映画に関する調査Publicity open research results

2006年8月

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOKYO FM マクロミルTOKYO R-STYLE

トピックス

  • 映画館で映画を観る頻度、4人に1人が 「2~3ヶ月に1度」
  • 映画館選択のポイント「アクセスのよさ」 「座席の快適さ」 「飲食の充実」
  • 利用経験のある映画館割引サービスは
    「レイトショー割引」(46%)、「映画サービスデー」(41%)、「レディースデー割引」(39%)。

TOKYO FMで好評放送中のラジオ番組「マクロミル TOKYO R-STYLE」(毎週日曜日 10:55-11:00放送)。 この番組では、毎週タイムリーなテーマについて調査した結果をレポートします。 8月第3週のテーマは、「映画」。調査期間は2006年8月9日~10日、関東在住の20代・30代の男女に映画館や気になる映画などについて、調査しました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)

調査対象 : 20~39歳の男女 (マクロミルモニタ会員)

調査日時 : 2006年8月9日~8月10日

有効回答数 : 315サンプル (男女比均等回収)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

映画館で映画を観る頻度、4人に1人が 「2~3ヶ月に1度」。

20代・30代の男女に、映画館で映画を観る頻度をたずねたところ、「2~3ヶ月に1回」 が最も高く、4人に1人が回答しました。続いて、「半年に1回」(18%)、「1年に1回」(16%)となりました。

Q.あなたはどのくらいのペースで映画館で映画を観ますか?(単一回答)

(n = 312)

映画館を選ぶ際に重視するポイント
「アクセスのよさ」(64%)、「ゆったり観れる心地よさ」(62%)、「割引サービスの有無」(42%)。
一緒に行く人は6割が 「恋人・配偶者」 で最多。「一人」で観るのは3割。

20代・30代の映画を映画館で観ると回答した男女に、映画館を選ぶ際に重視するポイントをたずねたところ、「アクセスが良いところ」(64%)、「ゆったり観れる心地よさ」(62%)、「割引サービスの有無」(42%)などがあがりました。
行きやすく、ゆったりできる映画館が支持されている様子がうかがえます。
また、誰と一緒に行くかたずねたところ、「恋人・配偶者」 が6割と最多でした。
20代・30代の男女では、映画館をデートスポットとして活用している方が多いようです。
その一方で、一人で映画を観るという人は約3割いました。

Q.あなたは映画館を選ぶ際に何を重視しますか?(複数回答)

<ベース:映画館で映画を観る人(n = 294)>

Q.あなたは映画館へ誰と映画を観に行くことが多いですか?(複数回答)

<ベース:映画館で映画を観る人(n = 294)>

利用経験のある映画館割引サービスは
「レイトショー割引」(46%)、「映画サービスデー」(41%)、「レディースデー割引」(39%)。
今後ほしいサービスは 「座席の快適さ」 「飲食の充実」 「予約システムの確立」。

20代・30代の男女に、映画館での割引サービスについて聞いてみました。
まず、映画館で映画を観ると回答した男女に、利用経験のある割引サービスをたずねたところ、「レイトショー割引」(46%)、「映画サービスデー」(41%)、「レディースデー割引」(39%)という結果が出ました。

また、全員に、映画館での映画鑑賞について、ほしいと思うサービスを自由回答形式でたずねたところ、リクライニングや席の広さなど、「座席の快適さ」 が1位であがり、続いて、メニューや価格など 「飲食の充実」、並ばずに座席指定ができたり、割引券を併用しても予約可能な 「予約システムの確立」、ポイントをためて割引サービスを受けられる 「ポイント制」、小さな子供を気にせず映画鑑賞できる 「託児所サービス」などがあがりました。

Q.あなたご自身が利用したことのある映画割引サービスをお答えください。(複数回答)

<ベース:映画館で映画を観る人(n = 294)>
自由回答形式

今後観たいと思う映画は「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」(41%)、「ゲド戦記」(40%)。

20代・30代の男女に、今後観たいと思う映画をたずねたところ、全体では 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」(41%)、「ゲド戦記」(40%)がトップとなりました。
男女別では、 「M:I:3(ミッション・インポッシブル3)」 「嫌われ松子の一生」 や「はちみつとクローバー」それぞれで男女間で10ポイント以上の差がみられる結果となっています。

Q.あなたが今後観たいと思う映画をお答えください。(複数回答)
※1度観たことがある映画でも、もう1度観たいという場合はそれも含めてお答えください。

(n=315)
TOKYO FM TOKYO R-STYLE 2006/8/13放送分
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。