ポイントサービスに関する調査Publicity open research results

2007年07月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • ポイントカードの所有率は、「家電量販店」が73%でトップ。女性では「ドラッグストア」が78%でトップ。
  • ポイントカードに‘お得感’を感じる業種は「家電量販店」が85%でトップ。
    次いで「スーパーマーケット」が84%、「ガソリンスタンド」「ドラッグストア」は79%
  • ポイントカードは「これ以上増やしたくない」「全て持ち歩くのは面倒」、それぞれ約6割
  • 携帯電話、クレジットカードのポイントサービスにおいて、若年層の男性ほどポイントを強く意識

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国20~59才の男女に、「ポイントサービスに関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年7月13日(金)~7月14日(土)。有効回答数は516名から得られました。

※この調査における『ポイントカード』は、特定の店舗などで、商品・サービスを一定金額購入するごとにポイントが付くカード(スタンプカードなども含む)に限定しました。クレジットカードは含まれません。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 20~59才の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 :

合計
516サンプル
  20代 30代 40代 50代
男性 64s 65s 65s 64s
女性 64s 65s 65s 64s

調査日時 : 2007年7月13日(金)~7月14日(土)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

ポイントカードの所有率は、「家電量販店」が73%でトップ。女性では「ドラッグストア」が78%でトップ。

ポイントカードの所有率で最も高いのは「家電量販店」で73%と2位以下を大きく引き離しています。続いて「ドラッグストア」59%、「スーパーマーケット」54%となっています。

男女別にみると、男性では「家電量販店」が75%、女性では「ドラッグストア」が78%でトップとなっています。女性は男性に比べ、小売店関係のポイントカードの所有率が高い結果となっています。

ポイントカードの所有状況 (n=516)

Q.あなたは、下記に示した小売業やサービス業で行われている「ポイントカード(スタンプカード含む)」を持っていますか。(複数回答)

ポイントカードに‘お得感’を感じる業種は「家電量販店」が85%でトップ。
次いで「スーパーマーケット」が84%、「ガソリンスタンド」「ドラッグストア」は79%

所有しているポイントカードについて、お得(とてもお得+どちらかといえば、お得)だと感じているかを尋ねたところ、「家電量販店」が85%で最も高く、次いで「スーパーマーケット」84%、「ガソリンスタンド」「ドラッグストア」がそれぞれ79%となりました。

ポイントカードに対するお得感

Q.あなたは、現在持っているポイントカードに対してどのようにお感じになっていますか。
お気持ちに最も近いものをお知らせください。(ひとつだけ)

※1カテゴリーで複数ご利用の方は、最もご利用にないっているポイントカードについてお知らせください。

ポイントカードは「これ以上増やしたくない」「全て持ち歩くのは面倒」、それぞれ約6割

ポイントカードに対して、どのように思っているのか尋ねてみたところ、「ポイントカードはこれ以上増やしたくない」「ポイントカードを全て持ち歩くのは面倒だ」と考えている人は6割強を占めています。多過ぎるポイントカードが消費者に負担を感じさせていることが推察できます。

ポイントカードに対する意識 (n=516)

Q. あなたご自身は、ポイントサービスに対する下記の項目に対してどの程度あてはまりますか。

携帯電話、クレジットカードのポイントサービスにおいて若年層の男性ほど、ポイントを強く意識

携帯電話、クレジットカードのポイントサービスについても尋ねたところ、いずれにおいても、男性では若年層ほどポイントサービスを強く意識しているようです。特にクレジットカードでは、男性20代でポイントを意識している人は84%に達しています。

携帯電話のポイントサービスに対する意識 (n=487/ベース:携帯電話所有者)

Q. 携帯電話のポイントサービスに対してどのようにお感じになっていますか。
お気持ちに最も近いものをお知らせください。(ひとつだけ)

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「ポイントサービスに関する調査」調査結果詳細レポート(292KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。