地震の備えに関する調査Publicity open research results

2009年08月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 地震発生時に持って逃げるもの、1位「携帯電話」 2位「財布」 3位「通帳・印鑑」
  • 8割が、地震直後に「テレビ速報を見る」。 10代は「携帯電話で情報収集」が3割弱。
  • 約半数は地震に対して‘備え’あり。「懐中電灯・非常灯」「非常持ち出し袋」を準備。

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の15才以上の男女を対象に、「地震の備えに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年8月24日(月)~8月25日(火)。有効回答は500名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 15才以上の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計500サンプル
(性・年代均等回収)
  10代 20代 30代 40代 50代
以上
小計
男性 50s 50s 50s 50s 50s 250s
女性 50s 50s 50s 50s 50s 250s

調査日時 : 2009年8月24日(月)~8月25日(火)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

地震発生時に一つだけ持ち出すとしたら・・・ 1位「携帯電話」、2位「財布」、3位「通帳・印鑑」

大地震が起きたとき、一つだけ持ち出せるとしたら何を持って逃げるか尋ねたところ、1位「携帯電話(27%)」、2位「財布(24%)」、3位「通帳・印鑑(9%)」となりました。
1位の「携帯電話」を持ち出す人は、10代で約4割、20代で3割弱となっています。地震の際、携帯電話は、通信手段のほかにもテレビや懐中電灯、時計として役に立ったという声も寄せられました。

大地震発生時、持ち出って逃げるもの<上位10項目>(単一回答)

Q.もしも、大地震が起きたらあなたは何を持って逃げますか? ひとつだけ持ち出せるとしてお答えください。

‘揺れ’を感じても、「動かない」人が2割。地震直後は8割が「テレビ速報を見る」。

部屋で地震が起きたときに最初にとる行動を尋ねたところ、「動かず、揺れがおさまるまで待つ」が24%となりました。それ以外の回答では、「倒れやすい家具から離れる(20%)」「ドア・窓をあけて出口を確保する(15%)」「机の下に隠れる(15%)」となりました。

地震の揺れがおさまったときの行動では、8割の人が「テレビ速報を見る」と回答しています。10代、20代は「携帯電話で情報収集」、50代以上では「ラジオ速報を聞く」が他の世代に比べて高い比率となりました。

地震発生時、最初にとる行動(単一回答)

Q.部屋にいたとき、「ぐらっ」と大きな揺れを感じました。 地震が起きたとき、最初にどのような行動をとりますか?

地震の揺れがおさまったときにとる行動

Q.地震の揺れがおさまったときにとる行動は何ですか?(複数回答)

地震に対して‘備え’をしている人は46%。「懐中電灯・非常灯」「非常持ち出し袋」「水・非常食」を準備。

地震に対する備えをしている人は46%となりました。備えをしている人にその内容を尋ねたところ、「懐中電灯・非常灯」「非常持ち出し袋」「水・非常食」の準備が4割以上となっています。

年代別に見ると、50代以上で実施している防災対策が多くなっており、上記の4項目においては他の年代に比べ10ポイント以上高くなっています。

地震に対して何らかの備えをしているか

Q.あなたは地震に対して何らかの備えをしていますか。

地震に対してどのような備えをしているか <ベース:震災の備えをしている人>

Q.あなたは地震に対してどのような備えをしていますか?(複数回答)

地震の対策について家族で話し合っている、3割超。
「集合場所を決める」「地域の避難場所の確認」などで震災に備える。

普段、地震の対策について家族で話し合っていると回答したのは35%でした。その内容について尋ねると、「集合場所を決める(17%)」「住んでいる地域の避難場所を確認(16%)」「連絡方法・緊急連絡先を確認(13%)」との回答が挙がりました。地震の際に慌てずに行動できるよう、家庭での‘防災会議’が重要と言われていますが、実際に話し合いを行っている家庭は半数にも満たないようです。

地震対策について家族で話し合いをしているか

Q.普段、地震の対策について家族で話し合っていますか? あてはまる対策をすべてお選びください。(複数回答)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「地震の備えに関する調査」調査結果詳細レポート(356KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。