クールビズ導入にともなう服装と身だしなみに関する調査Publicity open research results

2011年07月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • クールビズ「来年も実施してほしい」9割強
    一方で、「スーパークールビズはやりすぎだと感じる」半数超
  • 内勤女性の服装で、クールビズでもマナー違反だと思うのは
    「お腹が見える」「ローライズ(腰履き)」「胸元が開いた服」
  • 夏に気になる男性の身だしなみ、1位「体臭」2位「汗ジミ」3位「顔のテカリ」

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、勤務先でクールビズを実施している会社員・公務員を対象に「クールビズに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2011年6月22日(水)~6月23日(木)。有効回答数は516名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)

調査対象 : 勤務先がクールビズを導入している会社員・公務員 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 合計516サンプル(男性258サンプル、女性258サンプル)

調査日時 : 2011年6月22日(水)~6月23日(木)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

クールビズを実施してみて「来年以降も導入してほしい」9割強

勤務先がクールビズを導入している男性会社員・公務員に、クールビズファッションを実際にとりいれているか尋ねたところ、「とりいれている」人は87%、「したい気持ちはあるが、とりいれていない」と回答した人は9%となりました。来年以降もクールビズを導入してほしいかどうかを男女に尋ねたところ、「そう思う」84%、「ややそう思う」15%と合計でほぼ全員が導入を希望しています。

クールビズに対する考え方(n=516)

Q.あなたは、下記のクールビズに対する考え方についてどのように思いますか。

「スーパークールビズはやりすぎ」と感じる 半数超

今年話題の'スーパークールビズ'についての印象を尋ねたところ、「やりすぎだ」と感じる人が56%でした。クールビズに関して寄せられたコメントをみると、総じて好評価でしたが、「人によってはダラシない印象になってしまっている」「アロハなどはビジネスと日常を混在させすぎだ」といった服装に対する厳しい意見や「ビジネスマナーなど気にする人がいて服装に迷う」などの悩みがありました。

クールビズに対する考え方(n=516)

Q.あなたは、下記のクールビズに対する考え方についてどのように思いますか。

内勤女性の服装で、クールビズでもマナー違反だと思うもの、
「お腹の見える服」72% 「ローライズ(腰履き)」47% 「胸元の空いた服」41%

社内業務時での女性のクールビズにおいて、ビジネスマナーに反すると思う服装はどんなものか男女に尋ねたところ、「お腹の見える服」が最多で72%、次いで「ローライズ(腰履き)」47%、「胸元の開いた服」41%が上位となりました。男女別にみると、1位はともに「お腹の見える服」でしたが、男性ではローライズや、シースルーなど透ける素材の服、女性では肩出しや胸元の開きが目に付くようです。また、男性よりも女性のほうが'マナー違反'と判断した服装が多くなっていました。

ビジネスマナー違反だと思う社内業務中での女性クールビズファッション(複数回答)

Q.社内での業務において、ビジネスマナーに反すると思う女性のクールビズファッションはどのようなスタイルですか。

夏に気になる男性の身だしなみ、1位「体臭」2位「汗ジミ」3位「顔のテカリ」

女性に対して'夏に気になる男性の身だしなみ'を尋ねたところ、1位は「体臭」で88%、2位は「わきの下の汗ジミ」64%、3位は「顔のテカリ」52%となりました。

た、男性に対して自身で気をつけている身だしなみを尋ねると、「体臭」が最多で74%、次いで「顔のテカリ」45%、「わきの下の汗ジミ」42%でした。また、「すね毛や胸毛が見える」「香水のつけすぎ」に気を付けている男性は1割未満でしたが、女性の3割超は気になると回答しており、'男性が気を付けている'以上に、'女性は気になる'ポイントが多いようです。

節電により更なる暑さ対策が求められる今夏、自分の快適さだけではなく、相手の快適さを思いやってのクールビズが求められそうです。

夏に気にする身だしなみ(複数回答)

Q.男性向け:あなたが、「夏に気を付けている身だしなみ」であてはまるものをお知らせください。

Q.女性向け: あなたが、「夏に気になる男性の身だしなみ」であてはまるものをお知らせください。

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。

無題ドキュメント