SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)に関する調査Publicity open research results

2006年04月

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOKYO FM マクロミルTOKYO R-STYLE

トピックス

  • SNSの利用は全体の2割。18~29才では2人に1人が利用
  • 「人間関係が広がった」 SNS利用者の4割が回答
  • 「今後SNSを利用したい」 18~29才では未利用者の3人に1人が意欲的

 TOKYO FMで好評放送中のラジオ番組「マクロミル TOKYO R-STYLE」(毎週日曜日 10:55-11:00放送)。 この番組では、毎週タイムリーなテーマについて調査した結果をレポートします。 4月第2週のテーマは、「ソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)」。 SNSの利用状況や利用環境などについてリサーチしました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)

調査対象 : 18歳以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

調査日時 : 2006年4月5日~4月7日

有効回答数 : 433サンプル (男性218ss・女性215ss)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

SNSの利用は全体の2割。18~29才は2人に1人が利用と、若年層での利用が顕著

SNSを利用しているか尋ねたところ、利用者は全体の24%でした。しかし、年齢別に見ると、18~29才での利用者は56%と高く、2人に1人が利用していることがわかりました。若年層がSNSという新しいコミュニケーションツールを牽引しているようです。

Q.SNSを利用していますか?(単一回答)

<ベース>全員

SNSの利用 「mixi」ダントツ

SNS利用者に、どのSNSを利用しているかを尋ねたところ、9割の人が 「mixi」 を利用していることがわかりました。2番目に利用者の多かった 「GREE」 とも大きく水をあけた結果となっており、「mixi」の人気の高さがうかがえます。

Q.どのSNSを利用していますか。(複数回答)

<ベース>SNS利用者(n=103)

SNS利用者の9割が 「友人からの紹介」
利用している理由は 「昔からの友人・知人との交流」 「趣味の交流」 が高い

SNS利用者に、誰から紹介してもらったか尋ねたところ、9割の方が 「友人」 から紹介してもらったと回答しました。また、利用している理由を聞いたところ 「昔からの友人・知人との交流」 「趣味の交流」 が高い結果となりました。一方、4割の方が「新しい人脈開拓」と回答しているように、新しいコミュニティ形成の場としても注目されているようです。

Q.あなたは、誰からSNSを紹介してもらいましたか。(複数回答)

<ベース>SNS利用者(n=103)

Q.あなたがSNSを利用している理由は何ですか。(複数回答)

<ベース>SNS利用者(n=103)

「人間関係が広がった」 SNS利用者の4割が回答

SNS利用者に、SNSを利用し始めて人間関係が広がったか尋ねたところ、4割の方が 「人間関係が広がった」 と回答しました。
具体的なエピソードとして、 「海外に出かけた時、SNSで知り合った人と食事をした。(40代 女性)」 や 「音信不通になっていた保育園の友達と再会した。(10代 女性)」 「ワインに関してのオフ会で知り合った人がいる。(50代 男性)」 などの回答が得られました。

Q.あなたがSNSを利用し始めて人間関係は広がりましたか。(単一回答)

<ベース>SNS利用者(n=103)
TOKYO FM TOKYO R-STYLE 2006/4/9放送分
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。