2010年バレンタインデーに関する調査Publicity open research results

2010年02月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 今年のバレンタインデーに「チョコの購入予定がある」女性会社員は80%
  • 昨年に比べて、「会社の上司・部下・同僚」への義理チョコは減少。予算もマイナス。
  • 会社での義理チョコ、男性の意見は?「あった方がいい」2割、「ない方がいい」8割。
  • ホワイトデーは健在!?‘義理チョコのお返し’をしている男性会社員は、約9割。

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、全国20~39才の女性会社員(公務員含む)と全国20~59才の男性会社員(公務員含む)を対象に、「2010年バレンタインデーに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2010年1月27日(水)~1月28日(木)。有効回答数は女性会社員300名、男性会社員300名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20~39才の女性会社員(公務員含む)、20~59才の男性会社員(公務員含む) (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計600サンプル   20代 30代 40代 50代 小計
女性 150s 150s - - 300s
男性 75s 75s 75s 75s 300s

調査日時 : 2010年1月27日(水)~1月28日(木)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

今年のバレンタインデーに 「チョコの購入予定がある」女性会社員は80%

全国の女性会社員に、今年のバレンタインデーにチョコの購入予定があるかを尋ねたところ、80%の人が「購入予定がある」と回答しました。

チョコを贈る相手は、本命チョコとしては「夫、彼氏(67%)」、「彼氏ではないが気に入っている男性(9%)」となりました。また、義理チョコをあげる相手は「家族(41%)」、「会社の上司(38%)」「部下・同僚(29%)」となっています。自分用のチョコを購入する人は19%でした。

今年のバレンタインデーにおけるチョコレート購入予定の有無<ベース:20~39才の女性会社員・公務員>

Q.今年、バレンタインデーのためにチョコレートを購入する予定がありますか。

チョコレートをあげる相手<ベース:チョコレートの購入予定がある女性>

Q.あなたは、誰のためにチョコレートを購入する予定ですか。(複数回答)

昨年に比べて、「会社の上司・部下・同僚」への義理チョコは減少。予算もマイナス。

2009年調査と比較すると、今年のバレンタインデーが日曜日であることや不況の影響か、チョコを贈る予定は、「会社の上司(昨年52%→今年38%)」、「会社の部下・同僚(昨年41%→今年29%)」と、10ポイント以上低い結果となりました。

また、本命チョコ、義理チョコを購入する際の1個あたりの予算を尋ねたところ、本命チョコの平均が1,915円、義理チョコは774円となりました。昨年の予算と比べて本命チョコでは286円、義理チョコでは52円低くなっています。

チョコレート1個当たりの購入予算<ベース:本命/義理チョコの購入予定がある女性>

Q.チョコレート1個当たりの購入予算をお知らせ下さい。
※手作りの場合はチョコレート1個当たりの材料費をお答え下さい。

会社の義理チョコ、男性の意見は? 「あった方がいい」2割、「ない方がいい」8割。

会社での「義理チョコ」のやりとりについて、「あった方がいい」と思うか「ない方がいい」と思うか男女それぞれに尋ねました。「あった方がいい」と答えた女性会社員は29%、男性会社員では22%となっています。「ない方がいい」との回答は、女性会社員は71%、男性会社員は78%でした。

義理チョコがあった方がいい理由としては、男女共に「コミュニケーションを深めるいい機会だから」が最多となりました。ない方がいい理由は、「面倒だから」が男女共にトップとなり、次いで、「相手に気を遣わせるのが悪いから」と男性が回答する一方、女性は「お金がかかる」と現実的な回答となっています。

会社での義理チョコのやりとりについて

Q.あなたは、会社での「義理」チョコレートのやり取りが、あった方がいいと思いますか、ない方がいいと思いますか?

ホワイトデーは健在!? 昨年‘義理チョコのお返し’をした男性は、約9割。

昨年義理チョコをもらった男性会社員に、お返しをしたか尋ねたところ、「もらった人全員にした」人が78%、「もらった人の一部にした」人は14%と、合計で約9割が‘お返し’をしていました。面倒とは言いつつも、コミュニケーションの一環としてのバレンタインデー、ホワイトデーは健在のようです。

「義理」チョコのお返しの有無<ベース:昨年「義理」チョコをもらった男性>

Q.昨年、会社での「義理」チョコレートのお返しをしましたか。

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「2010年バレンタインデーに関する調査」調査結果詳細レポート(395KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。