2008年 バレンタインデーに関する調査Publicity open research results

2008年02月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 今年のバレンタインデーに「チョコレートの購入予定がある」女性会社員は78%
  • 本命チョコの購入予算は、1個当たり2,217円。
    自分用チョコの購入予算は2,302円で、本命チョコより高い
  • 本命チョコに添えて、プレゼントを贈る予定が「ある」人は40%
  • 会社での義理チョコのやりとり、「あった方がいい」28%、「ない方がいい」72%

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国20~39才の女性会社員(公務員含む)を対象に、「バレンタインデーに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2008年1月29日(火)~1月30日(水)。有効回答は515名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20歳以上39歳以下の女性会社員 ※公務員含む (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 515人

調査日時 : 2008年1月29日(火)~1月30日(水)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

今年のバレンタインデーに「チョコレートの購入予定がある」女性会社員は78%

全国の女性会社員(公務員含む)に、今年のバレンタインデーにチョコレートの購入予定があるかを尋ねたところ、78%の人が「購入の予定がある」と回答しました。チョコレートを購入する予定の人に、チョコレートをあげる相手について尋ねたところ、本命チョコとして「夫、彼氏」にあげる人は69%、「彼氏ではないが気に入っている男性」にあげる人は10%となっています。また、義理チョコとして「会社の上司」にあげる人は約半数の47%、「家族」にあげる人は43%となっています。一方、自分自身のために購入する人は18%になりました。

今年のバレンタインデーにおけるチョコレート購入予定の有無

Q.今年、バレンタインデーのために チョコレートを購入する予定がありますか。

チョコレートをあげる相手

Q.あなたは、誰のためにチョコレートを購入する予定ですか。<複数回答> (ベース:チョコレートの購入予定がある人/n=403)

本命チョコの購入予算は、1個当たり2,217円。
自分用チョコの購入予算は2,302円で、本命チョコより高い

本命チョコ、義理チョコ、自分用チョコを購入する際の1個あたりの予算に関しては、本命チョコの平均が2,217円、義理チョコは848円、自分用チョコは2,302円となり、自分用チョコの予算が最も高い結果となりました。

本命チョコの購入予定先として最も多いのは、「デパート」で55%でした。「手作り」の割合は若年層ほど高い結果となっています。自分用チョコに関しては、本命チョコ、義理チョコに比べ「有名ブランド店」が41%と高い割合になっており、女性会社員の自分用チョコレートへのこだわりが窺われます。

チョコレートの購入経路

Q.チョコレートは、どこで購入しますか。<複数回答> (ベース:本命/義理/自分用チョコの購入予定がある人)

※n=30以下は参考値としてご覧ください。

チョコレート1個当たりの購入予算(ベース:本命/義理/自分用チョコの購入予定がある人)

Q.チョコレート1個当たりの購入予算をお知らせ下さい。
※プレゼントなどの価格は除き、チョコレートのみの価格をお答え下さい。
※手作りの場合はチョコレート1個当たりの材料費をお答え下さい。

※n=30以下は参考値としてご覧ください。

本命チョコに添えて、プレゼントを贈る予定が「ある」人は40%

本命チョコの購入予定がある人に対して、本命チョコに添えてプレゼントを贈る予定があるか尋ねたところ、「(予定が)ある」と回答した人は40%となりました。年代別にみると、若年層ほど「(予定が)ある」と回答した割合が高くなっています。さらに、プレゼントを贈る予定がある人に何を贈るのか尋ねたところ、「洋服」が20%で最も多く、次いで「マフラー・ストール」が14%、「ネクタイ」が11%となりました。

本命チョコに添えて「プレゼント」をあげるか (ベース:本命チョコの購入予定がある人)

Q.あなたは、本命チョコに添えて 何らかの「プレゼント」を贈る予定はありますか。

※n=30以下は参考値としてご覧ください。

本命チョコに添えてあげる予定のプレゼント(ベース:本命チョコに添えてプレゼントをあげる 予定がある人)

Q.あなたは、本命チョコに添える「プレゼント」として、 何を贈る予定ですか。<複数回答>

会社での義理チョコのやりとり、「あった方がいい」28%、「ない方がいい」72%

会社での「義理チョコ」のやりとりについて、「あった方がいいと思う」か「ない方がいいと思う」かを尋ねました。肯定的な意見(「あった方がいい」4%+「どちらかといえばあった方がいい」25%)は28%でした。一方、会社での「義理チョコ」のやりとりについて否定的な意見(「ない方がいい」34%+「どちらかといえばない方がいい」38%)は全体で72%に上りました。

また、会社での義理チョコのやりとりが「あった方がいいと思う」と回答した人に、その理由について尋ねたところ、「コミュニケーションを深めるにはいい機会だから」が71%で最も多く、次いで「日頃の感謝の気持ちを表すのにいい機会だから」が66%、「楽しい年中行事だから」が25%となりました。一方、義理チョコのやりとりが「ない方がいいと思う」と回答した人に、その理由について尋ねたところ、「面倒だから」が71%で最多、次いで「お金がかかるから」が60%、「相手に気を遣わせて悪いから」が51%となりました。

会社での「義理チョコ」のやり取りはあった方がいいと思うか?

Q.あなたは、会社での「義理」チョコレートのやり取りが、 あった方がいいと思いますか、ない方がいいと思いますか。

会社での「義理チョコ」のやり取りがあった方がいいと思う理由
(ベース:会社での「義理チョコ」のやり取りがあった方がいいと思う人/n=146)

Q.会社での「義理」チョコレートのやり取りが、あった方がいいと 思う理由であてはまるものをお知らせください。<複数回答>

※n=30以下は参考値としてご覧ください。

会社での「義理チョコ」のやり取りがない方が いいと思う理由
(ベース:会社での「義理チョコ」のやり取りがない方がいいと思う人/n=369)

Q.会社での「義理」チョコレートのやり取りが、ない方がいいと思う理由であてはまるものをお知らせください。<複数回答>

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。