イマドキ中学生の実態調査Publicity open research results

2010年04月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 1日に携帯電話を「3時間以上」使用する中学生は、4割超。
    男子は「ゲーム」に熱中、女子は「写メール」「SNS」「プロフ」で交流。
  • 携帯を使って、宿題を調べる中学生は84%
  • 「母の日をきっかけに、“感謝の気持ち”伝えたい」5割。贈りものは「お花」。

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の中学生の男女を対象に、「携帯電話と生活実態に関する調査」を実施いたしました。調査手法はモバイルリサーチ。モバイルリサーチモニタ(※)に対して、携帯電話を通じてアンケートを行いました。調査期間2010年4月8日(木)~4月16日(金)。有効回答は200名から得られました。

※株式会社サミーネットワークスとマクロミルが共同で構築した携帯調査モニタ「uchico中高生モニタ」を対象に調査を実施。 「uchico中高生モニタ」は、サミーネットワークスが運営する受験コミュニティ携帯サイト「uchico(うちこ)」の会員から募集した携帯調査モニタです。

調査概要

調査方法 : モバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)

調査地域 : 全国

調査対象 : 中学生の男女(マクロミル携帯リサーチ専用モニタ会員 [uchico中高生モニタ] )

有効回答数 :

合計200サンプル
(性別均等回収)
男性 女性
100サンプル 100サンプル

調査日時 : 2010年4月8日(木)~4月16日(金)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

1日に携帯電話を「3時間以上」使用する中学生は、4割超。
男子は「ゲーム」に熱中、女子は「写メール」「SNS」「プロフ」で交流。

全国の中学生に携帯電話の1日の使用時間を尋ねたところ、は「3時間以上」が4割となりました。男女別にみると、「3時間以上」と回答した人は女子で51%と半数を超えており、男子(31%)と比べても高くなっています

携帯電話をどのように使っているか尋ねたところ、「メール」の利用は94%、「通話」は76%となりました。メールや通話以外では、「写真を撮る(68%)」、「音楽を聴く(64%)」、「ゲームをする(61%)」が6割超となっています。男子では、「ゲームをする(68%)」が女子(54%)に比べて高くなっており、女子は、男子に比べて「写真を撮る(79%)」、「コミュニティ・SNSの閲覧・書き込み(72%)」、「プロフ(自己紹介・ホームページ)(55%)」を利用していました。

男子は携帯のゲームに熱中し、女子は多様なコミュニケーション活動のツールとして携帯を活用しているようです。

中学生の携帯電話の使用時間

Q.1日に携帯をどれくらい使用しますか?
※通話、メール、ゲームなど携帯を使っている時間の総計

中学生の携帯電話の使い方(複数回答)

Q.携帯電話をどのように使っていますか?

携帯を使って、宿題を調べる中学生は84%

携帯電話をどのようなシーンで使っているか尋ねました。‘授業中に携帯電話を使ったことがある’と回答した中学生は30%、また‘宿題について調べものをしたことがある’という回答は84%となりました。

また、‘マックなどお得なクーポンを使ったことがある’は76%でした。‘Twitterでつぶやいたことがある’と回答した中学生も17%おり、様々なシーンで携帯電話を活用する中学生の様子が窺えます。

一方、親との間に携帯電話の利用についてルールが決められているという中学生は約4割おり、「サイトの閲覧制限」「使用料金の上限」などがルールとしてあがっています。そのルールを守っているか尋ねると、「守っていない」という中学生も26%いました。

中学生の携帯の使い方(n=200)

Q.携帯で以下のことをしますか?

「住みたい街」に対する考え方

「母の日をきっかけに、“感謝の気持ち”伝えたい」5割。贈りものは「お花」。

5月9日は母の日。中学生に、お母さんに感謝の気持ちを伝えたいか尋ねたところ、「母の日をきっかけに、伝えたい」が51%と半数を超え、「日頃から伝えている」という回答も19%となりました。

また、母の日に何かをプレゼントする予定があるか尋ねると、「花」が36%で最多、次いで「お菓子(17%)」、「洋服・バッグ・アクセサリー(15%)」となりました。

時代は変わっても、‘ありがとう’の気持ちを込めて母の日にお花を贈るのは今でも定番のようです。

母への感謝の気持ち(n=200)

Q.母の日に感謝の気持ちを伝えたいと思いますか?

母の日のプレゼント(複数回答)(n=200)

Q.母の日に何をプレゼントしますか?

 

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「イマドキ中学生の実態調査」調査結果詳細レポート(371KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。