音楽視聴スタイルに関する調査Publicity open research results

2006年07月

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOKYO FM マクロミルTOKYO R-STYLE

トピックス

  • 18~29歳の男女、6割が 「ほぼ毎日」 音楽を聴く。
  • 音楽の入手方法は 「店頭購入」 「店頭でレンタル」 が圧倒的。
  • 音楽ダウンロード、8割の人が 「手軽・便利」 と感じつつも、利用は35%。

TOKYO FMで好評放送中のラジオ番組「マクロミル TOKYO R-STYLE」(毎週日曜日 10:55-11:00放送)。 この番組では、毎週タイムリーなテーマについて調査した結果をレポートします。 7月第3週のテーマは、「音楽」。 関東在住の18~29歳の男女を対象に、音楽を聴くシーンやツールについて、調査を実施いたしました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)

調査対象 : 18~29歳の男女 (マクロミルモニタ会員)

調査日時 : 2006年7月11日~7月13日

有効回答数 : 310サンプル (男女比均等回収)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

18~29歳の男女、6割が 「ほぼ毎日」 音楽を聴く。

18~29歳の男女に、どのくらいの頻度で音楽を聴くかたずねたところ、6割が 「ほぼ毎日」 音楽を聴くと回答しました。
「音楽は聴かない」 と回答したのはわずか2%未満となっており、音楽と日常生活のつながりの強い若者のライフスタイルがうかがえる結果となりました。

Q.あなたはどのくらいの頻度で音楽を聴きますか?(単一回答)

(n = 310)

音楽を聴きたいのは 「リラックスしたい時」 「暇な時」。

18~29歳の普段音楽を聴く人に、どのようなときに音楽を聴きたくなるかをたずねたところ、「リラックスしたい時」 「暇な時」 という回答が、ともに7割以上から得られました。そのほか、「気分転換したい時」(60%)、「気分が優れない時・落ち込んだ時」(43%)、「これから頑張るぞという時」(42%) などの回答があがっており、さまざまな気持ちに応じて音楽を聴いている様子がうかがえます。

また、音楽を聴く場所やツールをたずねたところ、「部屋で」(85%)が最多でした。そのほか「移動中(電車)」(49%)、「移動中(車)」(46%)、「移動中(徒歩・自転車)」(38%) と移動中の音楽視聴が続いています。

音楽を聴くときに使う音楽プレイヤーは「CDプレイヤー」(66%)が最多。次いで、「PC」(47%)、「MDプレイヤー」(38%)、「i-pod」(26%)となっています。

Q.あなたはどのようなときに音楽を聴きたくなりますか?(複数回答)

<ベース:音楽を聴く人(n = 304)>

Q.あなたは普段どこで音楽を聴くことが多いですか?(複数回答)

<ベース:音楽を聴く人(n = 304)>

Q.あなたが音楽を聴くときによく使う音楽プレイヤーは何ですか?(複数回答)

<ベース:音楽を聴く人(n = 304)>

音楽の入手方法は 「店頭購入」 「店頭でレンタル」 が圧倒的。
音楽ダウンロード、8割の人が 「手軽・便利」 と感じつつも、利用は35%。

18~29歳の普段音楽を聴く人に、音楽の入手方法をたずねたところ、「店頭購入」 「店頭でレンタル」 がそれぞれ6割以上と、多数を占める結果が出ました。一方、近年急速に拡大している「ダウンロード販売」で音楽を購入するという回答は36%という結果でした。

音楽ダウンロードサービスについてのイメージをたずねたところ、「手軽・便利」 という回答が63%と最も多かった一方で、「値段が高い」(44%)、「音質が気になる」(30%)と続いています。ダウンロードによる音楽購入の今後の拡大は、「料金」「音質」がポイントになりそうです。

Q.あなたは聴きたい音楽をどのようにして入手しますか?(複数回答)

<ベース:音楽を聴く人(n = 304)>

Q.音楽をダウンロード購入することについて、どのような印象をお持ちですか?(複数回答)

<ベース:(n = 310)>
TOKYO FM TOKYO R-STYLE 2006/7/16放送分
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。