2010年酷暑の夏 体調と出費の変化に関する調査Publicity open research results

2010年08月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 2010年の夏、酷暑の影響で「出費が増えた」約半数。
  • '夏バテ'の人は約半数。「昨年よりも重症」62%
  • 秋の連休は、「家でゆっくり過ごす」人が半数。3割は「国内旅行」へ。

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、全国の20才以上の男女を対象に、「酷暑の影響に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2010年8月10日(火)~8月11日(水)。有効回答数は500名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20才以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計500サンプル   20代 30代 40代 50代
以上
小計
男性 63s 62s 63s 62s 250s
女性 62s 63s 62s 63s 250s

調査日時 : 2010年8月10日(火)~8月11日(水)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

2010年夏、酷暑の影響で「出費が増えた」約半数。

2010年7月から8月にかけて'酷暑'と表現されるほど暑い日々が続きました。8月中旬現在、昨年の夏と比べて今年の夏の行動に変化はあったか尋ねたところ、「家で冷房を使う頻度が増えた」と回答した人は64%、「飲料を購入する頻度が増えた」が51%、「アイスを食べる頻度が増えた」が48%となりました。また、3割超の人が「日常の買い物の外出頻度」、「運動をする頻度」、「睡眠時間」が減ったと回答しています。

'夏の出費'はどうだったか尋ねると、昨年の夏よりも「増えた」が47%となり、「減った(11%)」を上回る結果となりました。出費が増えた項目は、「電気代」が最多で71%、「食品・飲料代」63%、「外食」40%、「旅行・レジャー費」30%となりました。また、夏の電力消費を代表するクーラーの使用について尋ねると、52%の人が「節約したいが、クーラーの使用を我慢できなかった」と回答しています。

酷暑による2010年夏の生活の変化(n=500)

Q.今年の酷暑の影響で、あなたの行動は昨年の夏と比べて変化がありましたか。

2010年夏の「出費」の変化(n=500)

Q.昨年と比較して、今年の夏の「出費」は増えましたか、減りましたか。

昨年の夏より「出費」が増えた項目(複数回答)
(ベース:出費が増えた人 n=234)

Q.昨年の夏と比較して、今年の夏に出費が増えたものは何ですか?

 

'夏バテ'の人は、46%。「昨年よりも症状が重い」62%

全国の人に今年の夏の体調について尋ねました。「夏バテ」を感じている人は46%、「冷房による冷え」は35%、「食欲不振」は29%となっています。また、今年「夏バテ」の症状があった人に、昨年と比べて どうか尋ねると、'昨年よりも症状が重い'という回答が62%となりました。

残暑が続く8月中旬現在、夏が続いて欲しいか、早く終わって欲しいか、いまの気持ちを尋ねたところ、66%の人が「もう夏は終わって欲しい」と回答しています。'暑すぎて身体がもたない'という理由が多く「まだ夏を楽しみたい」という回答は34%にとどまりました。

酷暑による体調への影響(n=500)

Q.今年の酷暑の影響で、あなたの体調に下記の変化・症状はありましたか。

昨年の夏と比較した2010年夏の体調(べース:症状があった人)

Q.今年の夏のあなたの体調は昨年の夏に比べてどうですか。

夏が終わって欲しいか、続いて欲しいか(n=500)

Q.残暑が厳しく長い夏が続いています。夏についてあなたのお気持ちに近い方をお選びください。

秋の連休の過ごし方、
1位「家でゆっくり過ごす」49%、2位「国内旅行」30%、3位「街で買物や映画鑑賞」17%

今年の秋の連休の過ごし方を尋ねたところ、「家でゆっくり過ごす」という回答が49%、「国内旅行」が30%、「街でショッピングや映画鑑賞」が17%となっています。また、「ハイキングや釣りなどアウトドア活動」、「遊園地・テーマパーク」は1割超でした。秋のレジャーや旅行にかける予算については「減らす」と回答した人が28 %となっており、「増やす(11%)」を上回っています。予算を減らす人にその理由を尋ねると、「夏の出費が多かった」「給与が減っている」などの回答があがり、増やす人では、「秋の大型連休がとれる」「去年よりは景気がよい」というコメントがありました。

今年はどんな'秋'にしたいか尋ねました。「読書の秋」19%、「スポーツの秋」19%、「行楽の秋」18%が上位3位となり、「(読書は)家でゆっくりできるし、お金がかからない」「夏の運動不足を解消したい」「涼しくなってから家族旅行に行きたい」などの理由があがりました。暑すぎた夏の清算に体調や家計の見直しをする人、夏にできなかったレジャーをする人など思い思いの秋の予定があるようです。

2010年秋の連休の過ごし方 (複数回答)(n=500)

Q.今年の秋の連休をどのように過ごしたいですか?(いくつでも)

2010年の秋のレジャーや旅行にかける予算(n=500)

Q.今年の秋のレジャーや旅行にかける予算は昨年より 増やしますか。減らしますか。

2010年はどんな秋か(複数回答)(n=500)

Q.今年の秋をどんな秋にしたいですか?(いくつでも)

 
調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。