百貨店に関する調査Publicity open research results

2007年09月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 百貨店の利用頻度、月に1回以上の利用者は51%。購入商品は「ギフト・贈答品」が54%でトップ。
  • 百貨店を利用する際の重視ポイントは「品揃えの豊富さ(60%)」がトップ。
  • 「デパ地下は、百貨店の人気を左右する」 8割以上が「そう思う」と回答。
  • 今後の展開を注目している百貨店 1位:「伊勢丹」44%、2位:「三越」29%、3位:「高島屋」21%。

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)20~69才の男女に、「百貨店に関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年8月23日(木)~8月24日(金)。有効回答数は1030名から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)

調査対象 : 20~69才の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計 1030サンプル
(性・年代均等割付、回収)
性別 20代 30代 40代 50代 60代
男性 103s 103s 103s 103s 103s 515s
女性 103s 103s 103s 103s 103s 515s

調査日時 : 2007年8月23日(木)~8月24日(金)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

百貨店の利用頻度、月に1回以上の利用者は51%。購入商品は「ギフト・贈答品」が54%でトップ。

1都3県の男女に、百貨店の利用頻度を尋ねたところ、「月に1回以上」の利用者は51%でした。男女別にみると、男性で週に1回以上百貨店を利用する人は44%に対して、女性は58%と高くなっています。

購入する商品(サービス)に関して、最も多いのは「ギフト・贈答品」で54%。次いで「お菓子・スイーツ」、「食品・飲料」がそれぞれ46%でした。

百貨店の利用頻度(n=1030)

Q.あなたは、どのくらいの頻度で「百貨店」を利用されますか。

百貨店での購入商品<男女別は上位5位>(n=989/ベース:百貨店利用者)

Q.あなたは、「百貨店」でどのような商品(サービス)を購入されますか。(複数回答)

百貨店を利用する際の重視ポイントは「品揃えの豊富さ(60%)」がトップ。

百貨店を利用する際の重視ポイントについて尋ねたところ、「品揃えの豊富さ」が60%で最も高く、次いで「立地・アクセスの良さ」48%、「好みの商品、ブランドがあるか」43%、「デパ地下の充実度」42%となっています。

百貨店の重視ポイント(n=989/ベース:百貨店利用者)

Q.あなたは、「百貨店」を利用する際、どのような点を重視されますか。(複数回答)

「デパ地下は、百貨店の人気を左右する」  8割以上が「そう思う」と回答。

「デパ地下は、百貨店の人気を左右する」という意見に関して、「そう思う(そう思う+どちらかといえばそう思う)」と回答したのは80%でした。特に女性では「そう思う」という回答が81%と、男性の75%に比べ多くなっています。

百貨店に対する意見(n=1030)

「デパ地下は、百貨店の人気を左右する」

今後の展開を注目している百貨店 1位:「伊勢丹」44%、2位:「三越」29%、3位:「高島屋」21%。

今後の展開を注目している百貨店について尋ねたところ、「伊勢丹」が44%で最も高く、次いで「三越」29%、「高島屋」21%となりました。「伊勢丹」は2位の「三越」に15ポイントの差を付けています。

注目している百貨店<男女別は上位5位>(n=1030)

Q.あなたが、今後の展開を「注目している百貨店」をお知らせください。(複数回答)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「百貨店に関する調査」調査結果詳細レポート(342KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。