J-WAVE Macromill Case File企業買収に関する調査Publicity open research results

2005年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 経営者・役員の2人に1人が、「敵対的買収は悪いことではない」

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 首都圏 (東京・神奈川・埼玉・千葉)

調査対象 : 経営者・役員で20歳以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

調査日時 : 2005年3月18日~3月20日

有効回答数 : 309サンプル

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

Q.今回のニッポン放送株をめぐる報道に関心がありますか?

A.9割が 「関心がある」 と回答

Q.敵対的買収についてどう思いますか?

A.2人に1人が 「悪いことではない」 と回答

「悪いことではない」と思う理由(自由回答)

  • ・ 資本主義経済として当然だから(108件)
  • ・ 違法ではないから(27件)

「よくないが仕方ない」と思う理由(自由回答)

  • ・ 資本主義経済の本音だから/株式公開している以上、仕方がないから(53件)
  • ・ 違法ではないから(24件)
  • ・ そのやり方が存在する以上、仕方がないから(9件)

「よくない」と思う理由(自由回答)

  • ・ 社員のモチベーションが低下するから(9件)
  • ・ イメージが悪いから(8件)
  • ・ モラルの低下につながるから(7件)
  • ・ マネーゲームのようだから(5件)

Q.企業の価値は何で決まると思いますか?

A.「顧客からの信頼度」 が最も高い

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。