ハロウィンに関する意識調査2016
ハロウィンにかける予算は平均5,000円。首都圏では3割が「仮装する」、
仮装でお出かけする街ランキング1位は「渋谷」。街のゴミ問題に対する考えは…?
Publicity open research results

2016年10月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ハロウィンにかける予算は、平均5,000円。一人あたりの予算は減るも、お金を掛ける人は2年で倍増。
  • 首都圏では3割が「仮装する」、仮装でお出かけする街ランキング1位は「渋谷」。
  • 一方で、「仮装大会と勘違い」、街のゴミ問題「サッカーで日本サポーターがゴミ拾い、ハロウィンで出来ないのはおかしい」、「11/1をゴミ拾いキャンペーンにすべき」などの意見も

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、全国の10~40代の1,000人を対象に「ハロウィンに関する意識調査2016」を実施しました。毎年10月31日に行われるハロウィン、今年もハロウィンにちなんだ商品やサービスがたくさん発売され、最近では人が多く集まるイベントも全国各地で開催されています。そこで、消費者の消費マインドの傾向、また、イベントへの意識等について探りました。また参考データとして、東京近郊に住む10~40代の1,000人を対象に実施した調査結果もご紹介します。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2016年10月6日(木)~10月7日(金)。

調査結果の詳細

ハロウィンに「興味あり」59%。興味がなくても、ハロウィン商品をつい買ってしまう人も…。

まず、全国にお住まいの10~40代1,000名に、ハロウィンにどのくらい興味があるかたずねたところ、59%が「興味がある(とても興味がある+やや興味がある)」と答えました。【図1】 また、ハロウィンにちなんだ商品やサービスへの消費マインドにおいては、64%が「買う(つい買ってしまう+すごく気に入れば買う)」と答えており、ハロウィン商戦の盛り上がりが予想されます。【図2】

ハロウィンのお買いものランキング、「かぼちゃのスイーツ」がダントツで、2人に1人が購入!

ハロウィンにちなんだ商品やサービスについて、何を買うかたずねると、1位は「かぼちゃ系のスイーツ」で49%、つまり2人に1人が買うことがわかりました。2位は「(ハロウィンにちなんだ)可愛いグッズ」20%、3位は「限定の外食メニュー」20%でした。【図3】

ハロウィンにかける予算は、平均5,000円。一人あたりの予算は減るも、お金を掛ける人は2年で倍増

ハロウィンにちなんだ買い物をする人に今年の予算をたずねると、全体の平均は4,958円で、男性は5,328円、女性は4,669円でした。

一昨年に実施した同様の調査における全体の平均は6,240円で、2年経った今年は1,282円マイナスの平均額となりましたが、一方でお金を掛ける人の人数が、28%から64%と2倍以上に増えています。最近では、安価で手に入るグッズも多く発売されていることなどから、ハロウィンを気軽に楽しむ人が急増しているようです。【図4】

昨年は、仮装した人が大勢集まる街での楽しいニュースや残念なニュースがメディアで多数報道されました。ここからは、東京近郊(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)にお住まいの方にハロウィンの仮装やパーティ等について聞いた調査結果をご紹介します。

仮装をする人は3割、仮装でお出かけする街ランキング1位は「渋谷」

ハロウィンに仮装をするかたずねると、「仮装する」人は28%、仮装してお出かけする街は「渋谷」がダントツで40%でした。1都3県で仮装をする人の、実に2~3人に1人が渋谷に集結する計算となります。次いで、人気の街2位は「六本木」17%、3位「横浜」13%と続いています。【図5】【図6】

ハロウィンで混雑する街のゴミ問題に対する、全国の人の考え

  • 「サッカーで日本サポーターがゴミ拾い、ハロウィンで出来ないのはおかしい」
  • 「ハロウィンを仮装大会と勘違いしている日本人。悲しい気がします。」
  • 「仮装したゴミ回収モンスターみたいなのがいたら、楽しいかも!」
  • 「11/1をゴミ拾いキャンペーンに」

ハロウィンの仮装イベントが年々盛り上がっていく一方で、深刻な問題となっているゴミ問題。混雑が予想される街では、ハロウィンデザインのゴミ袋を配布するなど対策がされています。そこで全国の1,000名に、ゴミ問題に対する考えを 自由記入でたずねました。「ゴミ箱の設置と監視をすべき」、「サッカーで日本人サポーターがゴミ拾い、ハロウィンで出来ないのはおかしい」「11/1をゴミ拾いキャンペーンなどにすべき」などの回答が集まり、課題意識を持つ人が多く、また、それに対する具体的な対策や提案を考えている人も多くいるようです。

【図7】 ハロウィンによる街のゴミ問題に対する考え(対象:全国1,000人から一部抜粋)

ゴミ問題についての張り紙や、テレビでの呼びかけなどを事前にしっかりとしてもらえたら、皆さんの意識も変わるのではないかと思いました。(青森県 / 17歳 学生)
自分で出したゴミは自分で持って帰るという習慣が薄れつつあるように感じる。またその対策としてゴミ箱の設置、ゴミ箱に不審物を入れるようなことがないようにする監視が必要であると思う。(東京都 / 15歳 学生)
すごく問題だと思う!その中で仮装してゴミを片付けてる人をTwitterなどでみて感動した!拾う活動ができなくても、ゴミを持ち帰るという面で貢献したい。(東京都 / 19歳 学生)
個人のモラルに依存する問題なので解決は難しい。例えばハロウィングッズの販売場所にゴミ処理費用の募金箱を設置して、ゴミ処理の費用をまかなう等、公平なコスト負担方法を工夫する等。(東京都 / 49歳 会社員)
サッカーの国際大会のときはごみ拾いをするのに、ハロウィンのときはごみ拾いしないのはおかしい。(千葉県 / 17歳 学生)
ゴミ問題が深刻なら、ハロウィンは禁止にするべきだと思う(大阪府 / 22歳 学生)
ゴミ拾いもイベントの一部にしないと、マナーの悪い人のせいでイベントの楽しみが減る気がします。(大阪府 / 33歳 パート・アルバイト)
花火大会もだけど、ゴミは持ち帰るのが当たり前!!!腹が立ちます。(大阪府 / 35歳 自由業)
遺憾。ハロウィン関係なくゴミはちゃんと持ち帰るべき。ドンちゃん騒ぎのあとが大切。(福岡県 / 26歳 パート・アルバイト)
11/1をゴミ拾いキャンペーンなどにすればいい。(兵庫県 / 20歳 学生)
仮装したゴミ回収モンスターみたいなのがいたら、楽しいかも!(滋賀県 / 28歳 専業主婦(主夫))
ハロウィンを仮装大会と勘違いしている日本人。悲しい気がします。(鹿児島県 / 46歳 パート・アルバイト)

調査概要

調査方法
インターネットリサーチ
調査日時
2016年10月6日(木)~10月7日(金)
調査機関
株式会社マクロミル

全国編
調査対象
全国15~49歳の男女1,000名(マクロミルモニタ会員)
割付方法
性別×年代別(10、20、30、40代)の均等回収

1都3県編
調査対象
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県在住の15~49歳の男女1,000名(マクロミルモニタ会員)
割付方法
国勢調査による、エリア×性別×年代別の人口動態割付

【本資料・データの仕様・掲載について】

本資料・データを使⽤・掲載される際には、必ず「マクロミル調べ」と出典の明記をお願い致します。

以  上

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「ハロウィンに関する意識調査2016」調査結果詳細レポート(719KB)

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ先

株式会社マクロミル 担当:度会(わたらい)

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。