男性の身だしなみ意識に関する調査Publicity open research results

2007年10月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 「洗顔料・洗顔ソープ」使用率は、10~30代男性で6割以上。 男性化粧品・身だしなみケア商品の購入経路は「ドラッグストア(83%)」が最多。
  • 男性の身だしなみに関する悩み、10代「ニキビ」、20~30代「顔のテカリ・ベタつき」、 40代「体臭」、50代「頭髪の薄毛」がトップ。
  • 10~30代男性の3割以上が「眉毛のケア」をしている。
  • 若年層ほど「友人・同僚を意識して」「女性に好かれたいから」の理由で、清潔感を重視。

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国の15~59才の男性を対象に、「男性の身だしなみに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年9月25日(火)~9月27日(木)。有効回答数は515名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 15~59才の男性 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計 515サンプル 15-19才 20代 30代 40代 50代
103s 103s 103s 103s 103s 515s

調査日時 : 2007年9月25日(火)~9月27日(木)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

「洗顔料・洗顔ソープ」使用率は、10~30代男性で6割以上。
男性化粧品・身だしなみケア商品の購入経路は「ドラッグストア(83%)」が最多。

全国の男性に、男性化粧品・身だしなみケア用品で、現在使用しているアイテムについて尋ねました。

年代別にみると、10~30代で「洗顔料・洗顔ソープ」の使用率は6割を超え、「化粧水・ローション」は20代で24%と他の年代に比べ高い使用率となりました。10~30代では、スキンケアへの関心が他の年代に比べ高いようです。

男性化粧品・身だしなみケア商品の購入経路については、「ドラッグストア(83%)」が圧倒的に高い比率でトップでした。次いで、「スーパー」が30%、「薬局・薬店」が26%となりました。

男性化粧品・身だしなみケア商品の使用状況(n=515)

Q.あなたが現在使用している男性化粧品・身だしなみケア商品をお知らせください。(複数回答)

男性化粧品・身だしなみケア商品の購入経路(使用者ベース/n=469)と
平均購入金額(購入者ベース/n=434、※異常値を除く)

Q.あなたは、男性化粧品・身だしなみケア商品を どこで購入していますか。(複数回答)

男性の身だしなみに関する悩み、10代「ニキビ」、20~30代「顔のテカリ・ベタつき」、
40代「体臭」、50代「頭髪の薄毛」がトップ。

男性の身だしなみについて悩みを尋ねたところ、「顔のテカリ・ベタつき」「口臭」「汗をかきやすい」がそれぞれ32%で最も多く、次いで「汗の臭い」31%、「体臭」30%となりました。

年代別にみると、10代(15-19)才では「ニキビ(58%)」、20~30代では「顔のテカリ・ベタつき(20代45%、30代42%)」、40代では「体臭(38%)」、50代では「頭髪の薄毛(38%)」が各年代のトップとなっています。

男性の身だしなみに関する悩み(n=515)

Q.あなたが現在感じている、身だしなみについての悩みや気になることをお知らせください。(複数回答)

10~30代男性の3割以上が「眉毛のケア」をしている。

男性の身だしなみケアの実施について尋ねたところ、「眉毛のケア」を行っている男性は28%となりました。眉毛のケアについて年代別にみると、10代(15-19才)では37%、20代では39%、30代で31%と10~30代で「眉毛のケア」をしている男性は3割以上となりました。

ファッション・ケアの有無(n=515)

Q.あなたは現在、下記のファッション・ケアを行っていますか。

若年層ほど「友人・同僚を意識して」「女性に好かれたいから」の理由で、清潔感を重視。

身だしなみにおいて清潔感を「重視する」「どちらかといえば重視する」と回答した男性に、その理由について尋ねました。年代別にみると、若年層ほど「友人、同僚を意識して」「女性に好かれたいから」が多くなっています。

身だしなみで「清潔感」を重視する理由 (清潔感重視者ベース/n=454)

Q.あなたが、身だしなみにおいて「清潔感」を重視する理由で あてはまるものをお知らせください。(複数回答)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「男性の身だしなみ意識に関する調査」調査結果詳細レポート(309KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。