会社員の夏休み・秋の連休に関する調査Publicity open research results

2009年07月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 会社員の夏休み、約5割が‘お盆’に取得。取得日数は「5日以下」が7割。
  • 夏休みの過ごし方は、「家で過ごす」が1位。理由は「ゆっくり日頃の疲れを癒したい」
  • 秋の連休の平均予算は1人あたり「約3万5000円」で、夏休みよりも5000円低い予算。
  • 旅行・レジャー費を捻出するために節約・工夫をしている人は、65%

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の20~59才の会社員・公務員の男女を対象に、「会社員の夏休み・秋の連休に関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年7月16日(木)~7月17日(金)。有効回答数は516名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20才以上59才以下の会社員(公務員含む) (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計516サンプル 20代 30代 40代 50代
129s 129s 129s 129s

調査日時 : 2009年7月16日(木)~7月17日(金)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

会社員の夏休み、約5割が‘お盆‘に取得。取得日数は「5日以下」が7割。

全国の会社員(公務員含む)に夏期休暇の取得時期を尋ねたところ、「お盆中(8/13~8/16)」が48%で最多となりました。夏期休暇の取得日数は、「5日以下」が主流で69%となっています。

夏期休暇の取得時期(単一回答)

Q.あなたは、今年の夏期休暇をいつごろ取得しますか。

夏期休暇の取得日数(単一回答) <ベース:夏期休暇を取得する(した)人>

Q.あなたは、夏期休暇をどれくらいの期間取得する予定ですか。 もしくは、取得しましたか。

夏休みの過ごし方:1位「家で過ごす」39%、2位「国内旅行」31%、3位「日帰りのレジャー」27%
家で過ごす理由は、「ゆっくり日頃の疲れを癒したいから」

夏期休暇の過ごし方について尋ねたところ、「家で過ごす」が39%で最も高く、次いで「国内旅行」31%、「日帰りのレジャー」27%、「ショッピング」25%、「帰省」23%となっています。

家で過ごす理由は、「ゆっくり日頃の疲れを癒したいから」が最多で約6割、「お金がない・節約のため」「お盆は混雑するので出かけたくない」も5割超となりました。

夏期休暇の過ごし方(複数回答) <ベース:夏期休暇を取得する(した)人>

Q.あなたの、夏期休暇中の過ごし方の予定をお知らせください。
既に取得した方は、どのように過ごされたのかお知らせください。(いくつでも)

夏期休暇を家で過ごす理由(複数回答) <ベース:夏期休暇を家で過ごす(した)人(n=174)>

Q.あなたが、夏期休暇を「家で過ごす」理由で、あてはまるものをお知らせください。(いくつでも)

昨年に比べて、夏休みの予算を「減らす」人は約3割。その理由は「夏のボーナスが減ったから(63%)」

夏期休暇にかける1人あたりの予算を尋ねたところ、平均で39,632円となりました。 また、昨年に比べて夏期休暇にかける予算に変化があるか尋ねると、29%が「予算を減らす」と回答しています。その理由は「夏のボーナスが減ったから(63%)」で最も高く、次いで「節約のため(54%)」となっています。会社員の夏休みは、体とお財布にやさしい過ごし方が人気のようです。

夏期休暇にかける予算の変化 <ベース:夏期休暇を取得する予定(した)人>

Q.昨年に比べ、夏期休暇にかけるご予算に、変化はありますか。 既に夏期休暇を取得した方は変化があったかをお答えください。

昨年に比べ夏期休暇の予算を減らす理由(複数回答) <ベース:夏期休暇の予算を昨年に比べ減らす人(n=130)>

Q.昨年に比べ夏期休暇にかける「予算を減らす」理由として、 あてはまるものをお知らせください。(いくつでも)

9月の大型連休の1人あたりの平均予算は、約3万5000円(34,926円)。
過ごし方:1位「家で過ごす」37%、2位「日帰りのレジャー」31%、3位「国内旅行」29%

9月の大型連休にかける予算を尋ねたところ、平均金額は34,926円で夏期休暇の予算よりも約5000円低い結果となりました。また、過ごし方は、「家で過ごす」が37%で最多、次いで「日帰りのレジャー」31%、「国内旅行」29%、「ショッピング」27%となっています。

9月の大型連休(シルバーウィーク)の過ごし方(複数回答)

Q.9月の大型連休(シルバーウィーク)を、どのように過ごす予定ですか。(いくつでも)

※夏季休暇も同時期に取得する方はその予定も含めてお答えください。

旅行・レジャー費を捻出するために、節約・工夫をしている人は、65%

旅行・レジャーの‘予算を捻出するため’に節約や工夫をしている人は65%でした。 また、‘旅行・レジャー費を安く抑えるため’の工夫を尋ねたところ、「旅行代理店の案内・ネット等で安い旅行プランを探す」が43%で最も多く、次いで「高速道路新ETC割引制度を利用して、車で移動する」が39%、「お弁当などを持参して食費を抑える」が35%となりました。

旅行・レジャーの予算を捻出するために、 普段の生活で節約や工夫をしているか
<ベース:夏期休暇もしくは9月の大型連休に 旅行、帰省、日帰りレジャーに行く予定の人>

Q.あなたは旅行・レジャーの予算を捻出するために、 普段の生活で節約や工夫をしていますか。

旅行・レジャーの費用を抑えるための工夫(複数回答)
<ベース:夏期休暇もしくは9月の大型連休に旅行、帰省、日帰りレジャーに行く予定の人(n=364)>

Q.あなたは旅行・レジャーの費用を抑えるために、何か工夫をしていますか。(いくつでも)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。