[速報]
東北地方太平洋沖地震にともなう
生活支援に関するチャリティー・アンケートPublicity open research results

2011年03月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 地震発生以降、特に不足しているものは「ガソリン」「灯油」
  • 災害に関するニュースや生活情報の入手は「テレビ」「ラジオ」「パソコン」。
    「ツイッターなどのSNS」は17%
  • 被災地に対して協力していること・協力したいことは
    「義援金・災害募金」「節電」「買い占め・買いだめを控える」

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国のマクロミルモニタを対象に、「東北地方太平洋沖地震にともなう生活支援に関するアンケート」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査は2011年3月16日(水)に開始し、3月22日(火)まで実施いたしますが、本レポートは3月17日(木)12:00時点での途中経過を集計したもので、有効回答数は148,222名です。なお、本「チャリティー・アンケート」は、マクロミルが全国のアンケート会員(マクロミルモニタ)に回答謝礼ポイントを被災者の方々のために寄付することを呼びかけ、実施しているものです。本アンケート終了後、回答者数×一人当たり20ポイント(20円相当)分を義援金として、マクロミルから日本赤十字等の団体へ寄付いたします。

被災者の方々、並びにご家族・ご関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ※ただし、地震の影響によりインターネット接続が困難な方もいらっしゃるため、
アンケートに回答できる環境にある方だけの結果となります。

調査地域 : 全国

調査対象 : マクロミルモニタ会員

有効回答数 : 148,222サンプル

調査日時 : 2011年3月16日(水)~3月17日(木)※途中集計の結果となります。

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

地震発生以降、特に不足しているものは「ガソリン」「灯油」

今回の震災をうけ、現在も日常生活が困難な地域に在住している人に対し、地震発生以降に困っていること・不安に思っていることを複数回答で質問したところ、「ガソリン・灯油が入手しにくい」が88%、「食料が入手しにくい」84%が上位に挙がりました。

身の周りで不足していて困っている商品は「乗用車のガソリン」が81%。これに「食料品」73%、「灯油」57%、「飲料水」50%と続きます。日用生活品の不足も深刻ですが、生活において緊急性が高いものは、ガソリン・灯油などの燃料とみることができます。特に福島以北の東北地方でその傾向が顕著です。

地震発生以降の生活で困っていること、不安に思っていること(複数回答)

Q.地震の発生以降の生活で困っていることや不安に思っていることを全てお知らせ下さい。

身の周りに不足している商品で現在の生活上困っているもの(複数回答)

Q.地震の発生以降に身の周りに不足している商品で、現在の生活上困っているものを全てお知らせ下さい。

災害に関するニュースや生活情報の入手は「テレビ」「パソコン」「ラジオ」に依存。
「ツイッターなどのSNS」は17%

災害に関するニュースや生活情報の入手方法について尋ねたところ、「テレビ」88%、「パソコンによるニュースサイト・関連HP」62%、「ラジオ」62%の順となっており、「インターネット」と同様に「ラジオ」がよく活用されていることが分かりました。また、「ツイッターなどのSNS」と回答した人は17%でした。

地震発生以降の親族・知人との安否確認の方法は、「携帯電話のメール」75%、「携帯電話の通話」69%、「固定電話」42%の順となっており、携帯電話による通信比率が高くなっています。一方、約1割の人が「通信会社などが提供する伝言サービス」を利用して安否確認を行いました。

災害に関するニュースや生活情報の入手方法(複数回答)

Q.地震の発生以降、災害に関するニュースや生活情報はどのような方法で入手していますか。

被災地に対して協力していること・協力したいことは「義援金・災害募金」「節電」「買い占め・買いだめを控える」

震災を受けなかった地域に在住する人に対し、あなた自身ができることがあれば協力したいかとの質問に対しては71%が「ぜひ協力したい」と回答。「協力してもよい」28%と合わせると、99%もの人が協力態度を示しており、全国を通じて高い支援意向がうかがえました。また現在協力していること、したいことでは「義援金・災害募金への協力」が83%にのぼっています。

震災は受けなかった地域(複数回答)

Q.被災地にお住まいの方のためにあなたご自身ができることがあれば協力をしたいと思いますか。

震災は受けなかった地域 n=97949

被災地にお住まいの方のために現在協力していること・今後したいこと

Q.被災地にお住まいの方のためにあなたが現在協力していること、また今後協力したいと考えているものを 全てお知らせ下さい。

被災地域の方から全国の方へのメッセージ

全国の方に対してのメッセージを募ったところ、多くのコメントが寄せられました。一部抜粋してご紹介します。

全国の方から被災地域の方へのメッセージ

被災地域の方に対してのメッセージを募ったところ、多くのコメントが寄せられました。一部抜粋してご紹介します。

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。

無題ドキュメント