【速報】2016年スポーツマーケティング基礎調査
~リオオリンピックで日本人選手が活躍するも、スポーツ関連の消費拡大につながらず~Publicity open research results

2016年10月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • スポーツ参加市場規模は約2.4兆円に縮小。「観戦」「施設利用・会費」市場の減少による
  • スタジアム観戦の支出額:年間29,471円で、昨年より9.1%減
  • スポーツ関連メディア市場は1,971億円で、昨年より6.1%減
  • 最も好きなスポーツは野球。サッカーがやや持ち直す。テニス人気は継続
  • スポーツブランドでは、海外での人気が高まっているアシックスが日本ブランドでのトップを堅持
  • 好きなスポーツ選手は13年連続でイチロー選手が1位。2位はテニスの錦織選手
  • プロ野球ファン人口は2,747万人に減少
  • サッカー日本代表のファンは3,017万人で減少傾向続く
  • プロ野球リーグ優勝チームのファン人口が伸びる
  • リオオリンピックで一番印象に残った競技は「体操」
  • 4年後の東京オリンピックで一番期待しているのは「開会式/閉会式」

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)と、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井秀延)は、共同企画として「2016年スポーツマーケティング基礎調査」を実施しましたので、速報版を発表いたします。 本調査は、全国15歳(中学生を除く)~69歳の当社の調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を得ました〔調査期間:2016年9月16日(金)~9月19日(月)の4日間〕。本調査は2004年から始め、今回で13回目になります。

調査概要

調査の趣旨 マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、データに基づいたスポーツ経営やスポーツ振興に 役⽴つ資料整備に向けた取り組みとして、スポーツマーケティング基礎調査を共同で実施しています。 今年で13回目となる本調査では、これまでの調査結果を踏まえて、 ⽣活者のスポーツに対する意識や消費⾏動の変化を把握します。
調査方法 インターネットウェブ定量調査
調査対象者 マクロミルの調査専用パネル、全国15歳(中学生を除く)~69歳のインターネットユーザー
対象割付 性別×年代(15-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60-69歳):各200名
地域(北海道・東北:230名、東京:210名、その他関東:470名、中部:360名、近畿:330名、中国・四国:180名、九州・沖縄:220名)
調査期間 2016年9月16日(金)~9月19日(月)
有効回答人数 2,000名(男性50%、女性50%)

[注意] 調査結果のデータは速報値です。
本調査の結果をとりまとめた詳細レポートは2016年11月に、三菱UFJリサーチ&コンサルティングから提供予定ですが、詳細レポートではデータが修正される場合がありますのであらかじめご了承ください。本資料・データを使用・掲載される際には、必ず出典を明記してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:度会(わたらい)

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。