいなと。将来的には、弊社のクライアント向けに大学生の嗜好やライフスタイルをアンケート調査でフィードバックするようなサービスも行いたいと思っているのですが、このようにすぐに結果が必要な場合には、MobileMill™ のサービスは非常に魅力的だなと感じました。
今後のご利用意向については?
  今後も空メール告知は行っていく予定ですので、タイミングが合えば利用していきたいですね。また、今回の『DolceVita』に限らず、弊社の基幹事業である進学情報の分野で、たとえば、進学セミナーの情報など、モバイルからのアクセスと相性がいいものがあると思いますから、そういったところでの利用も検討していきたいと思います。
企業プロフィール | 株式会社日本ドリコム
URL :  http://www.n-dricom.co.jp/
本社 :  東京都新宿区西新宿3丁目7番1号 新宿パークタワー35F
代表者 :  取締役社長 宮本 一生
事業内容 :  学びの情報事業 (学校情報・進学情報)
生活創造事業 (販売促進・生活提案)
コミュニケーション事業 (出版・イベント・ネットワーク)
コンサルティング事業 (人材提供・コンサルティング)
お問い合せ資料請求
(C) 2004-2008 ITC NETWORKS CORPORATION & MACROMILL, INC. All Rights Reserved.