2010年 年賀状に関する調査Publicity open research results

2009年12月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 2010年の年賀状、88%が「送る」と回答。「12月25日までに出す」予定の人が6割。
  • 送り方は「年賀はがき」が9割超。20代の6割、女性の4割は「携帯メール」でも年賀状。
  • 「メールよりも、はがきの年賀状をもらうほうが嬉しい」87%
  • ‘まさにトラだ!’と思う寅年生まれの有名人
    1位「和田アキ子」 2位「室伏広治」 3位「イモトアヤコ」

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の15~69才の男女を対象に、「年賀状に関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年11月20日(金)~11月24日(火)。有効回答数は500名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 15~69才の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

※性年代別に平成17年国勢調査の構成比に合わせる形で回収した。
合計500サンプル   15-
19才
20代 30代 40代 50代 60代 小計
男性 18s 44s 51s 43s 52s 42s 250サンプル
女性 18s 42s 50s 43s 52s 42s 250サンプル

調査日時 : 2009年11月20日(金)~11月24日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

2010年の年賀状、88%が「送る」と回答。「12月25日までに出す予定」6割。

全国の15~69才の男女を対象に、2010年のお正月、年賀状を送る予定があるかを尋ねたところ、88%の人が「予定がある」と回答しています。

年賀状を出す時期については、64%が元旦に届く投函日である「12月25日までに出す予定」と回答しました。

今年、年賀状を送る予定があるか

Q.あなたは、今年、年賀状を送る予定がありますか。 ※本調査内の「年賀状」は、郵送・パソコン・携帯メール・FAXなど経由するメディアに関係なく、すべての年始の挨拶の手紙・メールとしてお考えください。

今年、年賀状をいつまでに出す予定か<ベース:今年、年賀状を送る予定がある人(n=441)>

Q.あなたは今年、年賀状をいつまでに出す予定ですか。

年賀状の送り方、「年賀はがき」が96%、「携帯メール」が35%
20代の6割、女性の4割が「携帯メール」でも年賀状を送る。

年賀状を送る予定の人に、どのような形態で送るか複数回答で尋ねたところ、「年賀はがき」が96%で最も 多く、次いで「携帯メール」が35%、「パソコンメール」が18%となりました。

年代別にみると、若年層ほど「携帯メール」で年賀状を送る割合が高く、20代以下では6割を超えていま す。男女別にみると、「携帯メール」で年賀状を送るとの回答が男性は30%に対し、女性が40%と高くなっています。

年賀状をパソコンや携帯のメールで送る理由は、「簡単に送れるから」が71%で最多、次いで「年明けの瞬間に送れる」が48%、「相手の住所を知らないから」が38%となりました。

今年の年賀状の送付形態<ベース:今年、年賀状を送る予定がある人(n=441)>

Q.あなたは今年、どのような形態で年賀状を送る予定ですか。 あてはまるものをすべてお選びください。(複数回答)

今年、年賀状をパソコンメール・携帯メールで送る理由
<ベース:今年、年賀状をパソコンメールもしくは携帯メールで送る予定がある人(n=190)>

Q.あなたが、パソコンや携帯のメールで年賀状を送る理由をすべて知らせください。(複数回答)

「メールよりも、はがきの年賀状をもらうほうが嬉しい」87%

年賀状に対する意識を尋ねたところ、「メールよりも、はがきの年賀状をもらうほうが嬉しい」と思う人は87%、「年賀状のやりとりは、大切な習慣の一つ」と考えている人は79%となりました。

一方で、「年賀状の準備は面倒だ」と感じている人も84%に達しています。

若手層や女性を中心に‘携帯メール’による年賀状の送付が多くなっていますが、大多数の人は‘年賀はがき’でもらう年賀状は嬉しいものであり、大切な習慣であると考えているようです。

年賀状に対する考え方(n=500)

Q.年賀状についてあなたにあてはまるものをそれぞれお選びください。 ※あなたに該当しないと思う項目については、想定でお答えください。

‘まさにトラだ!’と思う寅年生まれの有名人  1位「和田アキ子」 2位「室伏広治」 3位「イモトアヤコ」

寅年の2010年にちなんで、生まれ年の干支が寅の有名人をリストに挙げ「まさにトラだ!」と思う有名人を尋ねたところ、1位「和田アキ子(32%)」2位「室伏広治(28%)」3位「イモトアヤコ(25%)」となりました。トラの強いイメージから、そのほか上位には格闘家やスポーツ選手などが多く挙げられました。

まさにトラだ!と思う有名人(n=500)

Q.2010年の干支は寅です。下記に寅年生まれの有名人を挙げました。
「まさにトラだ!」と思う有名人を以下の中からお選びください。(複数回答)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「2010年 年賀状に関する調査」調査結果詳細レポート(403KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。