インターンシップ制度に関する調査Publicity open research results

2007年06月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加

トピックス

  • 浸透するインターンシップ制度「インターンシップは就職活動の入り口」と考える大学3年生は79%
  • インターンシップへの参加理由は「働くことがどのようなものかを知るため」68%
  • 実践的な経験ができるプログラムが人気 
    希望するプログラムは「実践に近い形で、業務の一部を体験する」83%

インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、卒業後に就職を希望している全国の大学3年生を対象に、「インターンシップ制度に関する調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2007年5月24日(木)~5月25日(金)。有効回答数は、515名の大学3年生から得られました。

調査概要

調査方法 : インターネットリサーチ

調査地域 : 全国

調査対象 : 大学卒業後に就職を考えている20~22歳の大学3年生の男女 (マクロミルモニタ会員)

有効回答数 : 計515サンプル

調査日時 : 2007年5月24日(木)~5月25日(金)

調査機関 : 株式会社マクロミル

調査結果

浸透するインターンシップ制度 「インターンシップは就職活動の入り口」と考える大学3年生は79%

卒業後に就職を希望している大学3年生に、インターンシップ制度を知っているか尋ねたところ、「仕組みや概要を知っている」が55%、「名前を知っている程度」は41%、合計で97%の人が「知っている」と回答しました。

また、インターンシップは就職活動の入り口であると思うかどうか尋ねたところ、そう思う(「そう思う(33%)」+「ややそう思う(46%)」)と答えた人は79%となりました。

就職を考えている大学3年生に、インターンシップ制度が広く認知されている状況がうかがえます。

インターンシップ制度の認知状況

Q.あなたは、企業等で一定期間就業体験ができる「インターンシップ制度」をご存知ですか?
<ベース:大学3年生 n=515>

インターンシップに対する意識

Q.インターンシップは就職活動の入り口だと思いますか?<ベース:大学3年生 インターンシップ認知者 n=497>

インターンシップへの参加理由は「働くことがどのようなものかを知るため」68%

インターンシップに「参加したい」と回答した人に参加理由的を尋ねたところ、「働くことがどのようなものかを知る」が68%でトップでした。次いで「希望する仕事の実務を体験したいから」が61%、「業界研究のため」が54%となりました。

インターンシップ参加意向理由

Q.あなたがインターンシップに参加したいと思う理由を全てお知らせください。(いくつでも)
<ベース:大学3年生 インターンシップ参加意向者 n=437>

希望するインターンシップ形態 プログラム内容は「実践に近い形で、業務の一部を体験する」(83%)
実施期間は「1週間以上~2週間未満」(44%)

インターンシップの参加意向者に、希望するインターンシップについて尋ねたところ、プログラム内容は「実践に近い形で、業務の一部を体験する」(83%)、実施期間に関しては「1週間以上~2週間未満」(44%)がそれぞれトップでした。

希望するプログラム内容

あなたが希望したいと思うインターンシップのプログラム内容について、あてはまるタイプをお選びください。(いくつでも)
<ベース:大学3年生 インターンシップ参加意向者 n=437>

希望する実施期間

あなたが希望するインターンシップの実施期間をお選びください。
<ベース:大学3年生 インターンシップ参加意向者 n=437>

より詳しい内容は、下記PDFレポートをご覧下さい。

自主調査「インターンシップ制度に関する調査」調査結果詳細レポート(286KB)

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合せはこちらまで

株式会社マクロミル 担当:高橋

TEL:03-6716-0707   FAX:03-6716-0701   E-mail:press@macromill.com

お客さまの課題・ニーズを伺ってリサーチの企画・提案を行います。
お気軽にお問い合わせください。