~タバコ値上げから1ヵ月~ 禁煙に関する調査Publicity open research results

2010年11月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 禁煙開始から1ヵ月、「一本も吸っていない」6割。
    「何度か吸ってしまったが続いている」、2割「禁煙を諦めた」2割。
  • タバコに手をだすタイミングは「3日目」が最多。
  • 禁煙にかけるひと月の予算は、平均2,188円。

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、本年10月のタバコの値上げをきっかけに禁煙を始めた全国の成人を対象に、「禁煙に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査時期は、禁煙開始1ヵ月後の2010年11月1日(月)~11月2日(火)。有効回答数は500名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20才以上で本年10月のタバコの値上げをきっかけに禁煙を始めた男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計500サンプル   20代 30代 40代 50代 小計
男性 36s 105s 110s 91s 342s
女性 28s 61s 49s 20s 158s

調査日時 : 2010年11月1日(月)~11月2日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

禁煙から1ヵ月、「1本も吸っていない」62%。
「何度か吸ってしまったが続いている」18%、「禁煙を諦めた」20%

本年10月のタバコの値上げをきっかけに禁煙を始めた人に、11月1日時点の禁煙の状況について尋ねたところ、「1本も吸わずに禁煙が続いている」という人は62%でした。「何度か吸ってしまったが続いている」と回答した人は18%、「禁煙を諦めた」と回答した人が20%で、タバコに手を出してしまった人は合計で38%となりました。

男女別にみると、男性では4人に1人が「禁煙を諦めた(24%)」と回答しており、女性(12%)よりも禁煙を断念した人が多くなっています。年代別にみると、高齢層ほど禁煙を断念した比率が高い結果でした。また、家族に喫煙者がいる場合では、「1本も吸わずに禁煙が続いている」という回答が55%にとどまっており、禁煙の意志を妨げていることが推察されます。

禁煙が続いている人に成功の要因を尋ねると、'意志の強さ''気合い''我慢''根性''忍耐'といった精神面の強さを挙げる意見が大半を占めました。

禁煙開始から1ヵ月後の状況

Q.あなたは、現時点(11月1日)で禁煙が続いていますか。 続いている人はその秘訣を、タバコを吸ってしまったひとは、禁煙開始から何日目に吸ったかご記入ください。

禁煙開始から1ヵ月後の状況(属性別)

※n数が30以下の項目は参考
※「禁煙継続率」=1本も吸わずに続いている+何度か吸ってしまったが続いている

禁煙中にタバコに手をだすタイミングは「3日目」が最多。

禁煙中に何度かタバコを吸ってしまった人、禁煙を諦めた人に、禁煙を始めて何日目にタバコを吸っ てしまったか尋ねたところ、「3日目」が24%で最多でした。また、一週間以内にタバコを吸ってしまっ た人は66%となっています。

禁煙中についタバコを吸ってしまった時の状況について尋ねたところ、「イライラしていた」が43%で最 も多く、次いで「隣の人が吸っていた時にもらいタバコした」が30%となりました。

禁煙を始めてから、最初に挫折した日<ベース:禁煙中何度かタバコを吸ってしまった人+禁煙を諦めた人(n=189)>

禁煙にかける1ヵ月の予算は、平均2,188円。

禁煙を継続している人に、禁煙のために行っていることを尋ねたところ、「飴やガムで口寂しさを紛らわす」が48%で最も多く、次いで「水分を多く摂取する」14%、「電子タバコを使う」12%となりました。

禁煙にかける1ヵ月の予算を尋ねると、平均で2,188円でした。「お金をかけない」という回答が43%ありましたが、「5,000円以上」も20%おり、予算にばらつきがあるようです。ヘビースモーカーほど予算が高く、1日に1箱未満の人で1,625円、1日に1~2箱未満の人では2,530円と差が開きました。

今後の禁煙については、禁煙継続者の9割が「継続に自信がある」と回答している一方で、タバコに対する気持ちを尋ねると「本当は吸いたい」「よいコミュニケ―ションツールだった」などタバコを名残惜しむ声も多くあがっていました。

禁煙にかける予算<ベース:禁煙継続者>

Q.あなたの禁煙にかけるひと月の予算を教えて下さい。

今後も禁煙できる自信があるか<ベース:禁煙継続者>

Q.あなたは、今後も禁煙を継続できる自信がありますか。

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。